20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

Segwit2xが中止発表。これでビットコイン、仮想通貨は一安心

いやー、良かった!

ビットコイン崩壊の危機を引き起こしかねないSegwit2xのハードフォークでしたが、中止となったようです。

Segwit2xはマイナーの支持を30%程度しか得られず、分裂に関する合意形成が出来ていないと判断して、ビットコインのハードフォーク中止を決定しました。

Segwit2xの計画側は未だブロックサイズを2MBに引き上げる必要性を感じてはいるため、将来的にはまたハードフォークを行う話になるかもしれません。

とはいえ、ビットコインの価値を大きく毀損し、それにつられて仮想通貨市場全体が一気に冷え込む危機は回避できたので一安心です。

 

※「何を言っているんだ…」というあなたは以下の記事を先に読んでください。Segwit2x分裂の危険性について解説しています▼

 

仮想通貨市場は全面高

Segwit2xの中止を受けて、9日朝時点で仮想通貨市場は全面高です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171109091754j:plain

NEOとIOTAすげぇ…。それ以外の通貨も軒並み上昇傾向です。

でもビットコインの値動きは面白いですね。Segwit2x中止を受けて分裂によるコイン付与を期待していた素人層が売り、その後リテラシーある人々が安心感から買いなおしたって構図がハッキリ見えます。

中止が発表された日本時間3時頃に約81万円まで下がり、その後値上がりして今では84.5万円ですからね(USD換算)。

 

ビットコインの人気は仮想通貨全体の人気を表しているので、不安材料がなくなった今、仮想通貨は全体的により上値を付けていくことでしょう。

今度は「ビットコインシルバー」って分裂もあるみたいだし…。怪我の功名みたいな感じですが、「ビットコインをフォークしてりゃ儲かる」ってバカな運営陣の考えが見え透いているのが嫌ですな。。。

 

[NO2X]の署名も消えました

Twitterの仮想通貨界隈の人々の中でSegwit2xに反対している人の中には、アカウント名の末尾に[NO2X]と付けて反対意思を表明している人も何名かおられました。

その代表格、ライトコイン生みの親であるチャーリー・リー氏も[NO2X]の署名を外しておられました。

チャーリー・リー氏は頻繁にSegwit2x反対に関するツイートを行っており、香港で仮想通貨取引所などを運営するBTCC社の代表・実兄であるボビー・リー氏とも口論をしていました。

 

こういう反対署名も見られなくなって、これまた安心感が広まりますかね。分裂の危険性について解説・広めてくれた皆様ありがとうございました。

 

…というわけで、まだまだ仮想通貨市場は熱いですね。僕もまだまだビットコインや他の通貨を買い集めていこうと思います。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒さらにビットコインの「バブル」発言は過熱しそうですね。結局バブルかどうかなんて弾けてみないと分からないので、僕達はリスクの取り方を各個人で調整しながら投資するしかないんですよ。

⇒さすがに時価総額の低い草コインはこの全面高でも音沙汰ありませんでしたが、今後もしかすると通貨が化けるのにより期待が持てるかもしれませんね。

⇒ビットコイン独特の立ち位置を知りたいあなたにはこの記事をオススメします。