仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」を使うメリットと注意点

f:id:kyoheing-on-japan69:20171216174031j:plain

最近出川哲郎のCMで一気に攻勢に出ている、国内第二位の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)

成海璃子でPRをかけているbitFlyerに次いで、まだビットコインを購入したことのない人々に向けた口座開設プロモーションに注力をスタートしたようですね。

 

Coincheckはすでに多数の仮想通貨ユーザーを抱えており、国内の他の取引所では購入できない珍しいアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨のこと)を扱っていることで人気を博しています。

そんなCoincheckに口座を開設して仮想通貨取引を行うメリットと、Coincheckならではの利用上の注意点(重要!知らないとマジで損します)についてまとめておきました。

これからCoincheckに口座開設をして、初めてビットコイン等を購入しようと考えているあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

【もくじ】

 

Coincheck(コインチェック)とは

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Coincheckは2014年8月からサービスを開始した仮想通貨取引所(ビットコイン等を売買・交換できるサービス。証券・FX会社のようなもの)で、現在では国内第2位の取引高シェアを有しています。

国内シェア1位のbitFlyer(ビットフライヤー)の取引量には大きく水をあけられているものの、Coincheckでは国内の仮想通貨取引所ではここしか買えない仮想通貨を複数取り揃えていることから、bitFlyerと共に利用が活発です。

僕もbitFlyer、Coincheck、そして国内4位のZaifを中心に、売買したい仮想通貨に合わせてそれぞれ利用しています。

※株取引と異なり、仮想通貨は取引所ごとに取り扱い通貨が変わるため、国内外複数の取引所にアカウントを保有・利用するのが普通です。

 

Coincheckのメイン事業は仮想通貨取引所の運営ですが、その他にお店へビットコイン決済を導入するサービス「Coincheck Payment」や、電気料金の1~7%をビットコインで還元してもらえる「Coincheckでんき」等のサービスも展開しています。

国内をリードする仮想通貨事業者の一つとして精力的に動いている企業ですが、驚きなのはCEOが僕より年下ってことなんですよね…。ビジネスに歳は関係ないなあと思い知らされます。すごい。

 

Coincheckの利用をおすすめしたい人

Coincheckは、後述するメリットを考えると、以下のような仮想通貨取引をしたい方に「メインで使用する仮想通貨取引所」としておすすめできます。

  • ビットコイン以外の仮想通貨も色々買ってみたい
  • ハッキングによる仮想通貨の盗難が怖い
  • ビットコインでんきを契約してみたい

特に、Coincheckでは国内の仮想通貨取引所だとここでしか買えない仮想通貨があるので、まだ仮想通貨取引に慣れていない時には、Coincheckを使うことで様々な通貨について学べる良いキッカケが得られるはずです。

 

Coincheckでんきも地味におすすめです。ただ家で電気を使っているだけでビットコインが貯まるので(ビットコインで電気代を支払い割引を受けるプランも選べます)。

僕もCoincheckでんきに加入していますが、毎月Coincheckのウォレットにビットコインが支払われていくのが気持ち良いですね。買わないでもビットコインが手に入る。まるでマイナーになった気分です(全然違うけど)。

 

Coincheckを使うメリット

では、Coincheckを利用するメリットについて以下でまとめておきます。

 

ビットコイン以外の品揃えが豊富

これがCoincheck一番の特徴であり魅力です。Coincheckならではの面白い仮想通貨を複数取り扱っており、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨のこと)の入門にはぴったりです。

取り扱い通貨は以下の通りです(17/12/17時点)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171217101454p:plain

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
※リスク(LSK)
※ファクトム(FCT)
※モネロ(XMR)
※オーガー(REP)
リップル(XRP)
※ジーキャッシュ(ZEC)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
※ダッシュ(DASH)
ビットコインキャッシュ(BCH)

※現状、国内の仮想通貨取引所ではCoincheckでしか買えない通貨

 

仮想通貨には「それぞれ異なる目的や特徴、機能」が存在します。

例えば、イーサリアムは「契約プログラムを自動実行するシステム(スマートコントラクト)で、行政手続きや両替など様々な業務を効率化・オンライン化・無人化することが期待されています。

