20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

ConfidealのICOが大失敗、ETHを返却する顛末に…

うー。以前にトークンセールに投資していた「Confideal」の案件ですが、資金があまりにも集まらないということでICOが中止になってしまいました。

Confidealは「プログラミング不要で誰でもスマートコントラクトを作成できる」という、EtherPartyと競合する面白いプロジェクトです。

個人でもスマートコントラクトを自由に使えたら、色々と面白いことに使えるんじゃないかと思ったんですが…

 

まさか300ETHしか集められなかったなんて!!

 

MVPもあり、期待していたプロジェクトだけに残念です。まあ確かに、SNSもBitcoin Forumもイマイチ盛り上がりに欠けていたので、マーケティング力が足りなかったと言うべきだったのでしょうか…。

しかし、いくら面白そうな案件だとは言え、これだけしか資金調達ができないという現実を見ると、ICO…もといビジネスで投資を募るって難しいんだなぁと実感しました。

景気が良い時の融資とかとはワケが違いそうです。

 

とりあえず、ConfidealのICOは中止になったので、せっかく購入したトークンは電子クズと成り下がってしまいました。

なので投資したETHは返金されることになり、今しがたスマートコントラクトで自動的にETHの払い戻しを受けることができました。

結果論ですが、リサーチに費やした時間とETH送金のGAS代がムダになってしまいましたねぇ…ちょっと残念です。

 

一応、Confidealはサービス自体はまだ継続して開発するようです。

銀行などから融資を受けて事業が進んでいけば良いのですが…。まぁ、将来的にサービスが完成したら使ってみたいけど、深追いはしないですね。

 

僕が懸念しているのは、今後もConfidealのような「ICOで全然資金調達できませんでしたーあばばばば」って案件が多くなってくることです。

これは最近のICO乱立から現実にあり得る問題で、投資家としてはきちんと案件を見定められないと、時間と仮想通貨をムダにしてしまうことにもなりかねません。

また、ICO中止という話とは別に、案件自体の精度も疑問は残ります。中には詐欺案件もあるし、そうでなくても明らかにニーズが無さそうなヘボいプロジェクトも珍しくありません。

 

まさにハイリスク・ハイリターン?なICO投資を象徴するような現実がまさしく目の前に広がっているわけで、僕もICO投資をしている身として気を引き締めねばなと思う所存でございます。

僕はまだまだ続けていきますがね。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒ICO詐欺のつい最近の事例です。うそはうそであると見抜ける人でないと(ICO投資をするのは)難しい。

⇒危険も大きいICO投資ですが、僕はベンチャーキャピタルの気分でICO投資を楽しんでいます。要は「事業・会社に投資する」という目を養える行為でもあるので、たくさんICO投資をして成功することも自分を成長させる一因になるかも、と思っています。

⇒いまだに話題冷めやらぬマウントゴックス。世界中の悪評(風評被害かもしれない)がある中、ICOをもし実行したら一体いくら集まるのやら…