20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

詐欺の疑いがある仮想通貨「Bitconnect(BCC)」の検証

今年1月から取引を開始し、今では当初の約1,700倍とイーサリアムに匹敵する驚異の値上がりを見せている仮想通貨・BitConnect。

BitConnectの公式サイトでBCCコインを購入し、BitConnectに貸し付けることで利回りを得られる高配当システムが超人気のポイントのようです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171110092624j:plain

しかし、その貸付による高利回りを得られることで、「BitConnectは詐欺である」という疑いの目を向ける人も多いです。

今朝もスコットランドのライターがBitcoin.comで以下のような記事を公開していました。「やっぱりBitConnectはポンジー(ねずみ講)っぽいぞ」と言ってます。

僕はBitConnectを保有していないし購入予定もなく、前提知識も無かったのですが、この記事を読んでちょっと検証してみようと思いました。

以下、僕の考察です。誤っている部分があればご指摘願います。

 

【もくじ】

 

結論:恐らくBitConnectは詐欺。ねずみ講か

公式サイトや他の記事の記述を読んでみて、現状の僕の結論は「BitConnectはねずみ講=ポンジースキームの疑いが濃厚」ということです。

それについて、理由を以下にまとめておきます。

 

BCC貸付の配当が高すぎ⇒それ以上稼げるの?

まずはBitConnectのウリである「BCCを貸し付けて配当を得られる」というシステム。

その脅威の高利回りをご覧ください(公式サイトより引用)▼

f:id:kyoheing-on-japan69:20171110132335j:plain

10,010米ドル分以上のBCCをレンディングした場合、日ごと変動の金利(1%前後)+0.25%が毎日発生するんですよ。支払いは120日後とかなり長いですが。

「月利40%が最高」とありますが、10万ドル貸し付けたら最大で毎月4万ドルの利益が発生する、ということです。

 

また、BCC専用のウォレットにBCCを入れておく(Stakeする)と、以下のように半年おきに脅威の利回りを獲得することも可能と謳っています▼

f:id:kyoheing-on-japan69:20171110132154j:plain

こちらもとてつもない高配当ですね。それぞれ200万円分もBCCを持っていれば、余裕のある生活が送れるレベルの利回りです。

 

あなたはそんな破格の配当、本当に運営側が支払えると思いますか?

 

あなたが月利40%の配当を受けられるということは、運営側は常に月利40%以上で資金を運用して殖やして行かなければならないという事です。

そんな最強のビジネスができる会社があったら世の中超イージーモードですね!やったね!

 

もちろん、BitConnectがそんな人外の企業である訳がないので、ひたすら新規ホルダーを獲得してBCCの売却益を積み増し、それを配当に回し続けているだけだと思います。

当然そんなねずみ講は続く訳がないので、近いうちBCCは単なるデータ屑に成り下がるんじゃないでしょうか。真実は分かりませんが。

 

事業の具体性が無い&投資だけ煽っている

また、公式サイトの記述を見ても、BitConnectの事業の具体性が見えてきませんでした。

内容は「BCCを買って貸付もしくは専用ウォレットに入れてStakeすれば儲かるよ!」というばかり。これはもう典型的な(以下略

…あとやたら「投資しましょう」って煽ってきてますね。。月利40%以上を叩き出すビジネスの内容さえ書いてないんですが。

 

売買の97%がBCC公式上で行われている

また、今日時点で時価総額第18位となかなか上位にいるBitConnectですが、BCCの売買の97%はBCCの公式サイト上で行われており、他の取引所での取引はほとんどありません。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171110134847j:plain

仮にも複数の仮想通貨取引所にBCCが上場していることは確かですが、LivecoinやHitBTC等々、中身を精査せず莫大な種類のコインを上場させる類の取引所ばかりです。

そしてそんな取引所でもかなり板が薄く、取引のほぼ全てを公式に頼っている形になります。

これでは健全なコインとは言えませんし、何より脅威の値上がりが怖くてなりません。

まあ、このBCCの高値圏でうまく売り抜けてBTCを増やせた方は勝ち組、とだけ言っておきましょうか。

 

 超高配当の投資は「本当に払えるのか」疑え

その他にもきな臭い部分は多いですが、これだけ語れば十分だと思います。

いや、真実は分かりませんよ。めっちゃ美味しい話かもしれません。また、もしねずみ講だとしても、破産前にBCCを買って値上がりした時点で売り抜ければ利益は出るかもしれません。

ですが、僕は貰ったお金で人にお金を払うようなビジネスには、どんな形であれ投資はできないなーと思っています。

 

基本的に、月利数%以上を謳う超高配当の投資案件を紹介された場合、それはまず詐欺です。

なぜかと言うと、普通安定的に月利数%もの配当ができるほど稼げるビジネスなんてなかなか無いからです。

もちろん世の中にはそれ以上の配当を行えるビジネスや企業もありますが、そんな企業に一個人が投資できるチャンスは株式市場くらいです(ICOは不安定要素が多い)。

 

というわけで、「投資をするということは、ビジネスの成功に託すということ」という原則をくれぐれも忘れないようにしたい所です。

月利1%を配当するには、毎月1%以上資産を殖やし続けなければいけないのですから。それができる企業とビジネスなのか、そうでないのか、それを見極めて有望な企業にお金を託す。それこそが投資ですからね。

僕はBitConnectに月40%以上の利益を安定的に叩き出す力があるとは到底思えませんので、投資はしません。

まあ、真実の所は分かりませんので、「それでもオイシイから俺は投資する!」という方がいたら止めませんけどね。投資は自己責任です。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒「絶対に稼げる」とか「確実に儲かる」って投資案件も、同じ理由で詐欺です。ビジネスの利益は必ず上下するので、100%配当が出るなんてありえないんですよね。

⇒庶民が掴める普通の「オイシイ話」ってのはせいぜいこの程度です。よくて年利2~4%。もちろん、BANKERAでもビジネスが成功して僕らも儲かる保証は無いですがね。

⇒これは実際に詐欺、ねずみ講の疑いが強い案件のセミナーに出た時のレポです。これも真実は分かりませんが、危険度は非常に高いです。これもご参考に。