20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

「貯金はいくらまで投資に回していい?」生活破綻しないためのルール

f:id:kyoheing-on-japan69:20170830203012j:plain

「頑張って貯めた貯金だけど、少しでも増やしたいから投資をやってみよう」

最近はそのように考えて株式などへの投資に手を出し始める人も増えてきました。

もしかしたら、あなたも投資を始めたばかりで、まだ右も左もよくお分かりでないかもしれませんね。

 

さて、僕から投資を始めたての方に一言注意があります。それは「貯金をいくらまで投資に回してOKなのか」ということです。

あなたもご存じの通り、投資は利益を得られる場合もあれば損する場合もあります。最悪のケースだと、信用取引などで多額の借金を負ってしまい…という例にもなりかねません。

もちろん投資額が大きければ大きいほど儲かる額も損する額も大きくなります。なので、「どれだけのお金を投資に回すか」を考えることは、あなたの生活を成り立たせるうえで非常に大切なのです。

 

今回は具体的に「投資資金を貯金のいくらまで出すべきか」ということを考察していきます。

必ずこのルールを守らなくてはいけない、という訳ではありませんが、少なくともこのルールに従っていれば、あなたの人生が台無しになるリスクは避けられるはずですよ。

 

投資の基本は「余剰資金」でやる

最大の鉄則ですが、投資は基本的に「余剰資金」で行います。

余剰資金とは、あなたの貯金の中で「最悪無くなっても支障は出ないお金」のことを言います。つまり、生活費やその他必要な支出を圧迫しない「純粋に貯めているお金」のことですね。

 

例えば、あなたの貯金は今50万円あります。毎月の給料手取りは20万円。

毎月家賃や水光熱費の支払いで月10万円、奨学金の返済で2万円、定期代で1.5万円、食費で3.5万円、交際費が2万円かかるとします。

この他に特別な支出はないと仮定すると、「毎月手元に残る1万円+貯金額の50万円」が、あなたが現時点で使用できるお金の総額ですね。

この場合、あなたの余剰資金は51万円となります。と言っても、緊急時にある程度の貯金がないと怖いので、いざという時のための貯金を考えたら30万円程度が余剰資金と言えるでしょう。

 

あなたはその30万円の範囲内でのみ投資を行うべきで、それ以上の金額を投資に突っ込んだり、信用取引でレバレッジをかけて取引をしてはいけません。

そのルールを守ることで、例えあなたの投資元本が0になったとしても、あなたは落ち込むだけで普段の生活にまでダメージが及ぶことはありません。

またコツコツ働いてお金を貯めれば投資のための余剰資金も増えますし、収入が上がったり結婚して共働きになったりすれば、また状況は好転するかもしれません。

常に余剰資金の範囲内でのみ投資し、また余剰資金を持っておくことを徹底することで、二度と投資ができないヤバい状態にならなくて済むのです。

 

貯金は最低限でOK。預金:投資の割合は気にするな!

もしあなたが慶弔や病気、入院などで突然の出費が発生しても、普段の生活を切り詰めることなく過ごせる程度の貯金額さえあれば、それ以上は貯金するよりも投資に回したほうが得策です。

なぜかと言えば、銀行にお金を預けていると、お金は増えない一方で資産価値は年々低下していくからです。お金は普通預金に眠らせておくと、少しずつ腐っていってしまうのです。

日本など国家は毎年物価が少しずつ上昇しているため、今の1万円と10年後の1万円では、10年後の1万円のほうが価値が相対的に低くなってしまうんですよ。

※この理論については以下の記事を参照してください▼

なので、なるべく余剰資金は全て投資に振り分けることです。

それに合わせて、投資で損する可能性を減らし、利益を上げられる可能性を増やしていくために、常日頃投資とお金に関する勉強をすることも必要です。

そんなに構える必要はありません。日々時間のある時に、少しずつ自分の興味の赴くままに知識を入れていく程度でも、だいぶ違ってくるはずですから。

 

投資はあなたのお金を増やしも減らしもする行為です。きちんと成果を上げられればあなたの人生は豊かになりますが、勉強せず適当に投資をしていたら、あなたはどんどんお金を失ってしまいます。

もしもあなたが「勉強するのは嫌だ!」というのであれば、余剰資金は投資せずに貯金したままにしておくか、投資という名目のギャンブルでもしていてください。

ですが、もしあなたが「頑張って稼ぎたい」と言うのであれば、生活に支障が出ない程度の貯金だけを残して後は投資に振り分け、うまく利益を上げられるように勉強を続けていきましょう。

 

人よりも生活にゆとりがある人は、このルールをキッチリと守って投資をしている人が多いです。

だからこそ、彼らは自分の得た収入を効率良く増やせて、そのぶん金銭的にゆとりのある生活ができているわけなんです。

 

もちろん、余剰資金は最大限に投資にぶっこまなくても良いですし、逆に生活費を切り詰めても投資に回したいのであれば、そうして頂いても構いません。

僕はあくまで投資の基本として、無理のないライフスタイルを実現するためのお金の取扱いについて共有しただけですので、判断はお任せします。

 

ちなみに、僕は現在、給料約1ヶ月分の貯金だけを口座に残して、後は全て投資に振り向けています(ポートフォリオは以下のような感じ)。

▲不動産投資の割合が大きいですが、借金して物件を購入しているためです。もちろん、毎月の家賃収入から支払っているのでキャッシュフローは黒字ですよん。

融資を受けてまで購入した不動産からの家賃収入、価格の上下が非常に激しい仮想通貨の含み損益などなど色々ありますが、今のところ徐々に資産総額が増えてきています。

これは貯金だけしていた頃からは考えられないですね。投資に回すぶんはしっかり回して、損しないために勉強を続けていく。これが庶民の勝ちパターンだと僕は思っています。

 

あなたもぜひ、「貯金のうち余剰資金だけを投資に回す」という意識を持ちながら、積極的に投資に踏み出して頂ければと思います。

最後に、僕オススメの投資について共有してもいいですか?以下の記事を読んで頂いて、気になるものがあったらぜひぜひ一緒にやりましょー。

あと、上の記事には載っていませんが、僕が一番ハマってるのは仮想通貨投資です。テクノロジーにも値上がり期待にも夢が溢れていて、最高に面白い投資です!

とは言え価格の上下がめちゃくちゃ激しかったり、仮想通貨をめぐる動向が日単位でめまぐるしく変わったりするので、万人にオススメできる投資ではないですが。ついていける方はぜひ。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒仮想通貨投資に興味を持って頂けるなら、この記事もぜひどうぞ。投資はくれぐれも余剰資金で…!

⇒「余剰資金も何も、お金が全然貯まらない!でもお金増やしたい…」というワガママなあなたにはこちらの記事を。黙っててもお金を投資に回して資産を増やしていける仕組みについて解説しています。

⇒あなたが一人暮らしの場合、家賃を削ることで最も生活に余裕ができ、余剰資金が増えるスピードも上がっていくと思います。家賃節約指南をどうぞご覧下さい。