仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方、入金、購入方法と強み

2017年の7月にオープンしてから破竹の勢いで成長し、圧倒的速度で取引高ランキング世界1位まで上り詰めた中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)

Binanceのユーザー数は世界中で300万人以上に達し、その勢いは衰えることがありません。

 

大きく成長を続けるBinanceですが、その理由はやはり手数料が安いこと、取り扱い通貨が多いこと、TRXやXVG、ADAなど暴騰通貨が複数ある等々のメリットがゆえかと思います。

というわけで、今回はそんなBinanceで口座開設・仮想通貨取引をするメリットのまとめと、具体的な口座開設~入金~売買の手順まで解説をします。

Binanceは日本語対応しているので操作は簡単。国内の仮想通貨取引所よりも良い点がたくさんあるので、あなたもぜひ使ってみては?

 

【もくじ】

 

仮想通貨取引所Binanceの概要

Binanceは2017年7月に中国でオープンした仮想通貨取引所です。代表は同国の大手取引所「OKcoin」の共同設立者であるチャオ・チャンコン氏。

オープンから急速にシェアを伸ばし、現在では取扱高世界1位を獲得するほどとなっています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171228104008p:plain

引用:24 Hour Volume Rankings (Exchange) | CoinMarketCap ※17/12/12時点

「中国の仮想通貨取引所」と言うと、9月頃の仮想通貨規制騒動が思い出されます。

しかし、Binanceは中国政府が規制対象としていない「P2P取引」であり、また「中国元との交換」を行っていないため、現在のところ問題無く運営されています。

それどころか、日本語など複数の言語にも対応して中国取引所で一気にトップシェアを獲得しているので、その勢いたるや凄まじいものがあります。

日本語含む8ヶ国語対応で取引手数料も0.1%(専用のBNBトークンで支払えば半額)、人気のアルトコイン・草コイン含む80種類以上の仮想通貨が売買できる…とあって、非常に使いやすいのがその要因でしょうね。

 

Binanceの口座開設手順

では、Binanceで口座を開設する手順を以下で解説していきます。

 

Binance口座を開設する

まずはトップ画面中央から「アカウントを作成します」をクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212172627p:plain

メールアドレスとパスワードを入力し、同意欄にチェックを入れて登録ボタンをクリックします(Referral IDはそのままでOK)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212172830p:plain

すると記入したメールアドレス宛に認証メールが送信されるので、確認URLをクリックすればアカウント開設が完了です。

 

二段階認証を設定する

ログインできたら、セキュリティ保護のために早速二段階認証を設定しましょう。

海外の仮想通貨取引所は日本に比べて取引高もユーザー数も多く、また言語も英語・中国語と話者の多いものに対応しているため、ハッキングのリスクがより高いです。くれぐれも二段階認証するように。

 

ログイン後に表示される「ユーザーセンター」のページ右下にある「Google検証」の欄の赤枠ボタンをクリックします。 ※画面上では「無効」となっていますが「…を有効にしま」と書かれているはずです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212173858j:plain

※以下の手続きを進めるには「Google認証システム(Authenticator)」アプリをインストールする必要があります。AndroidはこちらiOSはこちらからダウンロードしてください。

認証システムアプリで①のQRコードを読み込むと、Binanceの二段階認証コードがアプリ内に表示されるようになります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212174315j:plain

それを確認した後、②にログイン用のパスワード、③にアプリ内に表示されている二段階認証用の6桁のコードを入力したら、コードが時間で変わらないうちに④をクリックすれば設定完了です。

なお、スマホを機種変更する時などで二段階認証を解除したい時は、また「Google検証」の右側のボタンを押せば再設定が可能です。

 

Binanceで仮想通貨を売買する手順

以降ではBinanceで仮想通貨を購入する方法について説明していきます。

 

仮想通貨の入金方法

では、Binanceのウォレットに早速仮想通貨を入金してみましょう。以下ではビットコインで解説を行います。

画面上部の「資産」の欄にカーソルを合わせると「預金の引き出し」という項目が出てくるので、そちらをクリックします。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212174924p:plain

入金したいコインの右側の「預金」をクリックすると、左側に入金用アドレスが出てくるので、こちらをコピーして外部の取引所やウォレットから送金を行います。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212175126j:plain

BTCの場合、2Confirmationで入金が完了するので結構反映は早めです。間違ってビットコインキャッシュなどを送らないように注意してください!

