仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

bitbank.cc(ビットバンク)の評判とおすすめ理由、口座開設手順

f:id:kyoheing-on-japan69:20180307221409p:plain

日本の仮想通貨取引所と言えば、bitFlyer、Coincheck、Zaif辺りが有名ですが、実は中堅取引所の「bitbank.cc(ビットバンク)」がなかなかに優れものなんです。知ってました?

というのも、ビットコイン・アルトコイン含め全ての取引手数料が無料で、さらに板取引(P2P取引)のため上乗せされる販売手数料も0だからです。

 

投資において「手数料が安い」というのは、確実に資産を殖やすためには非常に重要です。なぜかと言うと、その手数料ぶん(〇%)がそのまま利回りに反映されるからです。

そのため、取引にかかる手数料が無いbitbankは「僕オススメの取引所」の一つとして挙げております。セキュリティも安心で、全通貨コールドウォレット対応なのもポイント大です。

 

今回は、アルトコイナー(特にXRP)御用達の仮想通貨取引所「bitbank.cc(以下特記無ければbitbank)」について、概要や利用するメリット、そして口座開設~仮想通貨(XRP)を購入するまでの手順を解説していきたいと思います。

 

【もくじ】

 

bitbankの概要(運営企業、成り立ち)

bitbankは、五反田にあるビットバンク株式会社によって設立された「プロトレーダー向けの仮想通貨取引所」です。

同社は2014年5月に設立され、今回の記事でご紹介する仮想通貨の現物取引をメインとした「bitbank.cc」と、レバ最大20倍・追証無しのビットコインFX取引に特化した「bitbank Trade」の二つの仮想通貨取引所を運営しています。

ビットバンク株式会社の代表である廣末氏は野村証券の出身。また、GMOインターネットなど複数企業(特にスタートアップ企業≒ベンチャー企業)に経営陣として参画した経験を持っている方です。

大手証券会社を出た方が代表だけあり、bitbankはトレーダーに見やすく扱いやすい画面構成であったり、テクニカル分析用のインジケーターが充実していたりと、プロトレーダー向け仮想通貨取引所として頭角を現したのも納得ですね。

その他、取締役には著名な投資家である加藤順彦氏なども参画しています。

 

bitbank.ccの24時間取引高ランキング(18/3/25 CoinMarketCap調べ。現物板取引のみが集計対象)は世界27位で、国内では最大手のbitFlyer、BTCBOXに次ぐ3位となっています。

実質的には簡単取引(仮想通貨販売所)が存在するbitFlyer、Coincheck、Zaifよりも取引は活発ではないのですが、bitbankも中堅取引所として大きな存在感を放っています。

なお、bitbankは仮想通貨交換業者として正式に許可も取得しており、先日のコインチェック事件を受けて行われた金融庁の調査に対してもお咎めなしでクリアしています。

 

bitbankの評価・口コミ

bitbankは大手仮想通貨取引所に比べると地味で話題自体は少ないですが、取引手数料が無料であることや使いやすい取引画面、堅牢なセキュリティといった理由で評判は比較的良好です。

▲大口リップラー(数億円分のXRPを保有)として情報商材屋から転身を図った?投資家・与沢翼氏の口コミ。

もちろん、bitbankが他の取引所に比べて「掛け値なしに良い!」というレベルという訳ではさすがに無いですが、問題だらけのコインチェックやZaif、GMOコインといった取引所に比べると安心して利用できますね。

最近はコインチェック事件を受けてbitbankのユーザー数が急増しているらしく、サーバーに負荷がかかって動作が不安定になる時もあるようです。

あなたの大切なお金を投資して仮想通貨を売買するのだから、やっぱり安心して使える仮想通貨取引所を利用したいところですよね。

 

bitbankの強みは「取引手数料0」※6/30まで

⇒6/30までさらに延長されてます!

bitbankの強みは何と言っても「取引手数料が無料」という所です。また、板取引(P2P取引)なので、アルトコインを購入する時もCoincheckのように販売手数料が上乗せされていることもありません。

そのため、bitbankでは他の仮想通貨取引所よりもお得な手数料でアルトコインを購入することができ、中堅取引所ながら着実にユーザー数を増やしてきています。

 

取引手数料が無料なのは今のところ2018年の6/30までとなります。それ以降の手数料は未発表ですが、従来の「taker手数料0.05%」の水準に戻るのかもしれませんね。

