20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

仮想通貨取引所QUOINEXによる大型ICO【QASH】の概要

※トークンセールは終了しました

f:id:kyoheing-on-japan69:20171105155834p:plain

COMSAに次いで、日本サービスの大型ICO案件が明日からトークンセール開始です。

仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」がローンチする「QASH(キャッシュ)」というトークンです。

このQASHはQUOINEXに「LIQUIDプラットフォーム」と呼ばれる新たな機能を搭載し、仮想通貨の流動性をより高める金融サービスを提供するために発行されます。

 

日本発のICOということで国内でも注目度が高いようですので、概要を以下にまとめておきます。

投資に興味のあるあなたはぜひご一読ください。セール期間は6日~8日までと非常に短いのでご注意を!平日の忙しさにかまけてたら、上場まで買えなくなりまっせ。

 

【もくじ】

 

QASHの目的

QASHトークンの調達により整備される「QUOINEX LIQUIDプラットフォーム」では、「オーダーブック」と呼ばれる取引画面を用意し、世界中の仮想通貨取引所の注文を一手に行えることを目指しています。

つまり、あなたはQUOINEXにアクセスすれば、日本のbitFlyerの注文も、海外のPoloniexやBinanceといった取引所の注文も、いっぺんにまとまった取引板が見られ、実際に売買を行えるということです。

これにより、マイナー通貨(インドルピーなど)対仮想通貨など流動性が低い通貨ペアの流動性を改善すると共に、世界各国の法定通貨で簡単に仮想通貨取引を行うことが可能になります。

 

すでにQUOINEXではUSD、JPY、SGD(シンガポールドル)という3種類の法定通貨を受け付けているアドバンテージがあり、今後LIQUIDプラットフォームが稼働することで、例えばカナダドルや英ポンドなどの取り扱いも行える形となるのです。

また、例えばBTCの売買において「ドイツ人がユーロで買い注文を行い、それに対してシンガポール人がBTCを売ってSGDを得る」ということも自動為替計算のもとで可能になります。

このように、一つのプラットフォーム上で世界中の複数の仮想通貨取引所の注文を一まとめにして取引ができる形になると、仮想通貨市場全体の流動性が向上し、時価総額もより一層増えていくことでしょう。

 

このシステムはホワイトペーパーに詳述されていますので、ぜひ確認してみてください▼

https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/liquid-site/quoine-liquid_v1.8_ja.pdf

 

QASHトークンの概要

QASHトークンは、QUOINEが取り扱う全てのプラットフォームにおける決済通貨として利用することができます。

また、ビットコインなど他の仮想通貨と同様、他社もQASHを扱った決済サービスなどを行うことができます。「全ての金融サービスの決済に使われる推奨トークン」の立場を目指しているようですね。

また、QASHトークン保有者には以下のインセンティブも付与されるようです。

QASH保有者は、定期的なプロモ-ション、手数料の割引、新商品/新サービスへの優先的なアクセスおよびQUOINEが立ち上げを支援する将来のICO/トークンセールへの投資機会を得ることになります。

 

トークンの発行総数は10億QASH。そのうちトークンセールでは最大2.5億QASH(約85億円)が販売され、レートは1QASH=0.001ETHとなります。

トークンセールでは全体の25%が最大で発行されます。残りの数量も踏まえたトークンの配分は以下の通りです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171105153717p:plain

 

トークンセールについて

トークンセールの開始は11/6の午前1時1分。終了は9日の0時59分となっています(日本時間)。

最低投資額は0.5ETHからで、購入はQUOINEX上で行います。

まだQUOINEXの口座登録をしていない方は、急いで口座開設すればトークンセールにも間に合うかもしれません(僕は登録から3日ほどで本人確認が届きました)。情報遅くてすみません。

 

今後のプロジェクトスケジュール

QUOINE LIQUIDプラットフォームは2018年の第2四半期にリリースを予定しています。また今年末~翌年第1四半期の間にベータ版のリリースを予定しています。

その他の予定は以下ホワイトペーパーより図を引用しますのでご覧ください。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171105154544p:plain

世界中の法定通貨でより気軽に仮想通貨取引ができるようになり、また国家間のスプレッド解消や全体的な出来高の増加が見込めるプラットフォームとは何とも素晴らしいですねー。

僕はセールの動向を見ながら投資するかどうか考えたいと思います。サービスとしてはとても利用してみたいですね!

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒COMSAのトークンセールはいよいよ明日で終わり。QUOINEXとは入れ違いですねー。COMSAに興味のあるあなたは今日がICO投資のラストチャンスです。

⇒日本じゃちっとも注目されていないのですが、既に製品もあって欧州で利益も上げている「Worldcore」は金融系ICOの注目案件です。こちらもいかが?

⇒また、プレセールで30億円近くを調達したBANKERAも金融サービスでは注目度の高いICO案件です。こちらもトークンセールを月末に控えています。