20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

ビットコイン急落、BCHとBTG先物は急上昇。すずきの投資判断は

本日の仮想通貨市場もカオスでございます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171111153109j:plain

Segwit2x騒動が落ち着いてアルトコインが全面高になったと思ったら、今日はガツンと下がって元の水準に戻ってきてしまいました。

そして値下がりするBTCを尻目に、爆上げしているビットコインキャッシュ…。

さらに、ビットコインゴールド(BTG)の先物商品も値上がりしていました。

まだ実態のない物が値上がりするって…投機は怖いです。

 

BCHが高騰している背景は、恐らくハードフォークを発表したことと、ビットコインのトランザクション詰まりが解消されていないことへの懸念による資産替えによるのだと思いますが…どうなんでしょうか。

僕もビットコイン界隈の時事知識を全て追っかけきれておらず、あまり知識も無いのですが、現状での投資判断について整理しておこうと思います。

 

【もくじ】

 

ビットコインは買いだと思う

色々考えたあげく、「ビットコインをちょっと待って価格が下がってから買う」という戦略が良さそうだな、という考えに至りました。考えは変動するので、結論ではありません。

主に以下のような要因からです。

 

【上げ要因が強い】

・CME(シカゴ先物取引所)に先物上場

・それを受けビットコインETFの採用も加速しそう

・中国の仮想通貨取引の規制緩和期待

・仮想通貨の注目=まずはビットコインへの注目

 

【直近数日は下げ要素あり】

・Segwit2x中止によるトランザクション詰まりの未解決

・↑を受けた(であろう)BTC⇒BCHへのマイナー移動によるハッシュパワー低下

・同様にBTGへもマイナーがさらに移行しハッシュパワーが低下する懸念

・Segwit2x陣営やJihan氏などの陰謀論が渦巻いている

 

ビットコインの上げ要素について

僕がここ数日のアルトコインの高騰⇒暴落も合わせてビットコインについて考えたことは、「今は当分ビットコインのターンで、アルトコインのターンは年単位で先になる」ということです。

冷静に考えてみたら、仮想通貨市場ってまだ今年注目され始めたばかりの非常に若くマイナーな市場なんですよね。

で、世の中の人が知ってる仮想通貨って大半が「ビットコインだけ」なんですよね。

 

仮想通貨市場は、ブロックチェーンの応用性や金融システムの根本的改良が図れることもあり、これから数年間違いなく成長していく分野です。

ですが、まだビットコインくらいしか一般に知れ渡っていない以上、仮想通貨市場が成長していくためのお金はまず最初にビットコインに流れていくのが筋です。

いくらイーサリアムやリップル等が優れた仮想通貨であるからと言って、まだ今のフェーズでは世間の注目はビットコインにようやく集まったばかりなんです。

事実、BTC建てで見るとどのアルトコインも今年5月からは下がる一方ですし、ビットコインの勢いに対してアルトコインは全然値上がりが付いていってないのです。

 

僕のポートフォリオのほとんどはアルトコイン・ICOトークンで占められていますが、今後しばらくはビットコインもしくはフォーク通貨を買っていくつもりです。

CMEという巨大取引所にビットコイン先物が上場したのも大きいですしね。機関投資家マネーが入って、これから一層価格と値動きの激しさが上がっていくと思います。

それに中国の仮想通貨取引の規制が緩くなったら、またお金が仮想通貨市場にドーっと入ってきますしね。もちろん、まずはビットコインに行くと思います。

 

でも直近は下がると思います

今日、ビットコインはものすごく未確認トランザクションが溜まっているんですよね。

それはつまり、マイナーがビットコインキャッシュなどに移って、ビットコインのマイナーが少なくなった=ハッシュパワーが低下したため、トランザクションの承認が非常に遅くなっているということです。

 

結局、ビットコインからBCHやSegwit2xの分裂話が出たのは、ビットコインのトランザクション処理が遅く、着金時間や手数料面で問題が生じていたからです。

しかし、今回Segwit2xのハードフォークが中止になったため、結局ビットコインのトランザクション詰まり問題は解決されていないんですよね。

それでTwitter界隈では、BCHハードフォークの立役者であるJihan氏や、Segwit2x陣営が裏で暗躍しているんじゃないか、という声もちらほら聞こえています。

「Segwit2x陣営とJihan陣営が組んで、よりトランザクション問題の解決に近いBCHに鞍替えさせている」…なんて。

 

今後、BTGも市場に姿を現すことになるので、ビットコインマイナーがさらにそちらへ流出する懸念もあります。

また、それもビットコインコア陣営に抗い、価格を下げビットコインの座を事実上奪おうとする人々の暗躍説が囁かれることでしょうね。僕も正直、ドロドロしたものを感じずにはいられません。

 

そんなこんなで、もうちょっとビットコインの価格は下がっていくのではないかなと考えています。

うまく下がった段階で、ビットコインを買い増せたら嬉しいですね。

 

もちろん、ビットコインのコア陣営も、ライトニングネットワークというトランザクション詰まり解消の切り札を準備しています。

このライトニングが導入され、送金スピードの改善と手数料の低下が実現されれば、またビットコインの価格は上昇しハードフォーク問題も一段落するかもしれません。

その期待も考えて、僕はBTC買い増しチャンスを伺おうと思っております。

 

僕の考えに同意して頂けたあなた、ぜひBTCを買い増してみませんか?(もちろん損失の責任は一切取れませんが)

僕はBTCを買う時は、手数料が一番安い(マイナスだからむしろ貰える)Zaifで購入しています。おすすめです。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒2日前のSegwti2x中止時点の記事です。これから一気にこんなきな臭い展開になるとは、分からなくもないけどなんつーか闇が深いっつーか

⇒いくらビットコインがバブルバブル言われ続けていたって、結局バブルかどうかなんて弾けてみなけりゃ分かりません。もう何年間も言われてるのにずっと上昇してるよ。

⇒「今はビットコインのターンで、アルトコイン(=その他のコイン)のターンはまだ」と言いましたが、草コインも噴き上げるのは時間がいるかも知れませんね。博打。