仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

仮想通貨の始め方⇒口座開設からビットコインを購入する手順まで

f:id:kyoheing-on-japan69:20171023143958j:plain

「仮想通貨が儲かると聞いて、早速買ってみたい!」

「仮想通貨投資を始めたいけど、買い方がよくわからない…」

というあなたに向けて、この記事では仮想通貨を始めて買う際の手順を分かりやすくまとめています。

 

ビットコインなど、登場以来ものすごい勢いで値上がりが続いている仮想通貨(正確には「暗号通貨」ですが)。

今はまだ世の中の一部の人達しか触れていませんが、今後より仮想通貨が世の中に身近な存在になっていけば、さらに市場が拡大して取引も活発になっていくでしょう。

そんな仮想通貨の値上がりや未来に期待して投資をスタートする人もここ最近急激に増えつつあります。

僕も仮想通貨に投資を始めて半年近く経ちますが、投資元本から数倍にまで資産が増えてホクホクです。普通だったらこんなにうまくいくはずがありません。

 

「手順が分からないから…」と言って仮想通貨の投資を足踏みしているのは、正直もったいないですよ。

ぜひ、この記事の手順通りに仮想通貨取引所で口座開設⇒仮想通貨の購入と進めてみて頂ければと思います。

 

【もくじ】

 

仮想通貨投資を始める流れ

仮想通貨を始めて購入する際には、大まかに以下の手順を踏んでいきます。

 

仮想通貨取引所で口座開設

まずはbitFlyerやCoincheck、Zaifといった「仮想通貨取引所」に口座を開設するところからスタートします。

仮想通貨取引所はその名の通り仮想通貨を売買できるプラットフォームです。

株で言う楽天証券やマネックス証券、FXで言うDMM FXなどといった証券口座と同じ立ち位置と考えてください。

 

口座開設の仕方について詳しくは後述しますが、必要になるのは個人情報の入力と身分証明書のアップロード、郵送による本人確認のみと簡単です。

株やFXの口座開設よりも多少気軽に口座開設ができるので、特に身構えることはないと思いますよ。

 

取引所口座へ入金

仮想通貨取引所の会員登録が終わり、郵便物を受け取ったら、あなた専用の仮想通貨取引所口座に日本円で入金を行います。

この入金した日本円でビットコインなど仮想通貨の購入が可能になります。

仮想通貨は株やFXに比べると遥かに安い金額(1円以下でさえ可能!)から購入することができるため、数万円程度の入金でもまったく問題ありません。

あなたの預金口座の中で、無くなっても最悪問題ない「余剰資金」の範囲から、仮想通貨に投資したい分だけ取引所へ入金を行うと良いでしょう。

 

なお、仮想通貨取引所では、他の取引所などで保有している仮想通貨を入金することもでき、その仮想通貨で他の仮想通貨を売買することもできます。

あなたが何らかのキャンペーン等でビットコインを貰ったりした場合は、仮想通貨取引所にそのビットコインを入金することで、ビットコインで他の仮想通貨を購入することも可能になります。

 

仮想通貨の購入⇒売却

仮想通貨取引所では、株やFXのようにユーザー同士で売買を行う「取引所形式」、あるいは取引所から直接仮想通貨を購入する「販売所形式」のいずれかで仮想通貨を購入することが可能です。

購入した通貨は、売却して日本円に替えることもできますし、他の仮想通貨に替えることもできます。法定通貨(現金)や仮想通貨同士の為替レートによって、仮想通貨投資の損益が変わってきます。

この購入と売買のプロセスも、以下詳述していきます。

 

なお、仮想通貨は他人のウォレット(仮想通貨の口座)に送金したり、法定通貨の代わりに決済に使ったりすることもできます。

この記事では説明を省略しますが、仮想通貨の存在意義を知るために「仮想通貨は本来投資商品ではなく、決済・送金手段である」ということだけ覚えておいて頂ければ良いです。

 

おすすめの仮想通貨取引所

初めて仮想通貨投資を行う時に開設をおすすめしたい仮想通貨取引所ですが、やはり国内大手の3事業者が良いですね。

具体的にはbitFlyerCoincheckZaifの3つです。当然、日本人には日本の仮想通貨取引所が一番扱いやすいですし、変化の激しい仮想通貨市場では特に大手の安定した基盤が欲しい所です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の紹介

国内最大手の仮想通貨取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)です。17年11月当時のBTC出来高で国内シェアの67%を占めています。

