仮想通貨で家を買った20代男の投資ブログ

不動産や仮想通貨などへの投資を実践して書くブログです。お金や民泊の話も。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

とうとうBinanceにNEM(XEM)が上場!今よりも低手数料&安心に買える

コインチェック盗難事件があってもなお人気の高い仮想通貨・NEM(XEM)ですが、ついに大人気の仮想通貨取引所・Binance(バイナンス)で取り扱いがスタートしました。

参考記事:https://support.binance.com/hc/en-us/articles/360001903091

 

NEMは現在時価総額ランキング第13位。バブル崩壊にコインチェック事件のあおりも受け、ピーク時から大幅に価格が下落していますが、ここぞとばかりに買い増しするファン勢も多いです。

XEMチャート

僕もNEMを応援しているタチなので、ここぞとばかりに買い増ししました。といっても35円くらいで、しかも余剰資金だけで購入したので大した額ではないですが。

しかし、世界トップクラスの取引量を誇る人気の高いバイナンスに上場したことで、再びNEMに火が付くことを期待しています。大型アップデート「カタパルト」もありますしね。

 

NEMのバイナンス上場で得られるメリット

さて、実際のところ、NEMがバイナンスに上場したことで僕達ホルダーにどのような利点があるのか?というと、ザックリ以下の通りです。

  •  Zaifの半額の取引手数料で購入できる(0.1%⇒0.05%)
  • P2P取引(コインチェックのように売値に利益を乗せていない)
  • 高セキュリティ&運営しっかりの取引所でXEMが取引可
  • XEMの流通がより活発になり、価格上昇の可能性あり

まず、バイナンスはP2P取引&BNBトークンで取引手数料を支払うことで半額割引になるため、日本でXEMが買えるコインチェックやZaifよりもお得です。

 

また、バイナンスは世界トップクラスの取引高を持つ人気の取引所で、その分攻撃を受ける回数も多いですが、今のところ大事に至ったケースは無く、セキュリティ面ではレベルが高いと言えます。

先日、バイナンスのAPIをハッキングして不正売買が行われる事件が起きていましたが、それに対する運営の対応は迅速で、最終的に顧客資産への被害も無くなったようです。

対してコインチェックとZaifは金融庁から業務改善命令も出ているように(参考記事:

ZaifやGMOコインなど業務改善命令を受けた取引所の無難な使い方、セキュリティや運営体制に不安があり、資産の盗難被害の声もあります。

それを考えると、より安心・安全な取引所でXEMの売買が可能になるのは大きなメリットと言えます。頻繁に売買をする人には特に。

 

そして当然ながら、新しく取引高の大きい仮想通貨取引所に上場したことでXEMの取引は活発になり、より価格が上昇する期待が持てるようになりました。

XEMは既に上限まで通貨が発行されているため、単純にNEM・XEMの需要が上がれば理論的には価格も上がっていきます。現状はまだまだ需要が小さいですが、それでもバイナンスへの上場は需要拡大への大きな一歩になります。

 

とは言え、バイナンスは海外(香港発)の取引所なので、英語で利用する必要があったり、日本円でコインを買えなかったりする欠点はあります。

このあたりは加味しながら、「どの取引所でXEMを売買すべきか」を自己判断すべきだと思います。まぁ、数百万円ぶん以上取引をするのでなければ、どこでもあまり変わらなさそうですが…。

※あなたがまだバイナンスの口座を開設していないのなら、こちらから登録できるのでどうぞ。なお「手順がいまいち分からない…」というあなたはこちらの記事を参照してください。

 

【次はこの記事もオススメ】

NEM(XEM)を購入できる仮想通貨取引所一覧とベストな買い方

⇒新たにバイナンスが加わりましたが、XEMは数多くの取引所で売買ができるので便利です。購入できる取引所一覧をまとめています。

QASHトークンが買える「QUOINEX」の使い方・口座開設方法

⇒現在はコインチェック事件などを受けて上場を控えていますが、QUOINEXでもXEMが上場予定です。どんどん取扱いが増えるXEM、楽しみです。