仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

ZaifやGMOコインなど業務改善命令を受けた取引所の無難な使い方

f:id:kyoheing-on-japan69:20180205164659j:plain

コインチェックのXEM盗難事件を受けて、最近は金融庁が仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)に対して鬼のように目を光らせていますね。

金融庁は国内の仮想通貨交換業者(みなし業者を含む)に対して、業務の遂行に関する調査を行っており、3月8日に複数の事業者に対して業務停止命令および業務改善命令が下されました。

内訳は以下の通りです。

 

【業務停止命令】

FSHO

ビットステーション

【業務改善命令】

テックビューロ(Zaif)

GMOコイン

バイクリメンツ(Lemuria)

ミスターエクスチェンジ

コインチェック(2回目)

 

上記の通り、業務改善命令を受け取った中には、ZaifやGMOコインといった国内大手の仮想通貨取引所も存在します(まぁ、予想通りですが…)。

僕も仮想通貨取引所Zaifはよく利用しており、ビットコインの手数料がマイナスという点や、日本円でアルトコインを購入するのに便利なことから、このブログでも度々おすすめの取引所の一つとして紹介してきました。

しかし、今回の業務改善命令に見られるように、確かに運営面でずさんな部分が目立つため、その点に関しては注意喚起をしていかなければなりません。

 

以下にて各社へ下された命令の詳細および、業務改善命令を受けた仮想通貨取引所を今後利用していく際に気を付けるべきポイントについて説明をしていきます。

 

【もくじ】

 

業務停止命令の内容

以下、財務局ホームページの公示より引用です。

FSHO

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、複数回にわたる高額の仮想通貨の売買にあたり、取引時確認及び疑わしい取引の届出の要否の判断を行っていない。
また、取引時確認を検証する態勢が整備されていないほか、職員向けの研修も未だ行っていないなど、社内規則等に基づいて業務が運営されているとはいえない。当社は、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行を確保するために必要な措置を講じておらず、同法第63条の10(利用者の保護等に関する措置)の違反などが認められたことから、本日、以下の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。

(1) 業務停止命令
平成30年3月8日から平成30年4月7日までの間、仮想通貨交換業に係る全ての業務を停止(仮想通貨の交換等に関し利用者に対して負担する債務の履行等を除く)

(2) 業務改善命令
適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
 これまでの取引に関する取引時確認の実施及び疑わしい取引の届出の実行
 上記i.を確実に行うための態勢構築
 利用者情報の安全管理を図るための態勢構築
 法定帳簿の記載の適切な実施のための態勢構築
上記i.からiv.までの事項について、講じた措置の内容を平成30年3月22日までに書面で提出

ビットステーション

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、100%株主であった経営企画部長が、利用者から預かった仮想通貨(ビットコイン)を私的に流用していた事実が認められており、同法第63条の11(利用者財産の管理)及び同法第63条の10(利用者の保護等に関する措置)に違反するものとして、本日、以下の内容の業務停止命令及び業務改善命令を発出した。

(1)業務停止命令
平成30年3月8日から平成30年4月7日までの間、仮想通貨交換業に係る全ての業務を停止(利用者財産の返還のための業務等を除く)

(2)業務改善命令
適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
1)利用者財産の残高確認・照合等を適切に実施するための態勢整備
2)利用者財産の移動及び処分を適切に実施するための態勢整備
3)利用者財産を適切に管理するための態勢整備
上記1)から3)の対応・実施状況について、講じた措置の内容を平成30年3月22日までに、書面で提出

 

上記2件の業務停止命令は1ヶ月間。同時に業務改善命令も発令されており、停止期間中に運営体制を整備しろというお達しのようです。

顧客資産を横領するなど結構重い内容&無名の交換業者であることから、この二つの企業を信頼してサービスを利用しろと言うのは正直難しいですよね…。

 

業務改善命令の内容

テックビューロ(Zaif)

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び現時点までの立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、当社では、システム障害や、不正出金事案・不正取引事案など多くの問題が発生している。しかしながら、経営陣は、その根本原因分析が不十分であり、適切な再発防止策を講じておらず、顧客への情報開示についても不適切な状況となっていることから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

