20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

チェコ最大手の決済サービス「Worldcore」ICOの詳細

11/15追記:トークンセール期間延長の情報を反映しました

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030113621p:plain

ブロックチェーンを活用した決済サービスはICO案件でも特に注目されているジャンルの一つですが、先日、チェコのオンライン決済サービスであるWorldcoreのICOプログラムに投資を行いました。

Worldcoreは2015年から既にEU圏でビジネスを開始しており、2017年末までに総額100億ユーロ以上の取引額を視野に入れているほどのサービスです。

 

決済サービスのICO案件では、僕はこれまでEVEREX(EVX)BANKERA(BNK)Change(CAG)、KARMA(KRM:フィッシング詐欺にやられたかも)と投資を行ってきましたが、それらは完成した製品がありませんでした(BANKERAのみ、前身サービスとしてのビットコインウォレット「SpectroCoin」がありますが)

ですがWorldcoreには既にビジネスの実績があり、「既存サービスをブロックチェーン基盤に移行するためのICO」というスタンスなので、上記のサービスに比べても期待できそうです。

▼参考:2016-2017年の利益&取引量(公式から引用

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030092357p:plain

トークンセールは11/1412/15まで。セール中は3.5%の追加ボーナスを受けられるので、この記事や ホワイトペーパー(日本語)を読んで「投資してみたい」と思った場合は、今のうちの購入がお得ですよ!

以下、公式からWordcoreの概要とICOについての情報、申込方法をまとめます。

 

【もくじ】

 

Worldcoreとは?

Worldcore(ワールドコア)は、チェコの首都・プラハに拠点を置くオンライン決済サービスです。EUPSProvider社がWorldcoreを運営しており、同分野ではチェコ最大手の企業です。

上で引用した通り、Worldcoreは2017年の第二四半期で1,900万ユーロを超える取引高を有しており、またユーザー数も25,000人を超えているなど、既に一定のビジネス基盤を確保しています。

活動はチェコ国内だけに留まらず、今後はEU圏内10ヶ国以上にオフィスを構える構想もあるようです。すごく勢いがありますね。

 

Worldcoreの提供サービス

Worldcoreの提供する決済サービスは多岐に渡ります。

現在は個人向けにオンライン口座およびデビットカードの提供を行う他、法人向けのサービスも多数提供していますが、今後は仮想通貨の取り扱いや仮想通貨の取引サービスなども拡大していく予定です。

BANKERAChangeとはがっぷり四つの戦いになるんではないでしょうか。

 

オンライン口座の開設

Worldcoreは口座開設費用や維持手数料無しでオンライン口座を提供しています。

海外は銀行口座もオンライン口座も維持手数料などを取る金融機関が多いので、無料で開設・保有できるのは素晴らしいですね。

このWorldcore口座では複数の国々の通貨を取り扱うことができる他、ICO終了後、システムをブロックチェーンに移行してからは仮想通貨の管理も可能になる予定です。

また、銀行からの入金にも手数料はかかりませんし、世界中どこにいても口座からお金を引き出すことも可能です。便利ですねー。

 

専用プリペイドデビットカードの発行

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030095317j:plain

ホワイトペーパーより引用

また、MasterCardベースでWorldcoreオリジナルのプリペイドデビットカードも発行しています。

米ドル、英ポンド、ユーロの通貨に対応しており、ATMやオンライン口座からデビットカードへのチャージが可能です。今後は暗号通貨にも対応する予定。

 

仮想デビットカードの発行

オンライン上の仮想プリペイドデビットカードを発行し、ECでの買い物などにすぐ使用することも可能です。電子マネーに近いですね。

通常のデビットカードでは発行までに日数が掛かってしまいますが、仮想デビットカードは即時発行が可能です。Worldcore口座から即時入金を行えるので、すぐ買物をしたい場合に便利です。

 

法人向けバッチ処理大量決済

給料の払い込みなど、大量に決済を行わなければならない時も、バッチファイルを作成してWorldcoreにアップロードするだけで一気に決済手続きを行うことができます。

Worldcore口座への入金であれば手数料は0%、多通貨決済に対応、銀行口座やクレジットカード、デビットカードにも入金可能と至れり尽くせり。

こういうサービスを使えば給与計算を自動化できるので、人事部の仕事が大幅に効率化できますね!

