仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

NEM(XEM)を購入できる仮想通貨取引所一覧とベストな買い方

f:id:kyoheing-on-japan69:20180331173107j:plain

皮肉にもコインチェックでの盗難事件でいっそう名が知れた仮想通貨・NEM(XEM)。現在はピーク時から大きく値を下げているものの、依然として評価の高いコインです。

正確に言うと、「NEM」は仮想通貨(トークン)を生成・取引・管理できるプラットフォーム。そして「XEM」はNEMの公式トークンで、取引所で「NEM」という名称で流通している通貨になります。覚えとかないと混乱するぜい

 

日本ではZaifを運営するテックビューロ社の朝山代表がNEM財団の理事として積極的に開発・PRを行っていたり、NEMベースのサードパーティツールやトークンの開発も盛んだったりと、特に強い人気を博しています。

※その影響もあってかZaifではかなりのNEM推しで、日本の仮想通貨取引所では一番有利に購入することが可能です(後述)。

 

NEMの時価総額は18/3/31時点では15位。今までは10位前後を行き来していましたが、コインチェック事件の動乱も影響したのか少し順位を落としています。

しかし、依然としてNEMを基盤としたアプリケーションやトークンの開発は盛んで、日本でも海外でも引き続き熱い視線が注がれています。

 

そんなNEMの主な特徴は以下の通りです。

  • 「金持ちがより金持ちになる」ことを否定し、通貨保有量と取引頻度などで報酬が決まる「POI」というマイニング方式を採用していること
  • 誰でも簡単にNEMベースのトークン(モザイクと呼ぶ)を作成できること
  • 企業の支払い手続きや稟議決裁などに使用できるマルチシグウォレット機能があること

また、ブロック生成時間が1分とビットコインに比べて1/10の短さのため、送金~着金までが早く、手数料も安いです。

このため、NEMコミュニティ内ではXEM決済ができるサービスの導入が急速に進んでおり、こうした活発なコミュニティこそがNEM価格上昇の秘訣になっているとも言われています。

▲nem barはもう営業スタートしていて、Twitter界隈では結構話題になってます。

(僕もXEM決済ができるお店とかフリマに行きたいんだが、地方在住だとむつかしいね)

 

ですが、仮想通貨はまだまだマイノリティで、ビットコインすら一部の人しか購入していません。まして時価総額15位程度のNEMなんて全然世の中に浸透しているとは言えません。

つまり、NEMはまだまだこれからだし、XEMの価格上昇も将来的に見たらまだまだこれから、と言える可能性も十二分にあり得るということです。

今回は、そんなNEM(XEM)が購入できる仮想通貨取引所の一覧と、どこで購入するのが良いのか(一部ネタバレしたけど)を共有したいと思います。

 

【もくじ】

 

NEM(XEM)が買える取引所一覧

NEM(XEM)は18/3/31時点で、世界各国30弱の仮想通貨取引所で取引を行うことができます。そのうち日本の取引所で売買が可能なのはZaifCoincheck(XEM休止中)DMMビットコインの3つです。

以下、XEMを購入できる取引所の一覧です(CoinMarketCapより、時価総額上位順)。

 

Zaif

Bittrex

Binance

CoinTiger

Huobi

Poloniex

Upbit

HitBTC

OKEx

Koineks

Exrates

Livecoin

Cryptopia

Bitcoin Indonesia

AEX

Vebitcoin

YoBit

LiteBit.eu

BTC Trade UA

COSS

Cryptomate

Abucoins

Qryptos

BTC-Alpha

Coinbe

Crex24

(Coincheck:販売所のみ)

(DMM Bitcoin:レバ取引のみ)

 

XEM購入おすすめランキング 1位はZaif

上記のように、XEMは多数の仮想通貨取引所が取り扱っており、活発に売買がなされています。

その中でも売買におすすめしたい仮想通貨取引所ベスト3を個人的にランキングしてみると、以下のようになります。

 