取引手数料、送金手数料など詳細はこちらのページを参照してください。

 

bitbankの取扱通貨は6種類。アルトがお得

bitbankで取り扱っている仮想通貨は以下の通りです。もちろん日本円の入金にも対応しているので、簡単に売買することができますよ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

通貨ペアで言うと「BTC/JPY・XRP/JPY・LTC/BTC・ETH/BTC・MONA/JPY・MONA/BTC・BCH/JPY・BCH/BTC」の8つとなります。日本円でしか買えない通貨・BTCでしか買えない通貨がそれぞれあるので注意してください。

 

なお、このうちリップル(XRP)は国内の仮想通貨取引所だと他にCoincheckでしか購入できませんがCoincheckは取引所の保有している通貨を購入する「販売所形式」でのみXRPを扱っており、手数料(販売手数料)が数%単位で非常に高いです。

※18年1月より、QUOINEXでもXRPの板取引が開始しました。こちらも取引手数料が無料なので、bitbankと合わせて使うと便利ですね。

また、ライトコイン(LTC)も同様に、他の国内取引所では販売所形式しか取っていないので、XRPやLTCの売買を行うならbitbankがイチオシです。

 

なお、bitbankは特にXRPに力を入れており、リップルの取引高に応じて賞金が貰えるキャンペーンを展開するなどをしています。

その他の仮想通貨を売買する場合も、取引手数料が無料なのでbitbankを利用するメリットは大きいです。ただし、通貨ペアによっては出来高が少なく、流動性が低い場合もあるのでご注意を。

※XRPの取引は活発なのでご心配なく。とても使いやすいですよー。

 

セキュリティ充実!コールドウォレット導入

また、bitbankはセキュリティ対策にも力を入れています。マルチシグコールドウォレットに対応しており、ホットウォレットもセキュリティ専門会社と提携し堅牢な体制で運営しています。

専門用語ばかりでよく分からないと思うので、用語の意味をまとめてみます。

  • マルチシグ⇒送金時に複数人の署名が必要なため、不正送金を承認しなくて済む
  • コールドウォレット⇒インターネットに接続せずに仮想通貨を保管するウォレット。ハッキング被害を防げる
  • ホットウォレット⇒インターネットに常時接続されており、ハッキングの危険性があるため堅牢なセキュリティ対策が必要

つまり「ハッキング被害を防げるコールドウォレットで仮想通貨を保管しており、さらに送金時には複数人の確認が必ず行われる。またハッキングの危険があるホットウォレットにも専門業者との提携で堅牢な体制を構築している」ということです。

コインチェックはXEMをホットウォレットに保管しており、セキュリティ対策が完璧でなかったために、ハッキング被害を受けてXEMが盗難される事件が起きてしまいました。

bitbankはそうしたハッキング被害を防ぐべく、万全なセキュリティ体制を敷いており、18年3月にあった金融庁の査察においても特に指摘事項なくクリアしていました。

 

bitbankの口座開設方法

まずはトップページから、メールアドレスを入力して「新規登録」ボタンをクリックしましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103152531j:plain

すると下記のようなメールが送られてきますので、URLをクリックしてパスワードの設定を行います。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103152713p:plain

パスワードの設定・利用規約、取引ルール、リスク事項の書面に同意を行って登録を完了します。

登録が完了したら、メールアドレスとパスワードを使ってログインし、二段階認証の設定に移りましょう。

 

二段階認証を設定しよう

二段階認証をするには、ログイン後のトレード画面右上にある人型のアイコンにカーソルを合わせ、「セキュリティ」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103192521j:plain

「二段階認証」の設定ボタンをクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103193024j:plain

するとQRコードと認証コード入力フォームが出てくるので、QRコードをGoogle Authenticatorで読み取り、bitbankの認証コードを入力して「設定」ボタンを押せば完了となります。

なお、Google Authenticatorアプリをインストールしていなければ、同画面にアプリストアへのリンクも記載してあるので、まずはそちらからインストールを行って下さい。

仮想通貨取引所などの二段階認証は基本的にGoogle認証が多いので、必ずインストールしておきましょう。

取引所はどこもかしこも日々ハッキングや不正ログインを受けまくっているので、あなたの資産を守るためにも、面倒がらずに必ず二段階認証は行いましょうね。

 

本人確認を行って取引を可能にする

bitbankは、アカウント開設直後ではまだ入金や取引がロックされており、何もできない状態です。ロックを解消し、仮想通貨投資を行うためには本人確認手続きが必要です。

まず、トレード画面右上にある人型のアイコンにカーソルを合わせ、「登録情報」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180120115434j:plain

