仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

QASHトークンが買える「QUOINEX」の使い方・口座開設方法

11月に「QASHトークン」のICOが行われ、COMSAを上回る100億円台の資金調達を成功させて大きく名を馳せた取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジと読む)」。

国内でも大きい規模を誇り、世界からも注目を浴びているQUOINEX。まだ発展途上で日本では積極的に使うユーザーはさほど多くなさそうですが、後述の理由で将来性が抜群の取引所と言えます。

 

今回はそんなQUOINEXのご紹介でございます。

 

【もくじ】

 

QUOINEXの概要と特徴、手数料

QUOINEXは国内仮想通貨取引所で第3位の取引高を誇る大手取引所の一角です。何となく人気はZaifの方が上な感じもありますが、日本円以外にもUSドルやシンガポールドルなど数種類の法定通貨を扱っていることもあり、ユーザーは多いのでしょう。

運営会社は元々シンガポールに居を構え、現在は日本に拠点を移している日系企業・QUOINE株式会社。姉妹サービスに外国人対象の取引所「QRYPTOS」もあります。

 

QUOINEXの取り扱い仮想通貨はBTC/ETH/BCHと、昨年11月にICOを行った独自トークンのQASH4種類。現在は他の取引所に比べて通貨数が少ないので、正直まだパッとしない印象もあります。

1/14追記:当月中にXEM、XRP、LTCが新たに上場する予定で、2月には国内未上場の新規トークンも上場を控えています。一気に魅力が増してきました!

 

そして将来的にはQASHトークンの発行による調達資金で開発を進めている「LIQUIDプラットフォーム」が実装され、QUOINEX上で世界中の仮想通貨取引所の注文を扱えるようになる予定です。

そうなると圧倒的に使いやすくなってユーザー数もうなぎのぼりになると見込まれますね。ただ、今でも10社以上の海外取引所との接続が行われており、流動性に優れているのは大きな強みと言えます。

 

取引手数料はBTC/JPY取引は無料で、ETHを含む通貨ペアの場合はTaker0.1%、それ以外の通貨ペアではTaker0.25%となっています。0.25%はちょっと高いですね。

なお、BTC/ETH/QASHはレバレッジ取引も可能で、最大レバレッジは25倍です。手数料は建玉1日につき0.05%となっています。

 

QUOINEXの口座開設方法

まずはトップページから「口座開設はこちら」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111231041j:plain

まずは居住国を聞かれますが、日本人の場合はそのまま次へ。

メールアドレスとパスワードを入力し、チェックを記入して下にスクロールします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111231525j:plain

氏名、生年月日、性別、国籍を入力しチェックを入れたら下にスクロールします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111231654p:plain

住所と携帯番号を入力し、職業を選択して下へ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111231805p:plain

以下は収入と投資に関する質問です。証券会社の口座開設で聞かれるのと同じような形ですね。これも正直に答えていきましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111232005p:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111232049p:plain

全ての回答を終えたら「次へ」をクリックし、入力内容を確認しましょう。

入力内容を送信すると確認メールが送られてきます。開封して「Confirm my account」をクリックすれば、口座開設手続きは終わりです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111232417j:plain

数日後に郵送されてくる簡易書留を受け取った時点で口座開設が完了します。

 

二段階認証の設定方法

ログイン後、画面一番左上の「三」みたいなタブアイコンをクリックしてメニューを開き、二段階認証をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111232818j:plain

Google AuthenticatorアプリからQRコードを読み取ってQUOINEX専用の認証コードを取得し、入力フォームに発行されたコードを入力して送信すれば二段階認証が設定されます。

二段階認証は不正アクセス防止のためにも必ず設定しておきましょう。どの取引所でも仮想通貨がウォレットから盗まれる事件が多発しているので、要注意です。

 

QUOINEXへの入金方法

日本円を入金する

画面上部の「入出金」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111233502j:plain

「銀行口座を設定する」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111233824j:plain

あなたの振込および出金先に使用する銀行の情報を入力し、同時に通帳など銀行の存在を証明する書類画像をアップロードして銀行情報を登録します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111234259j:plain

前の画面に戻って、入金したい金額を記入して「送信」ボタンを押すと、入金履歴の箇所に「入金未確認」のデータが反映されるのでクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111234809j:plain

下にスクロールすると、住信SBIネット銀行の振込口座が書いてあるので、そこ宛に入力した金額を送金してください。

金額が違ったり、記載の指示通り入金IDを振込名義の前に付けるのを忘れたりすると、着金が遅くなったり反映されなかったりする場合があるので注意してください。

 

なお、「クイック入金」を選ぶと、コンビニでの支払いも選べるようになります(コンビニ端末を利用しレジで支払う)。お好きな方でどうぞ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111235133j:plain

仮想通貨の入金方法

入金したい仮想通貨をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111235329j:plain

すると右ウィンドウにQRコードと送金用アドレスが表示されるので、間違えないように通貨を送金しましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180111235636j:plain

所定のConfirmationの後に着金します。少々時間がかかるので、気長に待ちましょう。

 

仮想通貨を簡単に購入する手順

QUOINEXの取引画面は好みに合わせてカスタマイズが出来るのですが、ぶっちゃけかなり使いづらいです。普段QUOINEXを使っていない僕にはストレスでなりません。

ですが、そんなユーザーの苦労を見越してか、仮想通貨の売買だけは簡単に行うことができるので、その手順を説明します。

 

ホーム画面から「スピード注文」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180112000020j:plain

上段で支払いに使う通貨と支払い数量を入力し、下段で欲しい通貨を入力します。欲しい通貨の数量は上段の内容によって自動で入力されるので気にしなくてOKです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180112000548j:plain

「注文する」ボタンを押せば成行注文が行われ、約定すれば取引が完了します。

 

QUOINEXはまだまだ発展途上で、LIQUIDがリリースされれば大きく化ける仮想通貨取引所です。

今のところはZaifbitbank.ccなど、より手数料も安くて使いやすい優秀な取引所があるので無理に使う必要はありませんが、今後の利便性を考えたら、今のうちに口座開設するのも良いかと思います。

QUOINEXでは今後ICOもサポートしていく計画もあるようですし、個人的にQUOINE社はZaifやCOMSAなどを扱うテックビューロ以上に実力を見て取れるので期待大です(QASHトークンも販売期間数日だったのにCOMSAの調達額を上回ったし)

 

【次はこの記事もオススメ】

XRP手数料最安!bitbank.cc(ビットバンク)の使い方・口座開設方法

⇒リップル(XRP)やライトコイン(LTC)といったアルトコインを安く購入したいのであれば、ビットバンクが最強です。サーバーが混んでないのも良いところ。

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をおすすめする理由と注意点

⇒Zaifではビットコイン、イーサリアム、NEM、ビットコインキャッシュといった通貨をお得に購入できます。また、日本のICOの要となる「COMSA」のCMSトークンもZaifなら購入可能ですよ。