「勤務時間をエクセルで入力⇒人事がマクロで計算⇒経理部が伝票作成、銀行で振込」って昔ながらの手法を取っていた以前の会社に売り込みしたいくらい。

 

Worldcoreのこのシステムは、他にもアフィリエイトの報酬支払いにも使われているようです。ASPを通さず自社アフィリエイトを行う企業が増えてきたのも納得ですねー。

 

仮想通貨を送金できる「PayAnyCard」

現金だけではなく、仮想通貨の送金もWorldcoreなら可能です。

仕組みがちょっとよく分かりませんが…ビットコインを現金に換えて振り込める、という形のサービスでしょうか。

 

クレジットカード決済の受け入れも可能

また、Worldcore口座ではクレジットカードの請求に対する支払いも可能です。

VISA/MASTER/UnionPay(銀聯カード)の支払いに対応しているので、PayPal等を使わなくても簡単にビジネス取引が可能ですね。

決済手数料も2%+6EURもしくは6USDと比較的安めなので、その他口座が持つ機能を考えるとかなり使い勝手が良いのではないでしょうか?

 

請求書の発行もできる

さらにWorldcoreでは請求書の発行にも対応しています。請求を自動計算し自動で請求書を発行する仕組みを作れば、これも経理の大幅な業務効率化に繋がります。

また、発行された請求書はPDF化してメール等で送信することが可能だったり、銀行振込以外の手段でもすぐ支払いが可能なシステムもついてきます。

 

その他にも、上記を組み合わせたEC向けの決済サービスであったり、支払いを自動化できるAPIの提供であったりと、事業者向けのサービスが多数あります。

ICO案件では個人向けのオンライン口座&デビットカードの提供を既に行っているサービスは見られますが、法人向けの充実したサービスも提供しているものは見たことがないので、その点でもWorldcoreは面白そうです。

個人向けよりも法人向けの方が売上が大きく取れますし、レッドオーシャンの個人向け決済サービスよりもサービス継続率を高く維持できる可能性も高いのではと思うので、利益面でも期待できますね。

 

Worldcoreのトークンセールについて

WRCトークンは、プレセールが10/2に開始され、10/14から一ヶ月間トークンセールが実施されています。←12/15までトークンセールは延長されました。

1WRC=0.1USDの価格で販売され、早期購入者には購入期間に応じて3%~25%の追加ボーナスが付与されます。

トークンセールの最低購入数量は100WRCからとなっており、執筆時点(10/30)で約9,800万トークンが販売されています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030104031p:plain

トークンの総供給量は最大10億WRC。すなわち1億USD=約114億円となりますが、もしトークンセールで上限まで売れなかった場合、売れ残りのトークンは全てBurn(永久凍結)されます。

 

WRCトークンの取扱い、特徴

WRCトークンの保有者は、その保有割合に応じて企業利益の30%の分配をETHで受けることができます。

BANKERAやChangeでも同様にトークン保有者に対する利益分配がありますが、これらは「銀行サービス」と銘打ってるだけあり、預金利息の代わりとも言えるものですね。

WRCトークン(BNK、CAGも同様)を持っていれば、Worldcoreが利益を上げるのに従って毎年収益分配が受けられるので、利益目的に投資家がトークンを購入したくなり価格が上がる、ということを狙っていますね。

WRCトークンは、開発中のWorldcore仮想通貨取引所でも取引が可能になる予定なので、当然ながらその他の仮想通貨や法定通貨に換金することもできます。

 

なお、WRCトークンのトークンセールで調達できた金額に応じて、以下ロードマップに従ってビジネスが進んでいきます。

 

5百万

● Visa、Mastercard、CHINA UNIONPAY、SWIFTとSEPAネットワークにおけるメンバーシップ(2018年第1四半期)。
● 起業家向けに、商標、共同商標が付いたプリペイドデビットカードの公表。(2018年第1四半期)
● 各口座用の専用IBAN 。(2018年第1四半期)
● マーケティング予算の拡大と営業とマーケティングチーム3倍成長レート。(2017年第4四半期)
● EU国にて5つのオフィスを設置し、ローカルターゲット向けマーケティング、営業とサポートチームを強化し、Worldcoreサービスの魅力をローカルの視聴者へ提供します。(2018年第2-3四半期)
● Blockchainアセット取引用にWorldcore-商標マーケットの公表。(2018年第2四半期)

$10百万
● JCBとAmerican Expressにおけるメンバーシップ。
● EUにてさらなに5ヵ国にて、しっかり詰まった5オフィスを設置。(2019年第1四半期)
● UK規制下のBlockchain (ブロックチェーン)源によるP2P融資プラットフォームを独特機能と共に公表。(2018年第3四半期)

