20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

香港の仮想通貨取引所「Kucoin」を使うメリットと口座開設方法

8月にオープンしてから、かなりの勢いで取扱通貨も増え人気が上昇している香港の仮想通貨取引所「Kucoin」に口座を開設しました。

Kucoinは「口座開設が簡単」「マイナー通貨、トークンの取扱いがある」「P2P取引で手数料が安い」「専用のKCSトークンを保有すると利益分配が受けられる」「日本語対応(精度怪しいけど)」といったメリットがあります。

僕が使う海外の仮想通貨取引所としてはEtherDeltaに次ぎ2番目なのですが、取扱通貨やトークンのインセンティブ等を考えると、Kucoinのような海外取引所を利用する方がメリットが大きいかもしれませんね。

 

以下、Kucoinの詳細および申込方法などをまとめていきます。

 

【もくじ】

 

Kucoinの概要

Kucoinは8月に立ち上がった香港の仮想通貨取引所です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107144914j:plain

BTC/ETH/NEO/USDT建てで、計28種類の仮想通貨・トークンをP2P取引で売買することができます(17/11/7時点)。

上記4つ以外の通貨の取り扱いは、KCS/ RPX/ CAG/ MOD/ VEN/ WTC/ XAS/ NEBL/ REQ/ DGB/ HSR/ KNC/ OMG/ EVX/ GAS/ LTC/ MTH/ QTUM/ BTM/ EOS/ CVC/ PAY/ SNT/ BHCとなっています。

 

Kucoinでは主にICO実施からあまり日が経っておらず、かつKucoinが厳選した通貨・トークンを主に取り扱っているようです。

日本ではあまり馴染みのないトークンもありますし、あなたも上記のティッカーシンボルが何の通貨を表すのか分からないものが多いのではないでしょうか?

 

また、保有しているとKucoinで発生した取引手数料の一部分配を受けられるKCSトークンも、Kucoin内で購入することが可能です。

 

Kucoinに口座開設するメリット

冒頭にも触れましたが、Kucoinのメリットは主に「マイナー通貨、トークンの取扱いがある」「P2P取引で手数料が安い」「専用のKCSトークンを保有すると利益分配が受けられる」といったものがあります。

 

前項で触れた通り、KucoinではICOから間もない期待株の仮想通貨・トークンの取扱いが多いため、他ではあまり買えない珍しい品揃えになっています。

また、ICOにより発行されたトークンはイーサリアムベースのことが多いため、今までETHでしか買えなかったものも多いです。しかし、KucoinではETHの他にBTCやNEO、USDTでも購入することが可能です(NEO、USDTは一部のみ)。

手数料も購入時0.1%、売却時は無料~通貨によって様々ですが、良心的な価格帯です(詳細はこちら)。

 

そしてKucoinオリジナルのKCSトークンには、保有しているとKucoinで発生した手数料収入の半額を毎日分配してもらえるというメリットがあります。

トークン保有量に応じた手数料の概算を計算できるサービスもあるので、ぜひ使ってみてください。

また、一定数以上のKCSトークン保有者に対する手数料の割引や、将来的には特別な投資の案内やカスタマーサポートのファストパス提供なども予定しているようです。

 

なお、将来的にKucoin開発チームは分散型取引所(DEX)を開発する計画もあり、KCSトークンはそのDEXにおけるGAS(手数料として使われるトークン)として用いられることにもなるようです。

KCSトークン自体もKucoinのシェア拡大につれて価格が上昇する期待もあります。既に公開時より値上がりはしていて、人気のほどが伺えますね。

 

Kucoinでの口座開設方法

Kucoinでの口座開設は日本の仮想通貨取引所よりも簡単です。

まずトップ画面右上の国旗ボタンをクリックして、言語を日本語にしておきましょう(デフォルトは英語になっているはず)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107152611p:plain

日本語に変更したら、青いボタンの「会員加入(英語でSign upSign up)」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107152814j:plain

メールとパスワードを入力して「次」をクリックします。「初代コード」は無視して構いません。

すると記載したメールアドレスに認証メールが送られてきますので、URLをクリックすれば完了です。届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してください。

 

ログイン後は二段階認証の設定もしておきましょう。ログイン後画面に二段階認証設定ページへのリンクがあるので、Google認証システム等でQRコードを読み取って設定します。

 

Kucoinで仮想通貨を買う方法

さて、Kucoinの日本語訳は非常に怪しいレベルなので、「何コレ?」となる部分もいくつかあります。

少し分かりづらいので、念のため仮想通貨を購入する手順まで記載しておきますね。

 

BTC/ETHの入金方法

まずはKucoinで仮想通貨を購入するためのBTCもしくはETH(NEO、USDTでも構いませんが、購入できる通貨ペアが少ないです)の入金方法について解説します。

 

①画面上部の「資産」>②左側の「ディパジツ(デポジットの事ですね…)」>③入金するコインをプルダウンボックスから選択>④ウォレットアドレスに送金 という流れになります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107154020j:plain

なお、画面下部には注意書きが書かれていますが、正しい意味は以下の通りです。

・入金の反映には(BTC:3回、ETH:12回)のトランザクション承認が必要となります。

・このウォレットアドレスはあなた専用で、何度でも自由に使用できます。

・このアドレスは(BTC/ETH)専用です。その他の通貨を送金した場合は失われます。

 

次はコインの購入方法です。

①マーケット>②購入に使用したい通貨>③購入したいコイン の順番でクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107154715j:plain

①売板の「プライス」の価格(基本的には最も安いもの)をクリック>②購入するトークン(ここではKCS)の数量を入力>③二段階認証コードを入力 と進めて「買収」ボタンをクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107155208j:plain

すると指定した価格で買い注文が出て売買が成立し、あなたのウォレットにトークンが反映されます。

なお、現在の売板最安値よりも安い単価で指値を行いたい場合は、「プライス」の欄に購入希望額を手入力すればOKです。

 

あなたも海外取引所にレッツトライ!

以上、Kucoinについてお伝えしました。

日本の仮想通貨取引所では買えない通貨・トークンが色々ある上、オリジナルのトークンを持っていれば収益分配も受けられるというメリットはなかなか無いですよね。

海外の取引所は日本国内よりも口座開設が簡単(郵送による認証がない)ですし、あなたも試してみてはいかがでしょうか。

口座開設は以下トップページからできますよ▼

仮想通貨はボーダーレスなのがやっぱり嬉しいです。その他の投資だったら、なかなか海外の商品を買うのって難易度が高いですからねぇ…詐欺も多いですし。

日本だけに目を向けていたらとても視野が狭くなってしまうので、こうして海外にまで目を向け、海外サービスを気軽に利用できるのは素晴らしいですな!

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒日本の仮想通貨取引所「QUOINEX」は、世界中の仮想通貨取引所の注文を一手に集めて取引ができる「オーダーブック」なる機能を開発しようとしてます。熱盛!!

⇒記事の最後に僕が言わんとしていることはコレです。日本国内の規制によって損していることって、実はいっぱいあるんですよ…。特に投資の世界は顕著なんです。

⇒海外の話にも積極的に手を伸ばし、理解しようと努力する。それをするだけであなたが得られるチャンスは大きく増えるはずですよ!