20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

浪費癖を治さなくても簡単にお金が貯まるベストな方法

f:id:kyoheing-on-japan69:20170830203012j:plain

「お金が全然貯まらない…」

「給料が入ったらすぐ使っちゃって、毎月カツカツ…」

「まとまったお金が必要になったけど、全然貯金がない…」

 

あなたもそういう悩みを抱えたこと、ありませんか?

浪費癖があると、必ずこのようなお金に対する心配事に見舞われてしまいますよね。

僕の周りにも浪費癖のある人は今まで何人もいましたが、そういう人のもとからは自然と人が離れていきます。

浪費癖のある人は常にお金がないので心に余裕がなく、嫌な仕事も「お金のため」と無理やり会社にしがみついて働き、いざ会って飲みに行けば愚痴や不安の話ばかりする傾向が強いからです。

 

浪費癖を放置しておくと、お金も人も離れていくし、身の回りにはムダな物ばかりが増えていくし、何も良いことがありません。

なので一刻も早く治したいところですが、実際、浪費を治すのはそう簡単なことではありません。

 

「クレジットカードの限度額を下げる」「毎月帳簿を付けておく」「定期預金を活用する」「買物や飲み会などに自分ルールを設ける」といった様々な手段が浪費癖の改善に有効だと言われていますが、はっきり言ってそんなんで簡単に改善できたら苦労しません。

浪費癖は日々のストレスや心理的な不安の発散欲求からくる行動なので、浪費行動を止めるのではなく、じっくりとストレスや不安という根本から解消していかなくてはならないのです。

時間もかかるし、今の環境をガラッと変える度胸も必要です。

 

しかし、わざわざ浪費癖を治さなくても、毎月きちんとお金を貯めることができる良い方法があります。

簡単に行うことができ、ストレスフリー。しかも確実に将来のためになる貯金を増やしていけるので、浪費でお金が貯まらないことに悩むあなたは絶対やっておくべきだと思います。

現代はもはや年金一本じゃ老後の生活もままならない時代ですし、浪費癖の改善を頑張りつつ、確実にお金を貯める手段を実践していかなければ後が怖いですよ。

 

以下でその方法を解説していきます。

 

【もくじ】

 

「積立投資」で浪費癖に勝て!

f:id:kyoheing-on-japan69:20170707141225j:plain

浪費癖を治さなくてもお金が確実に貯まる手段。それが積立投資を始めることです。

毎月の給料から一定額を自動的に投資に振り分けることで、無駄遣いを防ぎながらお金を殖やしていくことが可能です。

ほとんどのサービスが投資用口座への振込や資産運用を自動的に行ってくれるので、非常に簡単で便利な手段です。僕はこの積立投資こそが、浪費癖のある人が貯金をするためのベストな手段であると思っています。

 

積立投資を選ぶべき理由とは?

まず一番に「浪費癖が治らないうちでも貯金ができる」というメリットがあるからです。

積立投資は毎月任意で決めた一定額を自動的に口座引き落としやクレカ決済でファンド投資費用にあてていく仕組みとなっています。

強制力をもってあらかじめお金が自動的に投資用口座に移転していくので、浪費する心配を解消できるんです。

 

また、家計簿を付けたり、お金を使う時のルールを設けたりすることは、確かに有効な手段かも知れませんが、大体続きません。

だって面倒だもん。僕も続いた試しがないですし、すぐに破って散財してしまいます。本人の意志力で継続性が大きく左右されてしまうので、浪費癖の改善手段としては現実的ではありません。

そうした意味でも強制的かつ自動的にお金を投資に振り向ける積立投資の効力は大きいと言えます。

 

それに資産運用の面で見ても、定期預金よりもはるかに効率が良く手間もかからないので、利益が出ればより効率的に貯金額を積み増すことができますからね。

もちろん運用成績によってはマイナスにもなりますが、あなたのお金を運用するのはプロの機関投資家なのだから、目も当てられない成績にはまずならないはずです。

 