シェアが圧倒的ですし、成海璃子が出演しているダサいCMも結構打っているので、名前を聞いたことがあるって人も一番多い取引所だと思います。

※成海璃子がわからん人はこのバナー参考▼

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リクルートや三菱UFJ、SBI、電通といったグループの出資も受けており、シェア率も相まって国内取引所では一番経営基盤が安定していそうです。

日本で仮想通貨取引を行っている人なら必ずと言っていいほど登録している仮想通貨取引所ですし、「これから仮想通貨を買ってみる」というあなたにはまず一番に開設をオススメします。

 

Coincheck(コインチェック)の紹介

CoincheckはbitFlyerに次ぐ国内第二位の仮想通貨取引所で、購入できる仮想通貨の種類が多いのが一番の特徴です。

他の仮想通貨取引所ではなかなか購入できない通貨も販売しているので、ある程度仮想通貨投資に馴れてきて「色々な通貨が欲しい!」というユーザーに人気が高いです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

また、Coincheckに登録したユーザーは、毎月の電気代の1~7%ぶんのビットコインを貰える or ビットコインで毎月の電気代を支払い、1~7%の割引を受けられる「Coincheckでんき」に申し込むことができます。

僕はビットコインが貰えるプランに加入していて、毎月少しずつビットコインを貰っています。もちろん、値上がり益も出てますよ(少額なので知れたもんですが)。

 

Zaif(ザイフ)の紹介

Zaifの特徴は「ビットコインの取引手数料がマイナス」ということと「ここでしか買えない仮想通貨(トークン)が存在する」ということです。

手数料がマイナスということは、ビットコインを売買するたびに手数料が「貰える」ということです。こんなの、株やFXじゃ考えられませんよね…。

また、Zaifではオリジナルの「Zaifトークン」や、Zaif運営会社のテックビューロ社が扱っているICO支援サービス「COMSA」のCMSトークンなど、専用の仮想通貨も扱っています。

よくサーバーが落ちたり、運営の対応が微妙だったりとイマイチな部分もありますが、それを補って利用する価値の大きい取引所の一つですね。

 

bitFlyerで口座開設⇒取引する手順

では、これから国内3大仮想通貨取引所ごとに、具体的な口座開設~ビットコイン購入の手順を見ていきましょう。

まずは日本の仮想通貨取引所最大手「bitFlyer(ビットフライヤー)」での口座開設と取引の手順をご紹介します。

 

アカウント登録

まずは以下からbitFlyerにアクセスします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以下赤枠部分が会員登録フォームです(スマホの場合はファーストビュー直下)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902111541p:plain

メールアドレスを入力し「アカウント作成」を押すと認証メールが届きます。メールを確認し、キーワードを出てきたフォームに入力します。

また、Facebook・Yahoo!・Googleのアカウントで登録することも可能です。この場合も各SNSの登録メールアドレス宛にメールが送られてくるので、同様にキーワードを入力して進みます。

続いて利用規約等への同意ページが出てくるので、各種規約を読んでチェックを押し、「bitFlyerをはじめる」ボタンを押すだけで登録は完了です。

ここまでの手順は公式ページのこちらでも確認できます

 

取引時確認情報の入力

続いて登録後に必要になる、本人確認書類の提出や個人情報の登録などを行います。

ダッシュボード右下にある赤枠部分を上から順にクリックし進めていきます。なお、bitFlyerの管理画面はスマホ対応していないので、スマホの場合はアプリを使用しましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902113001p:plain

本人情報の登録、本人確認資料(身分証の画像データが必要なので、携帯で写真を撮ってPCにダウンロードしておきましょう)、取引目的の確認が完了したら、あなたの住所に書留が送られます。

書留の書類を受領した時点で完了です。これで通貨の取引が可能になります。

 

ビットコインを購入する

さて、ではいよいよビットコインを購入する手順に入ります。

bitFlyerでビットコインを購入する方法は3通りあり、以下赤枠の部分をクリックすることでそれぞれ購入が可能です。一番のオススメは「ビットコイン取引所」で購入することです。一番安いので。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902113910p:plain

ビットコイン販売所で購入する

最も分かりやすい方法です。bitFlyerからビットコイン(BTC)を直接購入する形式で、僕はいつもこれを使っていました(取引所の方が安いって記事書いてて知ったよ…涙)

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902114207p:plain

左側に直近の売買注文履歴、右上に1BTCの売買価格が記載されています。

ビットコインを買う時は、右下の赤枠部分、「+1」とか「+0.1」と記載のあるボタンをクリックすることでBTCの購入数量を決め、「コインを買う」をクリックすればOKです。