リップルは送金~着金までほんの数秒&送金手数料が1円未満という処理能力を生かし、時間がかかり手数料も非常に高い国際送金システムを改善しようとしています(参考記事:「XRPの価格は今後ほぼ確実に上がる!」と言える理由

 

仮想通貨は本来「儲かる投資商品」ではなく「世の中をより良くするフィンテックの寵児」なので、一つひとつの仮想通貨の機能などをよく調べて、より良い未来を作ってくれる通貨に期待して購入すべきです。

その点から考えると、他の国内取引所では買えない仮想通貨を複数取り扱っているCoincheckは、とても面白い仮想通貨の世界に入門するには適していると言えます。

 

取引手数料が無料

また、Coincheckではビットコイン現物の売買時の取引手数料が無料なのもメリットの一つです。最大手のbitFlyerでは0.01~0.15%かかります。

bitFlyerでビットコインを売買するよりはCoincheckで売買する方が賢明です。

ただし、Zaifは取引手数料がマイナス(取引のたびに貰える)なので、ビットコインを売買するならCoincheckよりZaifがお得になるのが正直なところです。

 

盗難補償を受けられる

Coincheckでは、不正ログインによるなりすまし損害に対して、100万円を上限に補償を受けることが可能です(参考ページ)。

補償を受ける条件は二段階認証を設定していること。二段階認証は不正ログイン被害を防ぐためにも絶対しておかなければならないものなので、していなければ仮想通貨を盗まれても自己責任ということです。

国内外の仮想通貨取引所でこういった盗難補償サービスを行っているのは他にbitFlyerくらいなので、これは大きなアドバンテージですね。

 

ビットコインが貰える電力サービスを契約可

また、Coincheckで口座開設をすると契約できる「Coincheckでんき」は、電力契約を切り替えるだけで毎月電気代の1~7%分のビットコインを貰うことができるお得なサービスです。

僕も利用していて、毎月ビットコインを貰っています。まぁ、あまり電気は使わないので貰える額は大したことないですが、それでも購入しなくてもチャリンチャリン入ってくるのは気持ちが良いですね。

電気会社をどこにしようか考えているなら、ぜひCoincheckでんきを申し込んでみては?ビットコインの値上がり益も享受できますよ。

 

販売手数料(スプレッド)の高さに要注意!

上述の通り様々なメリットがあるCoincheckですが、利用する中で一番注意すべきは「販売手数料が高い」ということです。

これは取引手数料とは別にかかる手数料で、販売所の売買価格の差(スプレッド)に反映されています。手数料率が明示されておらず分かりづらいので、以下の図を見てください。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171217110402p:plain

上記は「コインを買う」画面でのリップル(XRP)を購入する時の価格です。そして以下が「コインを売る」での売却レート▼

f:id:kyoheing-on-japan69:20171217110514p:plain

購入する時の1XRPの価格は88.291円、売却する時は82.663円で、5.628円もの価格差(スプレッド)が生じています。つまり売買で計6.4%程度の販売手数料が発生しているということです。

6.4%という数字は、「年利6.4%」という数字に置き換えると非常に高いということが分かりますよね。

日に10%以上価格が上下する仮想通貨市場にいると感覚がマヒしてしまいますが、6.4%分も損が確定してしまうというのは他の投資では決してありえない数値です。

 

日本の仮想通貨取引所では、会社が保有している仮想通貨を購入&会社へ売却する「販売所」形式と、ユーザーが保有している仮想通貨を売買する「取引所」形式の2つがあってややこしいのです。

上記の例はCoincheckの「コインを買う・売る」の販売所形式を選んだ際の手数料で、ビットコイン以外の仮想通貨は販売所形式でしか購入することはできません。

この販売所形式で仮想通貨を売買する際は、こうして会社が暴利とも言える販売手数料を乗せてくるため、売買価格に大きな差が生じているのです。

この仕組みについては、仮想通貨の始め方⇒口座開設からビットコインを購入する手順まででより詳しく解説しています(Coincheckで仮想通貨を売買する際の具体的な案内や口座開設方法も記載)。

