仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

「Ledger Nano S」を最も安全かつ安く購入できる方法

いまだ解決しないコインチェック事件。XEMの弁済もさることながら、仮想通貨の売買・出金もいまだ制限が解除される兆しがなく、僕の仮想通貨資産もいくらか凍結された状態が続いています。

その反省を受けて、ようやくハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を導入しました。これで仮想通貨取引所のウォレットに仮想通貨を置いておくよりも、安全に自分の仮想通貨を保管できるようになります。

※コインチェックはXEMをホットウォレット(オンライン上に保管されるウォレット)に保管した状態で盗まれましたが、Ledger Nano Sのようなハードウェアウォレットはオフライン環境で仮想通貨を保管する「コールドウォレット」に該当します。より安全性が高いと言われています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180226214340j:plain

しかし、このLedger Nano S、ハードウェアウォレットでは最も売れている定番の商品であるものの、それがゆえに保管された仮想通貨を盗むための細工が仕込まれた中古品を掴まされる事件も出てきています。

Ledger Nano Sは下記のようにAmazonでも購入できるのですが、Ledgerの正規代理店ではないユーザーによる出品もあり、細工品を掴まされるリスクがあるため要注意です。

確かにAmazonで購入するのは便利なのですが、そういったリスクもある上、実はけっこう割高であることも否めません。

Ledger Nano S自体それなりのお値段がするものなので、ここも結構大きなポイントなんですけどねぇ。。

 

今回は、実際に僕も実践した「Ledger Nano Sを最も安全かつ安価に買うための方法」についてまとめます。

手順に従えば決して難しくはないので、コインチェックの二の舞(GOX)を踏みたくないと考えるあなたは、ぜひ実践してみてください。

 

Ledger Nano Sの公式サイトで購入

今回紹介する方法は単純明快。 

Ledger Wallet - Hardware wallets - Smartcard security for your bitcoins

Ledgerwalletの公式サイトからLedger Nano Sを購入する、というものです。

公式サイトからの購入のため、細工品を掴まされる心配は99.9%ありませんし、送料を含めても販売代理店から購入するよりだいぶ安く買うことができます。

フランスのサイトなので、「ちょっと日本語が変」「国際便なので注文~到着まで時間がかかる」「決済通貨はユーロ」というクセはあるものの、安全性と値段を考えると公式サイトが最も賢い選択肢になりそうです。

ちゃんとクレジットカード決済が使えますし、何も難しいことはありません。以下手順に従って購入を進めていきます。

 

まずは、Ledgerwalletの公式サイトにこちらからアクセスしてください

そしたら画面を下にスライドして、以下の箇所をクリックします▼

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227210018p:plain

商品ページで「カートに追加」ボタンを押すと購入画面に移ります。Ledger Nano S一つで保管できる仮想通貨は4種類までなので、それ以上の通貨を保管したい場合や予備が欲しい場合などは2個以上購入しても良いと思います。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227210318j:plain

ちなみに、執筆時点(18/2/27)での価格は1つにつき79ユーロ。約10,400円です。日本への配送料および関税はかかりません。

Amazonで正規代理店から購入すると15,000円程度はかかるので、直接購入のほうがかなりお得だということが分かります。

カートに商品を入れたら「お支払い」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227210746j:plain

お届け先の郵便番号を入力し、配送方法を選択します。配送は注文から7-21日で到着する通常の便と、3-5日で到着するUPSエクスプレス(送料28.10ユーロ)を選べます。どちらでも荷物のトラッキングは可能です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227211251j:plain

画面を下にスライドし、個人情報をローマ字で入力していきます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227211802j:plain

また画面をスクロールし、「私は利用規約に同意します」と「Important Notice」の欄にチェックを入れます。ニュースレターを読みたい方はそちらにも。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227212008j:plain

なお、「Important Notice(大切な注意事項)」の訳は以下の通りです。

  • 配送先が正しいか確認してください。
  • 通関手数料は配送業者もしくは通関業者が請求を行います。疑問が生じた場合は地域のサービス業者へ確認してください。この製品の関税コードは8471.80です。
  • お客様が関税の支払いを拒否した場合や誤った配送先を指定した場合の返金依頼は受け付けておりません。

Ledger Nano Sを一本購入するだけなら関税・通関手数料はかかりませんが、二本以上購入する場合は免税点となる16,666円を超えると見られるため発生すると考えてください。

関税の仕組みとかかる金額については、「簡単 図でわかる! 個人輸入に必要な関税・消費税 まとめ」という記事に分かりやすくまとまっているのでご参考に。

 

チェックを入れたらまた下にスクロールし、決済方法を選択します。

ビットコイン決済、VISA・MASTERカード決済、PayPal決済のいずれか好きなものを選び、「続ける」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180227213417j:plain

遷移した画面で注文内容を再確認し、問題がなければ支払いに進みます。

指示に従ってビットコインの送金やクレジットカード情報の入力、PayPalへのログインを行って決済を完了してください。

決済の完了後、Ledgerからお知らせメールが届き、配送の手続きがスタートします。後日、配送状況に関するメールがちょくちょく届くので安心です(もちろん荷物追跡ページURLも送られてきます)。

 

以上の手順を踏むことで、日本の代理店から購入するよりも安く、そして最も安全にLedger Nano Sを購入することができます。

注文から到着までどうしても時間がかかるのは玉にキズですが、価格と安全性を考えたら公式サイトから購入するのがオススメです。

 

あなたも仮想通貨取引所に預けた仮想通貨を失いたく(もしくはコインチェックのように凍結されたく)なければ、早めにハードウェアウォレットを導入するのが良いと思いますよ。

少しお値段は張りますが、取引所に数百万円分の仮想通貨を預けておいて、ハッキングで盗まれたり、取引所が破綻(GOX)して通貨ごと消滅したりするリスクから考えたら安いもんだと思います。

 

仮想通貨の世界は本当に魑魅魍魎が跳梁跋扈する奇想天外な三千世界、危機一髪でもうまく資産を保全するために万全を尽くしておきましょう。

意味もなく四字熟語を多用して文字数稼ぎをしたところで、今日はおさらばです。

 

>Ledger Nano Sの公式サイトにアクセス<

 

【次はこの記事もオススメ】

コインチェックに資産を凍結された人が今後に絶対取るべき対策

⇒この記事は弟分?です。僕はコインチェックに資産を凍結されて絶賛痛い目を見ているので、Ledger Nano Sの導入を決めました。

事前登録受付中!アトミックスワップ対応DEX「altcoin.io」の概要

⇒仮想通貨のセキュリティ対策には、「DEX」と呼ばれるブロックチェーン上で機能する仮想通貨取引所をメインに利用することも手段の一つです。altcoin.ioはこれからこれから生まれるDEXで期待株の一つです。

XRP手数料最安!bitbank.cc(ビットバンク)の使い方・口座開設方法

⇒また、全ての仮想通貨を安全性の高いコールドウォレットで管理しているビットバンクなんかをメインの取引所にするのも有効です。仮想通貨取引所を選ぶにあたって、セキュリティが大事ということは十分ご理解いただけるかと。