BTCの1単位は9/2時点で56万円台と高いですが、bitFlyerでは0.01BTCから購入できるので、約5,600円から投資できるのは嬉しいですね。株じゃこうはいかない。

 

クレジットカードで購入する

クレジットカード購入は日本円ベースで購入額を決定できることと、定期購入で積立投資をできるメリットがあります。

しかし、手数料が非常に高いのと、購入した通貨は1週間取引が不可能というデメリットがあるので、基本的にクレジットカード決済を使うのはやめた方がいいです。

僕は最初クレカ決済でビットコイン買っちゃったんですけどね…無知は損です。。。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902115106p:plain

赤線部分のフォームに金額を入力し「ワンクリックで購入する」を押せば完了です。BTCが付与され、クレジットカードに請求が発生します。

なお、使用できるカードは日本国内発行のVISAもしくはMasterのみなのでご注意を。

 

ビットコイン取引所で購入する

株のような売り板・買い板の中で、ユーザ―同士でBTCを売買する方法です。最も安くビットコインを買えるので、通常はこれで購入してください。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902115817p:plain

左側に取引履歴、右上に板(左側:Ask(売り)・右側:Bid(買い))、右下に売買数量の入力フォームと決済ボタンがあります。

ここではBTC購入数量のほか、「価格(BTC/JPY)」の部分も指定することが可能です。

はじめは購入価格の部分には成行注文の価格(現時点でのAsk最安値)が入っていますが、10円単位で指値(自分が売買したい希望価格)を指定できます。

「ちょっと価格が下がったら買う」という場合は成行よりも安い価格で指値を入れ、「確実に買いたい」という場合はそのまま成行で注文するのがベターです。

 

なお、販売所・クレジットカード購入ではビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を売買できますが、取引所の場合はビットコインのみの対応となります。

 

1BTC辺りのそれぞれの購入価格

ちなみに…bitflyerで1BTCを購入する場合の、販売所・クレカ購入・取引所それぞれの価格差について調べてみました。

調査は2017/9/2の12時で、1BTCの価格は約550,000円で推移しています。BTC価格は秒単位で大きく変動するため、調査時点での平均価格(bitflyer上部枠に記載の「価格」欄)との差額を記載しています。

結果は以下のとおり。

 

販売所:+7,834円(約1.4%)

クレカ:+52,577円(約9.1%)

取引所:-1,859(約△0.3%)⇒注文状況で変動

 

ご覧の通り、クレカ決済の手数料が異常に高く、取引所が一番安く購入できることが分かります。

なのでbitflyerでビットコインを購入する際は、必ず取引所で買うようにしてください。

 

なお、売却する際も購入時と同様の手順で行います。やはり取引所で売却するのが最も高く売れるので、原則取引所を利用しましょう。

 

Coincheckで口座開設⇒取引する手順

国内最大手bitFlyerの対抗馬として有名なのがCoincheck(コインチェック)です。

CoincheckはbitFlyerよりもアルトコインの取り扱いが多く、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨を取引したい人々から多くの支持を集めています。

bitFlyerとCoincheck、どちらも口座を開設して投資する通貨によって使い分けをするのが一般的です。僕も両方開設しています。

 

アカウント登録

まずは以下からCoincheckのアカウント登録を行います。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

赤枠部分のフォームにメールアドレスと任意のパスワードを入力するか、Facebookでソーシャルログインを行いアカウント開設を進めます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902132547p:plain

登録メールアドレス宛にメールが届くので、その中にある認証URLをクリックすれば完了です。取引所画面に遷移します。

 

SMS認証と本人確認

続いて本人確認の手続きに移行します。取引所画面から「設定」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902133035p:plain

赤枠の「本人確認」「預金通帳確認」「電話番号認証」「重要事項の承諾」を順番にクリックし、必要事項を入力していきます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902133217p:plain

本人確認の入力

「登録情報」に個人情報と取引目的を入力し、本人確認書類(身分証)のアップロードを行います。

数日後、登録された住所にハガキが届くので、それを受け取ったら完了です。

 

預金通帳確認

本人名義の預金通帳またはキャッシュカードの写真をアップロードします。

これを完了すると、クレジットカードで1週間以内に購入したBTCの送金・出金が可能になります。必ずしも必要ではありません(僕は未対応)。

 

電話番号認証

携帯電話の番号を入力し、受信したSMS記載の認証コードを入力してください。

 

重要事項の承諾

各種説明書類に目を通し、承諾ボタンを押せば完了です。

 

ビットコインを購入する

Coincheckでも販売所とクレカ決済、取引所と3パターンのビットコイン購入方法があります。こちらもbitFlyerと同じく取引所で購入するのがベターです。

 