  適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
  (1)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築
  (2)適切に顧客対応するための態勢の構築
  (3)上記(1)及び(2)に関する業務改善計画を、平成30年3月22日までに書面で提出
  (4)上記(3)の業務改善計画の実施完了までの間、1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに書面で報告

GMOコイン

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、仮想通貨交換業の業容が急激に拡大する中、システム障害事案が頻発しており、根本原因分析は不十分であり、適切な再発防止策が講じられていないことが確認されたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
(1) 業容の拡大等実態に応じた実効性あるシステムリスク管理態勢の構築
(2) 上記(1)に関する業務改善計画を、平成30年3月22日までに書面で提出
(3) 上記(2)の業務改善計画の実施完了までの間、1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに書面で報告

バイクリメンツ(Lemuria)

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、内部監査の未実施など、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分であるほか、利用者財産の不適切な分別管理や帳簿書類の一部未作成なども認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
(1) 経営管理態勢の構築
(2) マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る管理態勢の構築
(3) 利用者財産の分別管理態勢及び帳簿書類の管理態勢の構築
(4) システムリスク管理態勢の構築
上記(1)から(4)までの事項について、講じた措置の内容を平成30年3月22日までに、書面で報告

ミスターエクスチェンジ

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告及び立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、多くの仮想通貨を取り扱い、かつ業容が拡大する中、内部監査の未実施など、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分であるほか、利用者財産の不適切な管理実態なども認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

 適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
 (1)経営管理態勢の構築
 (2)利用者財産の分別管理態勢の構築
 (3)システムリスク管理態勢の構築
 (4)マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る管理態勢の構築
 (5)苦情処理管理態勢の構築
 上記(1)から(5)までの事項について、講じた措置の内容を平成30年3月22日までに、書面で報告すること。

コインチェック

資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づく報告、同法第63条の16に基づく業務改善報告、立入検査により当社の業務運営状況を確認したところ、取り扱う仮想通貨が内包する各種リスクを適切に評価しておらず、例えば、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与リスクなど各種リスクに応じた適切な内部管理態勢を整備していなかったことに加え、昨年秋以降、業容が急激に拡大する中、業容拡大に応じた各種内部管理態勢及び内部監査態勢の整備・強化を行っていないことが判明した。
これは、取締役会において顧客保護とリスク管理を経営上の最重要課題と位置付けておらず、経営陣の顧客保護の認識が不十分なまま、業容拡大を優先させたことによるものであり、また、監査役も機能を発揮していないなど経営管理態勢及び内部管理態勢等に重大な問題が認められたことから、本日、以下の内容の業務改善命令を発出した。

(1) 適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応
 経営体制の抜本的な見直し
 経営戦略を見直し、顧客保護を徹底
 取締役会による各種態勢の整備
 取り扱う仮想通貨について、各種リスクの洗出し
 マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る対策
 現在停止中の取引再開及び新規顧客のアカウント開設に先立ち、各種態勢の抜本的な見直し、実効性の確保
(2) 顧客との取引及び顧客に対する補償に関し、当局に対し適切な報告
(3) 上記(1)に関する業務改善計画を平成30年3月22日までに、書面で提出
(4) 業務改善計画の実施完了までの間、1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに、書面で報告

 

コインチェックは今更論じる必要も無いでしょうが、バイクリメンツ・ミスターエクスチェンジとシェアの小さい交換業者2社は「単純に業務基盤が整っていない」こと、テックビューロとGMOは「システムの不具合、脆弱性」が主な焦点となっています。

バイクリメンツとミスターエクスチェンジのセキュリティやシステム基盤が堅牢かどうかは分かりませんが、ZaifとGMOコインの内容はなかなかに重いです。

 

Zaifは10億BTC事件が記憶に新しいほか、「二段階認証をすり抜けて資産が盗まれた」というユーザーの声が話題になったり、頻繁にサーバーエラーを起こしたり、通貨価格を操作している疑いがあったりと、きな臭い話は尽きません。

また、GMOコインは急にスプレッドを拡大したり、FXで一気に利益を上げたユーザーを罪のない人ごとBANしまくったり、告知なしに追証無し⇒ありに変更したりと、ユーザーをバカにしたような仕様変更が頻繁にあります。