 

Coincheckでは他の国内取引所で買えない仮想通貨が買えるという大きなメリットがあるのは確かですが、上記の通り販売手数料が非常に高いため、それらの通貨を買うならごく少額でないと損します。くれぐれもご注意を。 

ある程度仮想通貨取引や勉強を重ねて馴れてきたら、Binanceなどの海外取引所に口座を開設して、そちらでビットコイン以外の仮想通貨取引を本格的に行うことをおすすめします。

 

その他注意すべきポイント

その他Coincheckを利用する上で注意すべきポイントですが、「クレジットカードで仮想通貨を買ってはならない」ということです。

これは「コインを買う」「コインを売る」の販売所形式で仮想通貨を売買する以上の手数料が取られてしまうため、絶対に選択してはいけません。

これについても仮想通貨の始め方⇒口座開設からビットコインを購入する手順までで詳しく解説しています。

 

Coincheckの口座開設手順~売買方法

Coincheckで口座開設からビットコインの売買までを行う具体的な手順は、こちらで紹介しています。

以下のバナーをクリックしてCoincheckの公式サイトに移り、上記手順に従って口座開設手続きを行ってください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

口座開設手続きはとても簡単なので、記事を見なくても問題ないと思いますが、売買となると株やFXとは画面が全然違うので、最初は手間取ると思います。

しかも、上述の通り手数料が高い「販売所形式」と通常の「取引所形式」の両方が存在する罠もあるので、Coincheckでビットコイン等を実際に購入する前に、必ず一度記事の手順を確認して頂ければと思います。

 

まとめ

  • Coincheckの強みは「他の国内取引所では買えない仮想通貨が複数ある」こと。ただし、販売手数料がとても高いので、買う時は少額にしよう
  • より手数料が安い仮想通貨取引所、Coincheckでは買えない仮想通貨を扱っている取引所もあるので、複数の取引所に口座開設して使い分けよう
  • 二段階認証は必ず設定を。さすればCoincheckの盗難補償を受けられる

国内第2位のシェアを持つだけあって、Coincheckは安心して利用できるサービスだと思います(仮想通貨取引所はどこもサーバーや運営がまだまだ不安定なので、快適とは言い切れませんが…)

しかし、この記事で紹介したメリットとデメリットの両方を理解した上で、「普段使いの仮想通貨取引所の一つ」として活用することをおすすめします。

Coincheck一つだけの利用にとどめておいては正直もったいないですからね。ビットコイン以外を買うとなったらめっちゃ手数料高いですし…。

 

あなたがCoincheckの出川のCMを見て「ビットコイン買ってみようかな…」と思ったのであれば、まずは難しいことを考えず、一度Coincheckで実際に口座開設して取引をしてみるのが良いと思います。

そして少し慣れてきた段階で、他の取引所(海外含む)にも利用を広げていくのがおすすめですね。

 

値動きの激しい仮想通貨。大儲けするかもしれないし、大損するかもしれないし、それは分かりませんが、とても面白い市場だと思うので、ぜひ余剰資金で楽しんでみてください。

<Coincheckの口座開設は以下からできます>

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

【次はこの記事もオススメ】

代表的な仮想通貨の種類と特徴&どの取引所で買うのが一番安い?

⇒時価総額上位10位にランクインする代表的な仮想通貨について、どの取引所で購入するのが一番安いかを解説しています。Coincheckの次の取引所を探すのにどうぞ。

あなたは仮想通貨投資に向いている?向いていない?6つの質問

⇒これから仮想通貨投資を始めようとしているあなたは、ぜひ一度この記事も読んでみてください。あなたが稼げるか損するか、ある程度傾向が掴めると思います。

銀行の振込手数料高すぎ!仮想通貨を使えない人は銀行に搾取されるぞ

⇒仮想通貨を始めると、今の銀行サービスや無駄な行政手続きなんかが嫌になってくると思いますよ。仮想通貨は世の中をより便利に、効率的にしてくれるツールなんです。