ビットコイン販売所で購入する

「コインを買う」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902134216p:plain

購入したい数量を手入力し「購入する」を押すだけでOKです。すごくわかりやすい。

なお、ページを開いた直後では日本円の残高で買える上限の数量が自動的に入力されています。間違って購入ボタンを押さないように…。

 

クレジットカードで購入する

こちらもbitFlyer同様、非常に手数料が高いので使うべきではありませんが…

「クレジットカードで買う」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902134913p:plain

上記のように5,000円・10,000円といった定額のほか、自ら金額指定をして購入することも可能です。

また後述しますが、表記の通りレートは非常に高いです…。

 

ビットコイン取引所で購入する

基本的にはこれでビットコインを購入してください。

画面トップの「取引所」ボタンをクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902135220p:plain

画面下部に以下のような表示が出てくるので、赤枠部分にレート(指値のみ)とBTCの注文量を入力してビットコインを購入します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902135524p:plain

なお、成行注文や逆指値注文を行いたい時は、画面上部にある「トレードビュー」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902135626p:plain

すると以下のように本格的?な画面が出てきます。右下の欄に注文フォームがあるので、ここで成行注文や逆指値注文を行うことが可能です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902135853p:plain

1BTC辺りのそれぞれの購入価格

Coincheckでも同様に、調査時点での定価との差額を調査してみました。結果は以下の通り。

 

販売所:+2,845円(約0.5%)

クレカ:+46,946円(約8.7%)

取引所:-221円⇒注文状況で変動

 

bitFlyerよりやや安いですね。それもそのはず、bitFlyerの取引手数料は最大0.15%ですが、Coincheckは無料なのです。

この取引手数料の差が結構大事になってきます。ビットコインを買うなら、後述のZaifが最も取引手数料が安いので、最も有利になる可能性が高いですね。

bitFlyerのクレカ決済でビットコインを買った俺は最悪の選択をしたという訳だ…

 

Zaifで口座開設⇒取引する手順

bitFlyer、Coincheckに続く大手仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」は、ビットコインの取引手数料がマイナス(取引のたびに手数料が貰える)であること、他の取引所で扱っていない企業のトークンが購入できることが特徴です。

大人気のICO案件「COMSA」やNEMのブロックチェーン「mijin」を運営するテックビューロ社がサービスを提供しており、何かと話題の取引所です。こちらも登録しておきましょう。

 

アカウント登録

以下からアカウント登録に進みます。

「無料登録はコチラ」から登録に進みます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018140905p:plain

以下にメールアドレスを入力し「登録」を押します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018140931p:plain

届いたメールのURLをクリックし、パスワードを設定すれば完了です。

 

基本情報の入力

画面右上の「アカウント」をクリックして、「基本情報」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018141437p:plain

以下の画面で基本情報をフォームに入力していきます(画像は公式より引用)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018141626p:plain

記入が終わったら、今度は「本人確認」ボタンを押します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018141754p:plain

まずは「電話番号認証」をクリックし、フォームにあなたの携帯の電話番号を入力してSMSメッセージを受信します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018142021p:plain

SMSを受信したら、記載されている認証コードを入力して完了です。

次は「本人確認書類」をクリックして、本人確認書類のアップロードに移ります(画像は公式より引用)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018143108g:plain

「ファイルを選択」ボタンを押して本人確認書類を選択しアップロードします。

免許証の表面・裏面など、本人確認書類の内容についてはこちらをご参照ください。

 

ここまで完了したら、最後に「郵送確認」ボタンを押して、認証コードが記載されたハガキの郵送を依頼します(画像は公式より引用)。

フォームの記入事項に誤りがないことを確認し、申請ボタンを押します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018143542p:plain

後日テックビューロから郵便物が届きます(結構時間がかかります)。内容を確認の上、記載の手順通りに本人確認コードを入力すれば完了です。


ビットコインを購入する

Zaifでは「簡単売買」と「取引」の二つの購入方法がありますが、「簡単売買」はbitFlyer、Coincheckで言う販売所、「取引」はユーザー同士の取引所を表します。もちろん「取引」の方をオススメします。


簡単売買で購入する

「簡単売買」のボタンをクリックすると、簡単にビットコインが購入できる画面に遷移します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018144625p:plain

操作説明は実際の画面上に詳しく解説が載っているので、そちらをご参考に。


取引画面で購入する

「簡単売買」の隣にある「取引」ボタンをクリックすると、下記画面に遷移します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171018144952p:plain

