20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

ついにビットコインが1万ドル突破!今後はどうなるやら

f:id:kyoheing-on-japan69:20170902143145j:plain

先日ビットコイン価格が100万円を突破しましたが、ついに今日、Coingeckoのチャートで1万ドル(約111万円)も突破しました。

ちょっと早すぎないかコレ。。。

一週間前はまだ8,000ドルを突破したところだったのですが、今日になってもう2,000ドル近く上がっているということです。

これからビットコイン、仮想通貨の価格はどうなっていくんでしょうか。

 

ビットコイン価格上昇の要因

ビットコインの価格がここまで上がっている要因はいくつかあると思われます。

まず一つが「ハードフォークの乱立」。ビットコインキャッシュに始まったビットコインのハードフォーク分裂ですが、ここに来て大量に発生する見込みが出てきました。

これらのハードフォークコインがホルダーに付与されるかどうかは仮想通貨取引所ごとに異なり、実際に付与されるかどうかも分かりませんが、今までのハードフォークでは着実にBTCホルダーは資産を増やしてきました。

なので、このハードフォーク乱立が期待を呼び、価格が上昇していると見て取れます。

 

もう一つはCME(シカゴ先物取引所)にビットコイン先物が上場予定であることです。

上場は12月中を予定しており、具体的な時間は未定ですが、大量のマネーが入ることが予想され、価格が上昇する期待が強いです。

実際に先物が導入される前に、その期待感でビットコインの価格が押しあがってきていることは、ニュースの発表時にビットコインが高騰したことからも明白です。

 

今後はどうなるか

今後ビットコインの価格がどうなるかは分かりませんが、今後CMEで先物が上場された場合は機関投資家マネーがドッと入ってくるので、まだ上がっていくという見方が強そうです。

ですが一方、機関投資家による大口の売買注文によって、ただでさえ大きい値動きが一層激しくなる可能性もあります。

今までは個人投資家の動向に左右されることが多かったビットコインの価格が、今後は機関投資家の動向に左右されるようになるので、値動きの変化には注意した方が良さそうです。

 

また、ビットコインはまだブロックサイズ問題(需要拡大によってブロックチェーンシステムに限界が来ており、送金時間と手数料がよりかかるようになる問題)が解決されておらず、またSegwit2xのような事件が起こるかもわかりません。

ハードフォーク乱立による分裂コイン付与期待も確かにあるのですが、またビットコインのハッシュパワーが削がれたり、消滅の危機に晒されたり…という危険性も消えてはいないのです。

 

ビットコインや仮想通貨市場はまだまだ世間一般には受け入れられきっておらず、機関投資家の参入余地もまだまだ残しています。

それを考えるとビットコインの価格はまだ上昇する余地は大いにありますが、果たしてどこまで上昇するんでしょうか…。

一方でブロックサイズ問題や各国の法規制といった懸念もあるので、発展途上の今は常に不安材料もつきまとう形ですね。

 

僕はまだビットコインに対して前向きな姿勢ではありますが、もし今後雲行きが怪しくなったら他の通貨(法定通貨含む)へ早々に退避できるよう訓練したいところです。

これは他の仮想通貨もそうだし、法定通貨も同様ですけどね。常に安全な資産なんて無いので、適切な場所へジャンプできる能力を身につけましょう。

 

●ビットコイン投資を始めるなら、取引手数料マイナス(取引のたびに手数料が貰える貰える)のZaifがオススメです。

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒ビットコインがまだまだ一般には受け入れられていない、というのはこういうことです。世間の人々がもっとビットコインを使うようになれば、企業も投資にもっと入ってきます。

⇒ビットコインのマイニングに特化した町を、ロシアが作る構想を持っているそうです。なんかよく分からんけどめっちゃ面白そうです。

⇒ビットコインはバブルだ、バブルだと言っても、どこまで価格が上がるか・下がるかは誰にも分からないし、本当にバブルだったとは弾けてやっと分かります。いつ暴落しても良いように備えだけしておきましょう。