ウォレットに着金したら、お知らせメールがBinanceから届きます。

 

なお、仮想通貨を売買する際はBTCもしくはETHでの取引が基本になります。この二つの通貨ならBinanceの豊富な種類の仮想通貨を購入できるので、最初に入金を行うのはBTCかETHのいずれかが良いでしょう。

Binance専用のBNBトークン、米ドルと価格が連動しているUSDTでも仮想通貨の購入は可能ですが、購入できる種類は大きく限られてしまいます。注意してください。

 

仮想通貨を購入してみる

入金が完了したら、実際に仮想通貨を購入してみましょう。画面左上の「取引センター」にカーソルを合わせてください。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212175615p:plain

「ベーシック」と「アドバンス」の2タイプの選択肢が表示されるので、お好みの取引画面を選んでください。

以下がベーシックの取引画面です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212175936j:plain

仮想通貨を購入する際は、①で購入したい通貨の価格(ここではEOSをBTCで買う場合)、②で購入したい通貨の数量を指定し、緑の「購入」ボタンを押すことで注文が作成されます。

矢印の通り、①は買い板の価格を、②は買い板の数量をクリックすることでも自動的に入力が行われます。

また、③の上段で購入に使用する通貨(BTC/ETH/BNB/USDTのどれか)、下段で購入する通貨を選択することができます。

他の仮想通貨取引所に比べると見やすいインターフェイスかと思います。慣れればなんてことないですよ。

 

また、「アドバンス」の画面では、テクニカル分析に用いるインジケーターの使用などが可能です。売買の操作方法は基本的に変わりません。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171212180722p:plain

 

Binanceを利用するメリット

さて、Binanceが破竹の勢いでシェアを世界トップクラスの水準まで伸ばしてきた理由である、数々のメリットも紹介していきます。

正直なところ、日本の仮想通貨取引所よりも優れている部分が多く、海外の取引所だからと利用をためらうのはもったいないな、というのが僕の意見です。

 

取扱通貨が豊富!日本じゃ買えないもの多数

Binanceで取り扱っている仮想通貨は、17/12/12時点でなんと87通貨。日本では買えない仮想通貨もたくさん存在しているため、国内でまだ注目されていない通貨に手を出すことも可能です。

直近大きく高騰しているIOTA、ADA(悪評多いけど…)、TRIG、XLM、EOSなども購入が可能です(いずれも日本の仮想通貨取引所では購入不可)。

もちろん、BTCやETH、XRPといった主要仮想通貨の取り扱いもある(NEMが無い…)ので、一通りの仮想通貨を購入することができますよ。

Binanceの通貨ペアごとの取引高は以下のページから確認することが可能です▼

 

Binanceで取り扱いを発表した通貨は騰がる傾向

Binanceの特徴に「新規仮想通貨上場に際しては、ユーザー投票で是非を決める」というものがあります。

これによって、Binanceでは毎月積極的に新規仮想通貨の取り扱いが行われており、どんどん品揃えが豊富になってきています。

 

そんなBinanceですが、取引量世界1位の流動性は伊達ではなく、Binanceに上場が決定した仮想通貨はそのニュースを受けて価格が高騰する傾向にあります。

例えば、僕が以前にICO投資を行った「Everex」も、BinanceでEVXトークンの取り扱いを開始する発表を受けて一気に価格が上昇しました(その後落ち着いたけど)。

その他にも、ポテンシャルのある取り扱い通貨は価格がどんどん上がっているものが多いですねー。必ずしもBinanceだけの影響では無いと思いますが、やはり強いかと。

 

Binanceが支援したICOに投資可能

実は、BinanceはICOによる資金調達をサポートするBinance Labsという事業を展開しており、ブロックチェーンベースの製品を開発する事業者にサービスを提供しています。

同サービスでは、これから製品を開発しようとする事業者への資金提供、ICOや仮想通貨、ブロックチェーン等に関するアドバイス、リソースの提供などベンチャーキャピタルのような支援が行われます。

これらBinanceの支援によって開発されるブロックチェーン製品は、Binance上でICO案件を掲載・投資できる「Binance Launchpad」サービス上で公開され、事業者は資金調達を行うことができます。

つまり、僕たち投資家サイドから見ると、「Binanceを利用すれば、Binanceが応援・支援しているICO案件に投資することが可能」ということでもあります。

 

これまでBinanceが支援したICOには「TRON」があります。TRONは17年11月9日に上場し、同12月18日時点で既に価格が17倍にまで高騰しています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20171218180423j:plain

そしてこのTRONは上述の通り、Binanceの取引高が世界1位にのし上がるのに大きく貢献した仮想通貨でもあります。BinanceによるICO支援がどれだけ投資家に期待されているかが分かりますね。

 

現在、Binance Launchpadでは以下の2案件が公開されています。

「GIFTO(GTO)」⇒ICO公開後1分で売り切れ。12/18にBinanceへ上場

「BREAD(BRD)」⇒12/19セール開始。プレセール、第一弾トークンセールに次ぎ即完売

BREADは個人的にも気になっている案件なので、参加することも考えています。⇒1分で売り切れて買えませんでした…。

<BinanceでICO投資をするには、こちらからアカウント開設を行ってください>

 