①でBTCを購入したい価格を入力します(指値の場合)。この時、左下にある「売買注文」の緑色の気配値をクリックするとその金額が転記されます。間違いがないのでオススメ。

②には欲しいBTCの数量を入力します。フォームの上部に「使用残高」という項目がありますが、これはJPYの口座残高の割合に応じた数量を指定できるものです。

上記①②の入力を終えたら「買い注文」を押すと、売買注文の板にあなたの買い板が反映されます。取引が約定した際にBTCが付与されます。

 

ZaifはbitFlyerやCoincheckよりも安い取引手数料が魅力。もちろん直接取引の場合は販売手数料も無いので、他の取引所よりも安くビットコインを購入できる可能性が高いです(売買注文は取引所ごとで異なるため価格差が生じる場合あり)

ただし、運営会社の規模に対して人気が殺到している関係で口座開設の申込から書類の郵送までにだいぶ時間が掛かってしまうようなので、気長に待って取引を開始しましょう。

 

初めての購入にオススメの仮想通貨は?

以上の手順であなたも仮想通貨投資をスタートすることができます。

どの仮想通貨取引所も口座開設や入金は特に難しいことも無いので、複数の取引所に口座を持っておくことをオススメします(手数料や購入できる通貨が異なるため)。

 

さて、仮想通貨投資をスタートする際、ビットコイン以外にも色々な仮想通貨があるので「一体何を買ったらいいの?」と悩んでしまう可能性も高いです。

そこで、僕のオススメ仮想通貨ランキングを「初めての購入におすすめしたい仮想通貨5選 特徴と強みを解説しますの記事にまとめましたので、これを参考にどの通貨を買うか検討してみてください。

仮想通貨の代表的存在であるビットコインのほか、時価総額上位の主要仮想通貨であるイーサリアム(ETH)、NEM(XEM)、リップル(XRP)辺りが僕の期待どころです。

どの通貨がどこまで、どれくらい値上がりするかは分かりませんが、これらの通貨であれば信頼性があるので、あまり外さないのでは?と思います。

 

仮想通貨には一つひとつ異なった特徴が存在する(プログラムの自動実行機能があったり、送金性能に優れていたり、取引の匿名性が高かったりetc...)ので、今後少しずつ勉強していき、あなた自身が将来性を期待できる通貨に投資していけば良いでしょう。

 

値上がりするし面白い!仮想通貨投資をしよう!

以上、はじめて仮想通貨投資を行うあなたに向けて、bitFlyer・Coincheck・Zaifの口座開設~ビットコイン売買までの具体的な手順をご紹介していきました。

 

仮想通貨投資は「未来に投資する!」という感じがして個人的にすごく面白いですし、値動きの激しさや値上がりトレンドもあって興奮します(良い感情かは知らんが)。

日に日に仮想通貨の注目度は高まっていますが、まだまだ世間では浸透しておらず、「怪しい」とか「何それ?」という方も多いです。

今後、そういう人にも仮想通貨が浸透していけば、さらに市場が大きくなって値上がりしていく期待があります。

 

もちろん、今は値動きの激しさが異常なので、投資対象としては未成熟であり、大きなリスクが伴うものであることは理解しなければいけません。

ですが、短期の値動きで一喜一憂するのではなく、仮想通貨自体の価値の向上、ユーザーの増加、そして世界の変革…なんて未来に投資しようって考えるとワクワクしてきませんかね?

個人的には「参入が早いほどチャンス!」と思っているので、仮想通貨購入に二の足を踏んでいるあなたは、今こそ口座開設から進めるべきだと思いますよ。数分で開設できますしね。

 

bitFlyerの口座開設はこちらから

Coincheckはこちらから可能です

Zaifで口座を開くにはこちらです

 

【次はこの記事もオススメ】

仮想通貨を買うのはもう遅い?⇒まだ上がると思う。理由を説明するよ

⇒仮想通貨は17年の5月と12月で爆発的に価格が上昇し、「バブルじゃない?」という声がすごく強まっています。しかし、長期的に見たら僕はまだまだ上がると思っています。その理由を解説!

「XRPの価格は今後ほぼ確実に上がる!」と言える理由

⇒12月にはリップル(XRP)が大きく価格を伸ばしました。っていうか1月入っても伸び続けてて怖い。そんなXRPもまだまだ行くはずです。また、この記事ではXRPを買うおすすめの取引所情報も記載しています。

 

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をおすすめする理由と注意点

⇒上記3つの仮想通貨取引所では、僕が最もオススメするのはZaifです。なぜかというと手数料が安いから!これ、意外に大きいんですよ。利益に直結しますからね。