$25百万
● 簡単、即時の暗号通貨から現金変換用に、Blockchain(ブロックチェーン)ベースの現金資金送金プラットフォーム、逆の場合も同じで、全Worldcoreオフィスを含め、国際的に1000以上のピックアップポイントを公表。(2019年第1四半期)
● WorldcoreTV - Fintech & BlockChain業界とオンラインにフォーカスした、世界初24/7ハイブリッドTVチャネル、デジタルメディアを、衛星とIPTVにて国際的に24/7にて放映予定。(2018年第2四半期)
● オークションベース上にてWorldcoreTV広告マーケットプレイスを設置し、WorldcoreTVにて効果的な収益化を予定。(2018年第3四半期)
● ほぼ全てのヨーロッパ諸国にて国際インドア、アウトドアマーケティングキャンペーンを全商品に実施予定。

$50百万
● 暗号通貨への管轄と大きな配慮のため、革新的な投資、ローン、仲買業務、保険と決済商品共にスイス銀行へのグローバル転換。(2019年第2-3四半期)
● 更なる収益の急成長を目指し、世界的に有名なサッカーとホッケーチーム、そしてレースチャンピオンシップへのスポンサーシップを実施し、最も高いブランド認知力を得ます。
● 全ICO投資家へ特別かつ、独特な条件を提供します。

$100百万
Worldcore ICOのハードキャップ(上限)は、100百万USDです。50百万USDを越える全てのファンドは、更なる市場開発への使用、Worldcore銀行資本への追加や、更なるIPOに活用されます。

※ホワイトペーパーより引用

 

WRCトークンの購入手順

WRCトークンを購入するには、まず  トップ画面(クリックで飛べます)の「Token(トークン)を購入する」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030105813p:plain

以下画面でまずは「通貨を選択」で支払いを行う通貨を選びます。ETH以外にも相当な数の仮想通貨での支払いに対応しています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030105959p:plain

次に「あなたのEthereumアドレス」に、WRCトークンを受け取りたいイーサリアムウォレットのアドレスを指定します。

仮想通貨取引所のウォレットアドレスではNGなので、MyEtherWallet等のアドレスを入力してください。

▼MyEtherWalletのインストール、ウォレット開設方法は以下の記事をご参照下さい。

ウォレットアドレスを入力したら、購入する通貨の量を入力します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030110557p:plain

下にスクロールすると、付与ボーナスを含めたWRCトークンの受取数(ここでは0.1ETH=318.7WRC)が自動的に表示されます。

後はあなたのメールアドレスを入力し、「提出する」をクリックします。

すると以下のような画面に遷移します。最初は支払用アドレス(0xba~d94cのアドレス)が表示されていませんが、右上のカウントダウンが0になると表示されます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030110938p:plain

請求額=あなたが支払う通貨の量を確認し、問題が無ければ、記載の支払用アドレスに送金を行います。

なお、送金にもMyEtherWallet等、コントラクトアドレスにも送付できる秘密鍵の付いたウォレットが必要です(参考)。

 

送金が完了すると画面が切り替わり、「24時間以内に指定のウォレットアドレスにトークンが反映されます」とメッセージが出て終了です。

送金完了から1日経った後にでも、Etherscanであなたのウォレットアドレスを入力して、きちんとトークンが付与されているか確認しておきましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171030111915p:plain

 

Worldcoreのトークンセールに投資するにはこちらから。

 

公式ページ一覧

Worldcore公式ICOページ(投資はこちらで)

ホワイトペーパー

Worldcore公式サイト

Twitter

Facebook

Slack

Telegram

 

P.S.

CoinMarketCapで最近上場した仮想通貨・トークンの値動きを見ていると、めっちゃ高騰している通貨がいっぱいありますね…。

これだけICO案件が乱立しているのに、未だ爆上げするものが大量にあるのは本当に驚きです。。。夢がありますなー!

ICO投資はリスクが高くて危険と言われることはもちろんですが、きちんと事業や会社を見極めて資をしていくことで、大損する可能性はグッと減らせると思います。

僕はこれからも少しずつ色んなICO案件に投資していきますよー。いい情報あったらお知らせください。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒Worldcoreと同様のオンライン決済サービスもとい「ブロックチェーン銀行」を銘打つ人気のICO案件がBANKERAです。11月下旬からトークンセールを開始します(購入方法はこの記事と同様)。

⇒この通り、BANKERAではトークン保有者にETHで金利がわりの配当も貰えます。僕はあまり多くのトークンを保有していませんが、毎週うまい棒を食べられます。

⇒ICO投資に必要なETHは、日本の取引所ではZaifが最もお得に購入できます。この記事もぜひご参考に。