仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

RaiBlocks(XRB)も買える!Kucoin(クーコイン)の使い方、口座開設方法

8月にオープンしてから、かなりの勢いで取扱通貨も増え人気が上昇している香港の仮想通貨取引所「Kucoin(クーコイン)」。

Kucoinは「口座開設が簡単」「マイナー通貨、トークンの取扱いがある」「P2P取引で手数料が安い」「専用のKCSトークンを保有すると利益分配が受けられる」「日本語対応(精度怪しいけど)」といったメリットがあります。

 

取扱通貨も日本では扱っていない注目コインが多数取り揃えられており、特に最近話題のRaiBlocks(XRB)やUTRUST(UTK)、収益分配が貰える独自トークンのKuCoin Shares(KCS)などが活発に取引されています。

日本語対応はまだまだ不十分な所はありますが、口座開設も簡単な上に使いやすいのでおすすめです。

 

以下、Kucoinの詳細および申込方法などをまとめていきます。

 

【もくじ】

 

Kucoinの概要

Kucoinは8月に立ち上がった香港の仮想通貨取引所です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107144914j:plain

BTC/ETH/NEO/USDT建てで、計68種類の仮想通貨・トークンをP2P取引で売買することができます(18/1/7時点)。KuCoinの取扱通貨一覧はこちらから確認できます。

Kucoinでは主にICO実施からあまり日が経っておらず、かつKucoinが厳選した通貨・トークンを主に取り扱う方針とのこと。

日本では購入できない通貨も多く、またオリジナルのKCSトークンをはじめ、RaiBlocks(XRB)、DeepBrainChain(DBC)、DragonChain(DRGN)などなど、ライバルのBinanceにも負けず劣らず注目のコインの品揃えが豊富です。

 

なお、KCSトークンを保有していると、Kucoinで発生した取引手数料の一部分配を受けられる特典や取引手数料が安くなる特典もあるため、とても人気が高くなっています。

 

Kucoinでの口座開設方法

Kucoinでの口座開設は日本の仮想通貨取引所よりも簡単です。

まずトップ画面右上の国旗ボタンをクリックして、言語を日本語にしておきましょう(デフォルトは英語になっているはず)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107152611p:plain

日本語に変更したら、青いボタンの「会員加入(英語でSign upSign up)」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107152814j:plain

メールとパスワードを入力して「次」をクリックします。「初代コード」は無視して構いません。

すると記載したメールアドレスに認証メールが送られてきますので、URLをクリックすれば口座開設は完了です。届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してください。

 

二段階認証の設定方法

口座開設が完了してログインできたら、必ず二段階認証の設定をしておきましょう。

ログイン後、上部の「設定」をクリックし、「グーグル 2-ステップ」をクリックして設定画面に行きます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180107135904j:plain

するとQRコードが表示されるので、Google Authenticatorアプリでそれを読み取り、発行されたKucoin専用の認証コードをフォームに記入して「提出」ボタンを押せば完了です。

なお、Google Authenticatorをインストールしていない方は、先に同画面にあるアプリストアへのリンクからアプリをインストールしてください。

どの仮想通貨取引所でも二段階認証は絶対設定しておくべきなので、面倒くさがらずにきちんとやりましょう。不正ログインに遭って仮想通貨が盗まれる事例を毎日のように耳にするほど、仮想通貨市場は危険ですからね。

 

Kucoinで仮想通貨を買う方法

さて、Kucoinの日本語訳は非常に怪しいレベルなので、「何コレ?」となる部分もいくつかあります。

少し分かりづらいので、念のため仮想通貨を購入する手順まで記載しておきますね。

 

BTC/ETHの入金方法

まずはKucoinで仮想通貨を購入するためのBTCもしくはETH(NEO、USDTでも構いませんが、購入できる通貨ペアが少ないです)の入金方法について解説します。

①画面上部の「資産」>②左側の「ディパジツ(デポジットの事ですね…)」>③入金するコインをプルダウンボックスから選択>④表示された送金用アドレスに送金 という流れになります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107154020j:plain

なお、画面下部には注意書きが書かれていますが、正しい意味は以下の通りです。

・入金の反映には(BTC:3回、ETH:12回)のトランザクション承認が必要となります。

・このウォレットアドレスはあなた専用で、何度でも自由に使用できます。

・このアドレスは(BTC/ETH)専用です。その他の通貨を送金した場合は失われます。

 

仮想通貨の購入手順

次はコインの購入方法です。

①マーケット>②購入に使用したい通貨>③購入したいコイン の順番でクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107154715j:plain

 

f:id:kyoheing-on-japan69:20180110114630j:plain

①に買い指値、②に購入する通貨数量を入力して「買収」ボタンを押せば買い注文が完了します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180110115059j:plain

 

なお、①のフォーム右側には売り板に並んでいる最も安い価格が表示されており、それをクリックすると自動でその価格が買い指値に反映されます。便利なので有効活用しましょう。

また、②の購入数量に関しては、フォームの下に保有通貨数の割合(%)に応じて購入数を自動入力できるスライダーも用意されているので、こちらもなかなか便利ですね。

なお、自分の現在の通貨保有数量を調べるには、右上の$マークにカーソルを合わせればOKです。Kucoinの取引画面は全体的に使いやすいし軽いのでオススメ。

 

