20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

Change Bank報奨金プログラムの報酬支払いを受けたよ

9月のトークンセールで投資を行ったシンガポールのブロックチェーン銀行サービス「Change」の報奨金プログラムの支払いが昨日行われた模様です。

※Change Bankについてはこちらを参照ください▼

先ほどふとEtherscanで自分のウォレットの中身を確認していたところ、「あれ?Changeのトークン数多くなってね?」ということに気付き…

f:id:kyoheing-on-japan69:20171107120520j:plain

確認してみると、上記の通り新たにCAGトークンが付与されていました。

もしあなたもChange Bankの報奨金プログラムに参加表明をしていたら、一度Etherscanでトークン付与を確認してみてください。

僕はブログ執筆およびTwitterでのリツイートに参加していましたが、それなりのトークン数を付与頂けました。ブログライターはやっぱり少ないんでしょうかね。狙い目かもしれません。

Bitcointalkでは他のプログラムに参加していたユーザーが「報酬少ないぞ!どうなってんだ!」と愚痴をこぼしているのも散見されたので。笑

 

報奨金プログラムって何?

報奨金プログラム(Bounty Program)とは、ICO案件をユーザーに宣伝してもらい、報酬としてトークンを付与するというPRプログラムです。

大体のICO案件には報奨金プログラムが存在していて、公式セールスページやBitcointalkのスレッドから申し込むことが可能になっています。

なお、Change Bankのスレッドはこちらです。

 

報奨金プログラムでは、基本的に「どの媒体でPRを行うキャンペーンに参加するか」を選ぶことができます。

例えば、あなたがTwitterアカウントのフォロワー数が多ければ「Twitterプログラム」に参加し、公式アカウントのリツイートや言及を行うことで報酬を貰うことができます。

その他にもFacebookやYouTubeといったSNSでの拡散プログラム、公式情報の翻訳プログラム、記事執筆プログラム、Bitcointalkでの署名プログラム等が用意されています。

 

もしあなたがSNSやブログなどの情報発信媒体を持っていて、それが「価値ある情報を提供できている媒体」であるならば、参加しているICO案件の報奨金プログラムへの参加を検討してみても良いでしょう。

僕も自分がおすすめしたい案件であれば積極的に参加し、記事執筆などを行うようにしています。ブログの記事ネタにもなりますしね。

もちろん、自分が信用できない案件なんかはPRしませんが…。お金目当てにうさんくさい情報を流す人間にはならないように気を付けているので。

 

Change Bankの最近のニュース

なお、Changeは積極的に方々の活動を行っており、将来の製品ローンチにはとてもワクワクさせられます。

Twitterなどで最新の情報を収集できるので、投資家のあなたもそうでない方も、興味があればぜひ見てみてください(英語のみ)。

さて、ChangeのCAGトークンですが、本日より中国の新興仮想通貨取引所「KuCoin」に上場する予定となっています。

KuCoinは9月に開業して以来かなりの勢いで成長してきているようで、取り扱い通貨・トークンも多いです。

CAGトークンは現在トークンセール価格割れの状態ではありますが、報奨金プログラムのトークン付与も終了し、KuCoinへの上場も果たしたので、これから少しずつ上昇していくことを期待しています。

まぁ、製品ローンチまで売らないので今の値動きは僕には関係ないんですけどね。笑

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒Binanceも中国の新興仮想通貨取引所で、すごく勢いがありますね。EVEREXのEVXトークンはBinanceでの取り扱い開始を受けて価格が一気に倍化しました(今は上場前の1.5倍程度で推移)。

⇒Changeのライバル「BANKERA」は今月末にトークンセールを開始します。収益分配を受けられる貴重なトークンですし、将来の製品ローンチも楽しみなのでぜひ参加してみては?