こういったことから、この大手2社が業務改善命令を受けるのは至極当然のことで、一刻も早くまともに運営がなされる取引所になって欲しいなーと感じる所存であります。

 

業務改善命令を受けた取引所との付き合い方

さて、以上を踏まえた上で本題ですが…僕のように、問題が頻発していてもZaifやGMOコインを利用している仮想通貨ユーザーは少なくないと思います。

そんなあなたのために、僕がZaifを利用する上で取っている対策を共有できればと思います(GMOは嫌い&後述の理由もあるため使っていませんが)

 

頻繁な売買や送金を行わない

信用を置きづらい仮想通貨取引所は、注文が思ったように通らなかったり、送金時にトラブル(海外の草コイン系取引所にすごく多い)が起きたりします。

また、Zaifなどサーバーが弱い取引所も散見されますが、そこではバブルやビッグニュースなどで取引が活発になると頻繁にサーバーが落ちてしまい、まともに注文が通らなくなってしまいます。

なので、売買や送金を行う頻度を少なめにしておいた方が、トラブルに遭う危険性を低く抑えることができて安心です。この理由で、僕はFX利用が前提のGMOコインを使用していません(急にスプレッド拡大したりもするし…)。

 

取引所ウォレットに通貨を置かない

仮想通貨取引所のウォレットは、セキュリティ面で言うと外部ウォレットにはどうしても劣る傾向にあります。

これはコインチェック事件で皆さんよくお分かりかと思います。しかし、コインチェック以外にも、Zaifや海外の取引所など、あちこちの取引所でコインの盗難被害が相次いでいます。

セキュリティの堅牢な取引所ですら安心はし切れないので、ましてや業務改善命令をくらうような取引所に大金を預けっぱなしにしておくのは得策ではありません。

高額の仮想通貨を保管するには、必ず外部ウォレットを利用しましょう。例えばイーサリアムやERC20トークンならMyEtherWallet、セキュリティ重視ならLedger Nano Sなどの外部ウォレットの導入がおすすめです。

 

より信頼できる取引所で取引する

これも当然ですが、例えば欲しい通貨があった時には、その他のより信頼できる仮想通貨取引所から売買を行う方が望ましいです。

国内の大手取引所で今回命令を受けていない所と言えば、bitFlyerbitbankQUOINEX等がありますが、これらの取引所を積極的に活用すると良いでしょう。

特にbitbankとQUOINEXは、現在のところ板取引&取引手数料無料なので、普段使いの取引所として積極的に利用することをオススメしたいです。運営体制もしっかりしているようで、個人的に好感も持っています。

もちろん、これらの取引所も100%安心ではないので、過信は禁物ですが…(bitFlyerのFXは注文が刺さらないことで有名。それ致命的でしょ…)

 

 

月並みな内容かもしれませんが、これらの対策は当たり前に実施しておいた方が良いかと思います。そのためにも、複数の仮想通貨取引所で口座開設を行っておくことは必要ですね。

とりあえず、bitFlyer・bitbank・QUOINEXの3つの取引所だけでも国内で買える仮想通貨のほとんどは網羅できるので、それだけを使う形でも問題は無いでしょう。

僕は使いやすい&企業(テックビューロ)としてもすごく面白いZaifは引き続き使おうと思っていますが、不安を感じる方は無理に使わないでも良いと思います。

 

あとはBinanceなど海外の安心して取引できる仮想通貨取引所を使うのも手ですかね。今回の記事で名前が出た業者以上に評判の悪い取引所も珍しくないですが…。

 

【次はこの記事もオススメ】

XRP手数料最安!bitbank.cc(ビットバンク)の使い方・口座開設方法

⇒bitbankの口座開設をまだ行っていないあなたは、こちらの記事をどうぞ。

QASHトークンが買える「QUOINEX」の使い方・口座開設方法

⇒同じくQUOINEXの口座開設をまだ行っていないあなたは、こちらの記事をどうぞ。

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をおすすめする理由と注意点

⇒Zaifについては、おすすめできる点と注意すべき点をそれぞれまとめた記事も執筆しています。こちらもご参考に。