Kucoinに口座開設するメリット

冒頭にも触れましたが、Kucoinのメリットは主に「日本では買えない通貨が豊富で、注目のコインも多い」「P2P取引で手数料が安い」「専用のKCSトークンを保有すると利益分配が受けられる」といったものがあります。

 

KCS、XRB、DBC、DRGNなど人気通貨も豊富

前項で触れた通り、KucoinではICOから日の浅い期待株の仮想通貨・トークンの取扱いが多いため、他ではあまり買えない珍しい品揃えになっています。

1月時点で約70種類もの通貨を扱っており、その中にはオリジナルのKCSトークンやXRBなどの人気通貨をはじめ、日本では買えないものが数多く取り揃えられています。

ライバルのBinanceに上場した通貨は「Binance銘柄」と呼ばれて価格上昇が期待されていますが、DBCなどはにわかに「Kucoin銘柄」なんて呼ばれ方も出てきています。

Kucoinは時価総額も大きいので、あまり人気のない通貨でなければ流動性を気にすることもないのがとても嬉しいところです。中堅以下の取引所だと「売りたくても売れない!」という悩みが出てくるので…。

 

取引手数料も0.1%と安め

Kucoinの取引手数料は購入時0.1%とお安いです。良心的な価格帯なので安心して取引ができますね。また、送金手数料も比較的安めです(BTCは0.0005BTC)。

手数料の一覧はこちらから確認できます。

なお、後述の通り、KCSトークンを一定数以上保有しているユーザーに対しては、取引手数料の割引もあります。これは嬉しい!

 

KCSトークンで収益分配&手数料割引!

そしてKucoinオリジナルのKCSトークンには、保有しているとKucoinで発生した手数料収入の半額を毎日分配してもらえるというメリットがあります。

Kucoinボーナスについて詳しく説明している公式動画のリンクを貼っておきます▼

KCSトークンの保有量に応じて分配額が按分されるので、より多くのKCSを保有していれば、その分日々の手数料収入も多くなります。

トークン保有量に応じた手数料の概算を計算できるサービスもあるので、ぜひ使ってみてください。

 

また、保有量1,000KCS(1/10時点で約186万円)ごとに取引手数料が1%割引になる特典もあり、最大で30%まで割引を受けられます。

さすがに必要なトークン数と割引額がちょっと割に合わない(200万円分買っても0.001%しか割引なし)と思うので、これはあまり気にすることも無いかな…という特典ですが、ご参考まで。

 

他にもKCSトークン保有特典あり!

また、一定数以上のトークンホルダーに対しては、将来的に個人あてに特別な投資の案内やカスタマーサポートのファストパス提供なども予定しているようです。

なお、将来的にKucoin開発チームは分散型取引所(DEX)を開発する計画もあり、KCSトークンはそのDEXにおけるGAS(手数料として使われるトークン)として用いられることにもなるようです。

KCSトークン自体もKucoinのシェア拡大につれて価格が上昇する期待もあります。実際にKCSも値上がり基調となっており、取引所共々人気のほどが伺えますね。

 

豪華な取引コンペイベントも頻繁に開催

また、KucoinではBinanceなどと同様、特定の仮想通貨の取引量を競うコンペティションイベントも頻繁に開催されています。

例えば、2018/1/9~13で行われるRedPulse(RPX)トークンのコンペティションでは、取引高1位のユーザーにはなんと超高級車である「ポルシェ911カレラ」が当たります。やばたん。

Kucoinは取引量の多い大手取引所の一角でもあるので、相当な資金力でトレードしないと上位は獲得できないですが…仮想通貨を売買してポルシェが貰えるなんて夢のようですね。

もちろん、1位を取らなくても51位以内に入ればトークンが貰えるので、ガッツリ取引ができる方はチャレンジするのも面白いんじゃないかと思います。

 

 

以上、Kucoinの口座開設方法から仮想通貨を購入するまでの手順についてお伝えしました。

日本の仮想通貨取引所では買えない通貨・トークンが色々ある上、オリジナルのトークンを持っていれば収益分配も受けられるというメリットはなかなか無いですよね。

 

海外の取引所は日本国内よりも口座開設が簡単(郵送による認証がない)ですし、あなたも試してみてはいかがでしょうか。多くの通貨を取引できるということは、それだけ稼げる可能性も上がるということですしね。

>Kucoinの口座開設はこちらから可能です<

 

 

【次はこの記事もオススメ】

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方、入金、購入方法と強み

⇒海外の仮想通貨取引所で最も勢いがあるのが取引高世界一のBinance。KuCoinはBinanceの後を追っかけている感じ?非常に取引が活発で、Binanceで上場した通貨はほぼ値上がりするほど、大注目されている取引所です。

RaiBlocks(XRB)が買える「MERCATOX」の口座開設方法

⇒XRBは草コインを大量に扱っている取引所・MERCATOX(メルカトックス)でも取引が可能です。取引手数料0.2%とKucoinより高いですが、こちらの方が価格がお得なら併用しても良いでしょう。

PACCOINも買える!魔境「Cryptopia」の使い方・購入方法

⇒上記のMERCATOXと同様の草コイン天国(地獄?)、それがCryptopiaです。今世界中の投機筋に大人気のパックコイン(PAC)の取引が活発すぎて、サーバーが落ちる羽目に。笑