  • 画面上に「基本情報」という枠があるので、その横の「登録」ボタンをクリックします。
  • 氏名、生年月日、住所をもれなく記入し「次に進む」ボタンをクリックします。
  • 免許証やパスポートなどの身分証データをアップロードします。
  • 上記の手続きが完了後、だいたい3~7日程度で本人確認書類(簡易書留)が届くので、それを受け取ったら本人確認が完了します。

以上の手続きが完了すれば、無事bitbankで取引が可能になります。

 

日本円・仮想通貨を入金する方法

次はbitbankで仮想通貨取引を行うための、日本円もしくは仮想通貨の入金を行う方法について説明します。

画面右上の人型のアイコンにカーソルを合わせ、「入出金」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103193521j:plain

以下の画面から、入金したい通貨を選んで「入出金」ボタンを押します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103193633j:plain

日本円の場合は住信SBI銀行への振込となります。指示に従って指定の口座に振込を行いましょう。着金次第、すぐにbitbank口座に残高が反映されます。

※振込時、振込名義の冒頭に指定の入金番号を付け忘れると送金の反映がかなり遅くなってしまうので、くれぐれも注意しましょう(参照:日本円ご入金時の入金番号忘れについて

 

ビットコイン等の場合は、以下のように送金用アドレスが表示されるので、そのアドレス宛に他の取引所やウォレットから送金を行います。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103194129j:plain

送金後、ビットコインなら2回の承認を経てから着金します。すぐには着金しないので、焦らず気長に待ちましょう。

なお、リップル(XRP)を送金する場合は、送付用アドレスの上部に表示される「宛先タグ(Destination Tag)」も忘れずに入力して送金しましょう。

 

bitbankでリップルを買う手順

bitbankへの入金が済んだら、いよいよ仮想通貨を買うことが可能になります。

以下でリップル(XRP)を購入する手順を書いていきます。bitbankなのでリップルを例に挙げていますが、ビットコイン等でも手順は同様です。

 

トレード画面左上の「BTC/JPY」をクリックすると通貨ペア一覧が表示されるので、取引したい通貨(ここではXRP/JPY)をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103194940j:plain

すると以下のようにXRP/JPYのトレード画面に切り替わるので、①購入価格・②購入数量を指定して③「注文」ボタンを押せば、あなたの買い注文が板に並びます。約定すれば無事XRPを購入できたことになります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180103200021j:plain

なお、指値注文の場合、赤枠で囲っている最安値の売注文をクリックすると自動でその売価格と売数量が①②にコピーされるので便利です。

※仮想通貨は値動きが激しく、秒単位でも大きく価格が上下するリスクがあるため、初心者には思わぬ高値で買ってしまう可能性もある成行注文よりも指値注文のほうがオススメです。

FXチックな画面で見やすく、さらにテクニカル分析機能も付いたbitbankの取引画面は使いやすくて良いですねー。

 

bitbank Tradeの追証無しFXも便利!

なお、bitbankでは通常の現物取引ができる「bitbank.cc」の他に、追証無しでビットコインFXができる「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」というサービスも別に存在しています。

ccとTradeではそれぞれ別アカウントが必要になりますので、ビットコインFXもやってみたいあなたはこちらから登録してみてください

追証が無く、レバレッジは最大20倍(超リスキー!)となかなか優秀なので、FXに定評があるものの運営に不安があるGMOコインよりも僕はおすすめできますね。

 

以上の通り、bitbankは現物取引のccもFXのTradeもなかなかに優秀。中堅どころの仮想通貨取引所と言えど、安い手数料と使いやすいインターフェイスはとても魅力です。

特に、リップル社の躍進が凄まじく、値上がりが期待できるXRPを手数料0でお得に購入できるのは素晴らしいです。あなたもbitbankを使ってリップラーになりませんか!?

>XRPをお得に買えるbitbank.ccの口座開設はこちらから<

 

【次はこの記事もオススメ】

「XRPの価格は今後ほぼ確実に上がる!」と言える理由

⇒僕も推しているリップルのXRP。最近ものすごい勢いで価格が高騰していますが、僕はまだまだ倍以上にはなると思っています。その理由を分かりやすくまとめています。

仮想通貨取引所「Binance」の口座開設・入金・売買方法と強み

⇒Binanceも専用のBNBトークンで支払えば取引手数料が0.05%と安いです。XRPも含め、全90種類以上の有望コインが日々活発に取引されていて面白いですよ。こちらもbitbankと合わせて活用してみては?