オススメは「確定拠出年金」

さて、そんな積立投資ですが、一番のオススメ商品は確定拠出年金です。

確定拠出年金は任意で加入できる公的年金制度で、毎月一定額を拠出してファンドなどを購入・資産運用し、60歳以降に年金として積立額が引き下ろせるものです。

 

あくまで年金なので、60歳を超えるまで口座からお金を引き出すことができないのがデメリットですが、毎月の拠出金が全額所得控除になるので税金を安くすることが可能な強みがあります。

よって、拠出金を多くすればするほど、あなたが支払う所得税などの金額も安くなるのでお得になります。毎月の浪費してしまうお金の大部分を確定拠出年金に振り分けたら、将来だいぶ楽になると思いますよ。

 

確定拠出年金については以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ読んでみて申込をしてみてはいかがでしょう。

 

短期間で引き出したい場合はアプリで積立

「確定拠出年金は老後までお金がおろせないのが辛いなぁ…」というあなたには、より手軽である程度自由にお金を口座から引き出せるサービスがオススメです。

僕の一番のオススメは「ウェルスナビ」過去の膨大な金融データをもとに構築されたAI(ロボット)が資産運用を行うサービスで、スマホアプリで簡単に運用成績などの確認が可能なので使いやすいです。

AIに任せると何が良いかって言うと、感情を挟まずにデータに基づいて正確に投資判断を行えるって所なんです。人間だと、どんなに優れた人でも個人の感覚やエゴ、恐怖、適当さが表れてしまうので、それで投資判断のミスが起こってしまうのです。

相場が乱高下している状況だと、特にその人為的な判断ミスが起こる可能性は上がります。なのでその状況で私情を一切挟まないAIが運用を行えば安心度が高いわけですね。

 

他のロボアドバイザー積立投資サービスもいくつか存在しますが、ウェルスナビが現状一番利益が出ている、という声もあります(毎度必ず成績が一番良い訳ではないでしょうが)。

ウェルスナビでは毎月1万円から積立が可能で、資産配分やリバランス(状況によって最適な金融商品の保有割合に修正すること)なども全自動、年間手数料も預け資産の1%と、非常に簡単で使いやすいですよ。

投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」 申込はこちらから可能です。

 

ただし、ウェルスナビは最低預入金額が30万円からとやや高いので、30万円を用意できない場合は競合サービスのTHEO(テオ)もオススメです。こちらは1万円から投資が可能です。

 

ちなみに、僕がやってる積立投資

僕は毎月1万円を確定拠出年金、200USDを海外の生命保険に積み立てています。

今は両者ともそれぞれ含み益が出ているので良い感じです。もちろん、これから不況になったらマイナス転落してしまう可能性は高いですが。

この毎月35,000円程度の積立で、普通預金にはほとんどお金は貯まりませんが、おかげで少しずつ確実に将来のための貯金が形成できています。

 

今は田舎に住んでいるので家賃や食費も安く抑えられていますし、給料が低くてもこれだけ積立をして日本円・米ドル建てそれぞれの資産を増やしていけるのは嬉しいですね。

まあ、給料に対して積立額の割合が高いので若干の焦りはありますが、それが故にここしばらく無駄遣いをしないようになったので功を奏していますね。

 

あなたが浪費癖を持っていて困っていたとしたら、ぜひ積立投資をスタートしてみてください。

浪費癖を頑張って治すまで待つよりも、強制的にお金を預けて運用していくほうが絶対将来のためになりますし、これ自体が浪費癖の改善にも役立つかもしれません。

この記事を読んですぐに確定拠出年金などの積立投資をスタートして頂けたら幸いです。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒積立投資が浪費癖対策にはベストですが、その他の投資にお金を費やしていくのも立派な手段の一つです。投資は好奇心を持って楽しんでやった人勝ちです。

⇒僕が今一番ハマっている投資は仮想通貨です。すごく不安定なのでオススメはできませんが、将来性が非常に大きいので期待して投資しています。

⇒普通預金も定期預金も全然金利が付かないのでお金が貯まりません。かと言って浪費するんじゃお先真っ暗なので、投資しましょうねってお話です。