20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

携帯端末の買取価格が上がる?サムスンが古い携帯でマイニング実験中

f:id:kyoheing-on-japan69:20171031083647j:plain

あなたは携帯を買い替えた時、古い端末ってどうしてますか?売る?放置する?それとも遠投する?

僕は遠投売らずに放置してしまうタチで、今も家のどこかでほこりを被っている6年前のXperiaがあるはずです。

もちろん、売らなきゃもったいない。

 

でも、なんだかズボラな僕のほうが勝ち組になる気がしてきました。

というのも、サムスンが古い携帯端末を仮想通貨のマイニングに利用する実験を行っているそうで、もしかしたら来年あたり、古い携帯端末の買取相場がアップするかもしれないからです。

この装置に関してはわずかな技術上の詳述しかされていませんが、サムスン社によると8個Galaxy S5が標準のデスクトップよりも高いエネルギー効率でマイニングすることに成功しました。

仮想通貨マイニング装置以外にサムスンは古いGalaxy タブレットをUbuntuという誰にでも使いやすいOSのラップトップに変換し、Galaxy S3スマートフォンを水槽の監視用に再利用しました。さらに会社は顔認識機能がついている古い携帯をホームセキュリティーシステムの基礎として利用しました。

サムスンは今回の結果について、「マイニング用のソフトウェアを無償提供し、誰でもマイニングできるようにしたい」という旨の発言もしています。

もしこのマイニングが誰でも扱えるようになったら、「古い携帯売ってください!」攻勢がよりいっそう強くなるんではないでしょうか。特に秋葉原あたり。

 

マイニングって何?

マイニングが何だか分からないというあなたのためにざっくり説明します。

マイニングというのはビットコイン(やその流派の仮想通貨)に備わっているシステムの一つで、取引の処理作業を請け負うことで、報酬に新規発行されたビットコインを入手できる仕組みです。

このマイニング=取引の処理作業を行えば、マイナー(請負人)は報酬としてビットコインを入手できて儲かります。

一方、ビットコイン側はユーザーにマイニングをしてもらうことによって、高度なセキュリティに基づく決済・送金サービスを実現しているのです。

 

マイニングにはコンピュータの計算処理能力や電力などのエネルギーが必要になるため、本格的にマイニングを行う人は中国やアイスランド等で大量のコンピュータを使用して事業として行っています。

電気代が高い日本では、個人が自分のパソコンでマイニングを行ってもなかなか採算を取るのが難しいし、何よりパソコンの処理能力がマイニングに取られてしまうので他の作業ができなくなってしまいます。

 

サムスンが古い携帯マイニングを検証する理由

そうした背景がある中、サムスンが「古い携帯でマイニングができたらどうだ」と考えたのは以下の理由によります(記事中より引用)。

「革新的なプラットホームによって環境への配慮をしつつも古いGalaxyモバイル機器を再利用することで新たな可能性を見出し、今後使われることがなかったはずの機器に価値を与えることができます。」

 「サムスンは自身の機器の価値を長い間維持しようと考えています。新しいNoteに1000ドルという価格をつけた場合、それを500ドルで再び売ることができることが分かっているほうが人にとって買いやすいでしょう。」

つまり、時代遅れになった携帯が捨てられるだけの現状を打破するため、「古い携帯でマイニングができるよ」という新たな価値を持たせて市場性を付けたい、ということですね。

実際に古いGalaxy S5を使って普通のデスクトップPC以上のエネルギー効率を実現できたと言うことなので、期待が持てますね。

 

今後の予想

僕の勝手な予想ですが、おそらくサムスンの計画通り、マイニング用ソフトウェアが提供されるのではないかと思います。

「オンラインで無料利用できるように」と記載があるので、サムスン端末専用ではなく、普通にパソコン等でも活用できるソフトウェアになるのかもしれませんね。

これによって携帯端末を持つ人は、その端末の新旧にかかわらずマイニングを行えるようになり、ビットコインを稼げる可能性が出てきます。

 

とは言っても、電気代やネット代の高い日本の場合、個人でマイニングしても利益はおそらく出ないと思います。ゆえに個人マイナーも増えない。日本以外にもそういった国は多いはずです。

そこでサムスンは、今回のようなマイニング装置を中国などに作り、委託マイニングサービスを有償で提供する可能性が考えられます。

よってソフトウェアは「利用は無料で、あなたの古い携帯端末をマイニングに活用できるようになるけど、利益が出るか分からないし装置作るのは大変だから、弊社に有料で委託もできますよ」という立ち位置になるのではないかと。

 

その場合、サムスンは古い端末を積極的に買い取る方針となり、結果として市場の買取価格も上がる。

消費者は「サムスン端末なら使わなくなっても高く売れるから、実は売値が安くあがる」という認識が付いていくため、サムスンの携帯がより買われるようになる…というのがサムスンの算段でしょう。

とても賢いし、何より僕も「携帯端末やパソコン、その他あらゆる機器は古いと無用の長物になる」という現状がどうも嫌だったので、すごくサムスンを応援したいです。

(それでサムスン製品を買うようになるかと言うと、それは変わらず性能や価格で比較検討する話になるんだが…)

 

実際のところ、サムスンにマイニング委託をしても自分でマイニングしても、儲かるかどうかは分かりません。

しかし着眼点は本当に面白いですし、何より「誰でもマイニングができる、ビットコインが稼げるチャンスがある」という環境はとても面白いですよね。

現在、マイニング委託サービスにはHashFlare等がありますが、仮想通貨に詳しい人しかその情報を知らないという現状があります。

今後仮想通貨がより一般的になっていくに当たって、サムスンがマイニングの一般化の一端を担ってくれることを期待しております。

 

というわけで、あなたももし古い携帯端末を持っているなら、今すぐ売らないほうがお得!かもしれませんよー。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒収入アップに最も効率の良い考え方は「収入源を増やす」ということです。マイニングも収入源を増やす一つの手段ですよね。

⇒高性能の最新スマホは作業効率を上げてくれるので「買うべきもの」です。サムスンが今回の件を成功させたら、古い端末を気にする必要もなくなるのでガンガン買い換えられますね!

⇒値上がりが続いているビットコイン。もちろんビットコイン以外の仮想通貨もすごく面白いので、今のうちに仮想通貨を買ってみてはどうでしょうか?