20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

不動産仲介業はAIより先にブロックチェーンで消えるかも

「AIが仕事を奪う」ってめっちゃ言われてるじゃないですか。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171029161135j:plain

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

僕達が引っ越しの時の物件探し(あるいは投資)でお世話になる不動産仲介業者。これも上の表に「不動産ブローカー」という名前でランクインしていますが、「AIによって10~20年以内には消えている」と言われていますね。

これは不動産仲介業の仕事が単純なもので、何より「いなくても成立する存在」がゆえに、AIによって代替が可能だからです。

宅建士の資格を持つ僕としても寂しいことではありますが、それが現実です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170607152144j:plain

しかし、現実はもっと厳しい。

仮想通貨に使われているブロックチェーンの技術によって、不動産仲介業者が消滅していく日は10年を待たずして訪れるのではないか、と僕は予想しています。

 

「Propy」という、ブロックチェーン技術を用いた国際不動産ポータルサイトがあります。

Propyはブロックチェーンと仮想通貨を用いて、詐欺が多い海外不動産投資をより安全かつ便利に行えることを目指しているサービスです。

具体的には、例えば以下のような問題を解決することを目指しています。

 

・スマートコントラクト(契約の自動実行システム)を用いて、決済代金の持ち逃げを防ぐ

・時間のかかる登記をブロックチェーン上でスピーディに完結できる

・ブロックチェーン上でデータ管理することで契約書の改変や紛失を防ぐことができる

・ブローカーを認証制にすることで詐欺師に騙されるリスクを防げる

 

すでにウクライナではPropyを使用した不動産取引が行われています。

速報:イーサリアムスタートアップのPropyがウクライナ政府と提携 | イーサリアム・ジャパン

 

また、ロシアなど世界各国(主にヨーロッパ)で不動産登記のブロックチェーン移行が検討されています。

 

さて、このブロックチェーンがどう不動産仲介業者に影響を及ぼすかと言うと、以下のような「仲介業者が重宝されていた部分」が消滅します。

 

・契約書の作成、締結⇒Web上で素人でも簡単に契約書作成と契約の締結が可能になる

・司法書士の手配⇒自動で登記移転できるので面倒も費用もかからなくなる

・安全な売買代金の受け渡し⇒銀行振込や対面での支払いを仲介業者が見守るより、決済したら自動的に登記移転が完了するほうが圧倒的に信頼性が高い

・火災保険、家賃保証会社の申し込み⇒こちらも即時契約締結が可能になるし、相見積もりだって可能になる

 

残る仲介業者の強みは「内覧の対応」「エリアの案内」「細かな質問への対応」「他の物件の紹介」といった所でしょうが、内覧はスマートロック、質問は大家へ直接、物件紹介はレコメンドエンジンでそれぞれ代替が可能です。

残るは物件周辺エリアの細かな情報の提供ですが、それだけを目当てに不動産仲介業者を頼って物件を購入する人はもはや少なく、自ら住民への聞き込みなどのリサーチを行うようになるでしょう。

 

そう考えると、インターネットを使える層は、大家も借り手も安くない仲介手数料を払わなきゃいけない仲介業者を避け、ネット上で簡単に物件の直接取引ができるサービスを利用するようになるのは想像に難くありません。

ブロックチェーンのおかげで、より契約と登記の手間やコストを省き安全性まで高められるので、わざわざ仲介手数料を払ってまで高い・遅い・不安な仲介業者に好き好んで頼まなくなるわけです。

 

そうなると必然的に仲介業者に集まるお客の年齢層は上がる。で、年齢の高い人は若者よりそうそう引っ越さないし家も買わない。さらに、大家も家賃保証会社も基本的に独居老人に家を貸すことは断ります。

こうして不動産仲介業者の実入りはどんどん減ってジリ貧になり、次々と廃業していくのが僕の近未来に対する予想です。

これで不動産仲介業者は10年を待たずして、AIよりも先にブロックチェーンによってぶっ潰される可能性が高いことをお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

時代は自動化。未来に投資しよう

以上のように、誰でもできる仕事やルーチンワークは、これから瞬く間にAIなどのテクノロジーに取って代わって働き口が消滅していく可能性が高いです。

僕も以前は「投資用物件の情報を先取りするために、不動産仲介業をやってみようか?」と考えましたが、今は【ブロックチェーンを使った新しい不動産仲介業の型】を考えるほうに向いてますね。

結局どんなにテクノロジーで世の中が便利になっても、それについていけないリテラシーの低い人達は無数にいるわけなので、そのリテラシー低い層にもテクノロジーの便利さを与えられる仕事が勝つんじゃないかな?と漠然と考えています。

 

このように今はビジネスの潮目が大きく変わってきているので、株でも不動産でも仮想通貨でも何でも、投資をするに当たっては「未来に向けて成長していくもの」を見極めていかなければなりませんね。

将来AIなどに代わって消えていくだけのビジネスを主な柱にする企業の株なんてもはや買えません。ライオン〇マンションの大〇よりAmazonやGoogleですよ。

 

それよりもっと固いと僕が思ってるのは、やはり仮想通貨。これから市場がドンドン大きくなって、Propyのようにドンドン世の中を便利にしてくれる存在なのだから、多くの仮想通貨がまだまだ値上がりすると思います。

仮想通貨と言えばビットコインしか知らない人もまだまだ多いですが、仮想通貨の本当の魅力はビットコイン以外にあります。未上場の企業に投資もできるし、すごく未来があって面白いですよ。

上場から数十倍、数百倍以上に値上がりした通貨がゴロゴロある市場なんて、今の株式からは考えられませんよね。仮想通貨にはそんな夢もまだまだ存在しています。

あなたもぜひ仮想通貨に投資してみてはどうでしょう。僕はもはや、このブログで当初力を入れていた不動産投資よりも圧倒的に仮想通貨に想いが傾いています。笑

 

仮想通貨投資に興味があれば、ぜひ以下の記事も読んで仮想通貨取引所の口座開設からスタートしてみて下さいね。ビットコインの値上がりの歴史とか知るとヤバいですよ。

 

P.S.

仮想通貨取引所なら、LIFULL HOME'Sと組んで不動産仲介業者を一掃する(かもしれない)テックビューロ社が運営するZaifが一番オススメだよ!

ブロックチェーンを活用した不動産情報共有・利用実証実験をLIFULL、CAICA、テックビューロの3社で開始 | 株式会社LIFULL(ライフル)