BNBトークンで取引手数料が半額に

Binanceの取引手数料は通常0.1%ですが、Binance専用のBNBトークンを使って手数料を支払うことで、半額の0.05%に抑えることができます。

マイナー通貨をたくさん購入できる海外の仮想通貨取引所は日本の取引所よりも手数料が高く、世界最大級の取引所Bittrexも0.25%が基準ということを考えると、Binanceの水準はかなり安いと言えます。

また、少なくとも日本の「販売所形式(リンク参考)」で購入するよりは圧倒的に安い手数料で購入できます(Coincheckで大体3~7%程度の販売手数料が生じます)。

 

ビットコインの分裂付与をサポート

また、Binanceでは乱立が続くビットコインのハードフォークコインを全てサポートするという公式サイトのツイートも見られます。

ツイートの通り公式サイト上での情報公開ではなく、具体的な情報は出ていないので何とも言えない部分はあります。

しかし、Binanceではビットコインダイアモンドの付与にいち早く対応した経緯もあり、ハードフォークコインが欲しい人達のBTC保管先としても人気があるようです。

日本の取引所ではまだビットコインゴールドの付与さえ行われておらず、慎重路線を辿っているため、ここにスタンスの違いが見て取れますね。

 

Binanceアプリも使用可能

また、Binanceでは海外の仮想通貨取引所には珍しく、Android/iOS用アプリも用意してあります。

iOSアプリはこちら(野良アプリのようです)

※野良アプリの起動には、端末のセキュリティ設定画面から「提供元不明のアプリを許可」をオンにする必要があります。

 

Binanceのアプリは日本語対応こそしていないものの、英語が分からずとも使いやすいインターフェイスが人気を博しています。他の仮想通貨取引所のアプリはイマイチなものが多いので、これは嬉しいですね。

携帯からでもトレードしたい人、Binanceウォレットの資産状況を確認したい人には非常にありがたいアプリですね。 

 

Binance利用上の注意点

もちろん、Binanceを利用する際に注意すべきポイントもいくつか存在します。

 

まず、BinanceにはbitFlyerCoincheckに存在する盗難補償がありません。かつユーザーが多く多言語対応のため、ハッカーの攻撃に遭う回数も多くなると考えられるので、二段階認証の導入は必須です。

現在のところハッキングで被害が起きた報告などはありませんが、万が一ハッキングに遭ってあなたのウォレットの仮想通貨が盗まれても自己責任です。Binanceに限った話ではありませんが、くれぐれも注意しましょう。

 

また、日本の仮想通貨取引所では、会社の資金と顧客の資金は分別管理されるので万が一取引所が破綻しても資金が返還されますが、中国のBinanceには現在そのような仕組みはありません。

現在のシェア世界一の好況を考えるとBinanceが破綻する危険性は今のところユーザー側としては考えづらいですが、可能性は0ではないので留意しておきましょう。

 

なぜ僕がBinanceに口座開設したか

以上の通り、Binanceで口座開設~仮想通貨売買を行う手順および、利用するメリットと注意すべきポイントについて解説してきました。

最後に、なぜ僕がBinanceで口座開設しようと思ったか理由を共有しようと思います。

 

一番大きいのは「ビットコインの分裂コインが付与される可能性が(国内の取引所よりも)高いから」です。

これはビットコインゴールドやビットコインダイアモンドの付与がすぐに行われた実績や、先述の「全てのフォークコインをサポートします」とのツイートによります。

まあ、貰えるもんは貰っておけって精神ですね。もちろん、分裂コインが欲しいからと言ってビットコインを買い増しするイナゴギャンブルはもうしませんが…(この記事参照)。

 

その他には「国内では買えないアルトコインが安く買える」ということ、「流行も知っておかなきゃ」ということ、「アフィリエイト制度がある」ということが挙げられます。 

これから積極的にBinanceも売買に使うつもりです。手数料も安いし、値上がりしそうな面白いアルトコイン・草コインも色々ありますしねー。新規上場コインも続々登場するので楽しみです。

Binanceの口座開設はこちらからどうぞ。

 

【次はこの記事もオススメ】

爆上げを狙え!「草コイン」の買い方、おすすめの通貨と取引所を公開

⇒Binanceはマニアックな仮想通貨が多いですが、「運営が意義に共感したもの」を扱うようになっています。有力なお宝草コインも発掘できそうですね!

RaiBlocks(XRB)が買える「MERCATOX」の口座開設方法

⇒1月に行われたBinanceへの新規コイン上場投票で1位を獲得し、近日中の上場が期待されるXRB。実はMERCATOXという取引所で、Binanceに先行して購入できちゃいますよ。

詐欺の疑いがある仮想通貨「Bitconnect(BCC)」の検証

⇒有力コインが多数存在するBinanceと言えど、取り扱っているコインの全てが健全とは必ずしも言えません。Bitconnect(BCC)はねずみ講の疑いが非常に強い仮想通貨だったりします。