1位:Zaif

一番のおすすめはZaif。当然ですが完全日本語対応で、取引は世界的に見ても非常に活発。テックビューロ社代表がNEM財団に所属しているだけあり、力の入れようも違います。

Zaifは取引手数料が安く、maker(注文を出す時)0%、taker(注文が約定した時)0.1%と、XEMを購入できる取引所の中でも安いです。

日本人がXEMを購入するならZaifが一番おすすめですね。ただしサーバーが弱いので、混雑時の利用は避けましょう。

※余談ですが、ZaifトークンとCMS:XEMトークンはNEMベースのモザイク(トークン)です。ここでもNEM推しなのが見て取れます。

 

2位:Binance

海外でXEMを購入するなら、大手取引所のBinance(バイナンス) が一番良いと思われます。

Binanceは世界トップクラスの人気を誇る仮想通貨取引所で、取引手数料は0.05%と非常に安く、セキュリティや運営体制も強固で評判が高いです。

もちろん海外の取引所なので、Zaifのように日本語やJPY対応はしていませんが、XEMも含め取引が非常に活発ですし、サーバーも安定していてどの通貨も流動性が高いため、とても使いやすいです。

バイナンスは英語や海外取引所に抵抗が無ければ、積極的に利用をすすめたい取引所の一つでもあります。過去記事仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方、入金、購入方法と強みもぜひご一読を。

 

3位:Coincheck(取引休止中)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※XEM盗難事件を受けて現在取引休止中。取引が再開され、またコインチェック社の経営体制が安定化するまでは、他の通貨の取引も含め利用は推奨しません。

仮想通貨投資初心者に対して一番売買が分かりやすいのはCoincheckでしょう。

ただし、こちらはユーザー間でP2P取引を行う「取引所形式」ではなく、Coincheck社とXEMを販売手数料込みの価格で売買する「販売所形式」です。

この販売手数料は購入・売却時の価格差(スプレッド)に表れていますが、数%とかなり大きいので、可能な限りZaifで売買することをおすすめします。

 

Zaifの口座開設方法・XEMの買い方

なお、Zaifで口座を開設する手順と仮想通貨(ビットコイン、XEMなど共通)を購入する方法については、「仮想通貨の始め方⇒口座開設からビットコインを購入する手順まで」という記事で解説しているのでご参照ください。

 

テックビューロは社員数の少ないベンチャー企業で、かつZaifは人気が殺到しているため、口座開設の申請から完了(簡易書留の受取)までは結構時間がかかります。

「登録申請したのに全然音沙汰が無い!!」からと言って詐欺とかでは決してないので、口座開設手続きを行ったらゆっくり郵便が来るまで待ちましょう。。。

 

無事書留を受け取ってお金をZaifに入金したら、あなたも晴れてNEMホルダーになれます!

XEMは18年1月のバブル時ピークから大きく値を下げていますが、日本での活発なコミュニティや、テックビューロのmijin等のBtoBの動き(これ一番重要)、アップデートによる性能アップなどを鑑みると、再度の値上がりも十分期待できるはず。

僕はNEMの未来に期待しているので、この価格爆下げの地合で少しずつ買い増しをしようと思います。もしあなたもNEMに期待するのであれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【次はこの記事もオススメ】

とうとうBinanceにNEM(XEM)が上場!今よりも低手数料&安心に買える

⇒BinanceがXEMを扱うようになったのは結構最近なんですが、これによってZaif以上に便利に購入できるようになったんですよね。その内容をまとめています。

代表的な仮想通貨の種類と特徴&どの取引所で買うのが一番安い?

⇒時価総額上位の主要な仮想通貨について、それぞれどこの取引所で購入するのが一番お得かを解説しています。NEM以外にも興味のある通貨があるなら、どうぞご覧あれ。

ZaifやGMOコインなど業務改善命令を受けた取引所の無難な使い方

⇒金融庁から業務改善命令を受けたZaifに不信感を抱いているあなたは、XEMを購入する前にこの記事を読んでうまい使い方を考えておくのをオススメします。。。