仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をおすすめする理由と注意点

f:id:kyoheing-on-japan69:20171226152150j:plain

僕もメインで活用している、何かと話題の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)

ICOが大人気だったICO支援プラットフォーム「COMSA」や、仮想通貨NEMにも採用されているブロックチェーン「mijin」等を提供するテックビューロ社が運営しているだけあり、大手取引所の一角として存在感は抜群です。

 

Zaifは「ビットコインの手数料がマイナス=取引すると手数料が貰える」という画期的なサービスが人気ですが、他にもZaifをおすすめする理由はいくつもあるんです。

もしあなたがまだZaifの口座開設を完了していなければ、この記事を読んで頂き、ぜひ申し込んで実際に使ってみて頂ければと思います。良さが分かると思いますよー。

 

Zaifをおすすめする理由

手数料が安い(特にビットコイン)

何と言っても、Zaifは手数料が安いのが魅力です(参考:手数料一覧 - Zaif Exchange

先ほども述べたように、ビットコインの取引は手数料がマイナス。注文を出した時(maker)に金額の0.05%、注文が約定した時(taker)に0.01%の手数料を貰うことができます。

それ以外の仮想通貨を取引する際も、maker0%、taker0.1%(一部例外あり)と良心的な手数料率なので、安心して取引をすることができますね。

 

また、同じく国内大手取引所のbitFlyerCoincheckの場合、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)を購入するには、数%の販売手数料が価格に上乗せされる販売所形式でしか購入することができません。

しかしZaifはユーザー間での売買を行う「取引所形式」でETH、XEM、BCHなど全ての取り扱い通貨を購入することができるため、高い販売手数料を支払う必要もありません。

これら二つの理由から、「Zaifは手数料が安くてお得」という強みがあると言えるのです。特に日本ではXEMが安く買えるので人気です(参考記事:NEM(XEM)を購入できる仮想通貨取引所一覧とベストな買い方

 

Zaifでしか買えないトークンがある

また、Zaifでは専用のZaifトークン、COMSAのCMSトークンや、テックビューロと事業提携しているフィスコやカイカといった企業のオリジナルトークンを売買することも可能です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171226145555p:plain

これらのトークンは世界中でもZaifやフィスコ仮想通貨取引所くらいしか購入できない独自のもので、企業を応援したいユーザーや投機的に売買を行うユーザーに人気があります。

特にZaifトークンはユーザーも多く、良くも悪くも話題性があります。価格の上下幅は低位トークンらしく大きいので、投機的に買われていますが、純粋にテックビューロを応援するファンの方々も多く見られますね。

Zaifトークンについて詳しく解説した記事は以下からどうぞ▼

 

取引が活発で流動性も十分

Zaifは日本で取引高第4位(bitFlyer、Coincheck、Quoinexに次ぐ)の仮想通貨取引所(多分ユーザー数や人気で言ったら第3位)だけあり、取引も活発です。

そのため売買注文も多く、流動性が高いため、「注文を出したはいいけど、全然約定しない…」という弱小取引所にありがちなトラップにはかかりません。

日本の仮想通貨取引所でもマイナーな所はほとんど売買板の動きがなく、なかなか注文が刺さらないケースも多いですからね。。。意外と大事です。

 

Zaifを使う時に注意すべきこと

Zaifは上記の理由(特に手数料の安さ)からおすすめしたい仮想通貨取引所なのですが、一方で使うにあたって注意すべきポイントもいくつかあります。

 

本人確認書類がなかなか届かない

Zaifは常に人気の取引所のため、新規口座開設依頼が多すぎてスタッフが回っていないようです…。新興ベンチャー企業だから、人が少なくててんやわんやだとか。

そのため、新たにユーザー登録をしても、口座開設完了に必要な本人確認書類の受け取りまでにはしばらく時間がかかってしまうのが辛いところです。

僕の場合やネットに出ている情報を見ると、口座開設依頼から簡易書留の到着まで約2週間程度はかかる見込みです。でも、今はさらに人気が高まっているので、もっとかかるかもしれませんね…。

「すぐに口座開設してすぐに仮想通貨取引をしたい!」と考える場合は、Zaifではちょっと叶いそうにないことはあらかじめ把握しておき、気長に郵便が届くのを待ちましょう。。

 

サーバーが落ちやすい

「Zaifが落ちるとTwitterが荒れる」という現象があるのですが、何らかのイベント(大物の声明発表や政策発表など)やビットコインの覇権争いなどで仮想通貨取引がにわかに活発になると、まずその現象が起こります。笑

そう、Zaifのサーバーは弱いんです…。市場が混乱して大量の注文が出まくっている時は、まずZaifのサーバーは頼りにならないので、むやみに取引をすべきではありません。

ゆったり構えつつ、サーバーダウンしない別の取引所も併用して取引するようにしましょう。暴騰時は良いですが、暴落時に即売り抜けができないのは怖いですから。

 

コイン積立は便利だけど手数料が高い

また、Zaifには「仮想通貨を毎月積立購入できるサービス」があり、Zaifの特徴の一つとして重宝されています。

毎月同額を積立購入すれば、ドルコスト平均法で仮想通貨価格の暴騰・暴落によるリスクを軽減することができ、堅実に資産を積み増していけるメリットがあります。

しかし、Zaifコイン積立は手数料が毎回積立額に応じて1~10%と非常に高いため、むやみに利用すべきではありません。

毎月少しずつ仮想通貨資産を積み立てていきたいなら、毎月同額分の仮想通貨を普通に買い注文し続ければ良いです。もちろん手間は必要になりますけどね。

 

Zaifコイン積立に関する考察は以下の記事で詳しく説明しています。

 

Zaifの口座開設方法と操作方法

ここまでZaifのおすすめポイントと使用上の注意点を解説してきましたが、僕はやはり「手数料が安い」という点で、Zaifの利用を積極的におすすめします。

少なくともNEM(XEM)なんて、手数料がすこぶる高いCoincheckなんかでは全然買えません。買うならZaif一択です。

 

そんなZaifで口座開設をする手順と、実際に仮想通貨(ビットコイン等)を購入するための操作方法については、以下の記事を参考にしてください。

手続きに必要なものは「本人確認書類の写真」のみです。あらかじめ携帯で写真を撮っておき、PCで口座開設手続きをするのであれば、PCやクラウドストレージにも写真を保存しておきましょう。

写真の準備ができているあなたは、以下のバナーから口座開設ページに移れるので、早速トライしてみてください。