20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ

年収300万円の僕が、自由を得るため投資に挑戦してます。不動産、仮想通貨、積立ファンドなど、投資実践記と共に初心者向けノウハウも公開します。

カテゴリー
☆不動産投資に興味のある方・スタートしたい方は、まずこちらをどうぞ☆

12時間で約20億円を調達したBANKERAのプレICO申込方法


リトアニアのBANKERA(バンクエラ)というサービスのプレICOが話題になっています。

「ブロックチェーン銀行」を名乗り、従来の銀行と同様の様々なサービスを仮想通貨でも行うことができるシステムを構築する事業です。

 

今までコインを買って値上がりを期待するか、わずかな選択肢しかない決済手段を取るしかなかった仮想通貨ですが、BANKERAの登場で銀行預金や投資信託など投資商品の購入・配当の受け取りに利用することが可能になります。

今でこそ投資・投機商品の扱いを受けている仮想通貨ですが、こういったプラットフォームの登場で少しずつ法定通貨に扱いが近付き、世の中に拡大していくと思われます。

まだまだ仮想通貨は世の中の一部の人にしか根付いていないですからね。少なくとも日本はアーリーマジョリティまで。なのでもっと市場は伸びるはずです。

 

そんな期待株のBANKERAのプレICO。専用のBNKトークンを保有していると、事業利益の20%を原資とした配当を毎週受けられるという魅力もあり、僕もしっかり購入させて頂きました。

ですが、購入方法がちょっと分かりづらいので、手順をまとめておきます。

 

【もくじ】

 

1、SpectroCoinに登録する

SpectroCoin(スペクトロコイン)は「BANKERAの前身」と運営が謳っているオンラインウォレット。BANKERAのプレICOでBNKトークンを購入する際は、このSpectroCoin上で行います。

既に多くの人に利用されているウォレットなので、セキュリティなどは安心感がありますね。

上記のリンクからメールアドレスとパスワードを入力するだけでOKです。これでアカウントが発行され、仮想通貨などの両替機能が利用可能になります。

 

2、SpectroCoinに入金する

次はSpectroCoinウォレットへ入金を行います。ビットコイン、イーサリアム、DASH、日本円、米ドル、ユーロを入金することが可能です(ゴールドも可能だけど、よくわからん)。

また、その他の仮想通貨はSpectroCoin上でビットコインかDASHに両替することも可能(機能は第三者企業の物らしい)です。

 

まずログインしたら、「入金」を押します。以下PCの画面ですが、スマホの場合はファーストビューにボタンがあるのですぐ分かります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170829090851p:plain

入金したい仮想通貨ボタンを押すか、日本円などで支払いたい場合は「法定通貨を入金する」を押します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170829092128p:plain

対応の仮想通貨で入金する場合

入金したい仮想通貨のボタンを押すと、送金用のSpectroCoinウォレットのアドレスが出てくるので、bitflyerやCoincheckなどの仮想通貨取引所、もしくは外部ウォレットから送金を行います。

なおイーサリアムのみ「デポジット」という表現になっていますが、実態は他と変わりらないので気にする必要は無いです。

 

法定通貨(日本円、米ドルなど)で入金する場合

法定通貨で入金を行う場合は、ボタンを押すと出てくる入力フォームに従って個人情報を入力しなければなりません。

フォームの入力と二段階認証の完了後、米ドル・日本円・ユーロ(あとゴールド)をクレジットカード経由もしくは銀行送金、E-money経由で行うことができます。

法定通貨を入金する際はクレジットカードがオススメです。手数料も手間も海外送金とは比較になりません。E-moneyは日本ではほとんど使われていないサービスばかりですし。

 

3、BNKトークンを購入する

トップ画面の「両替取引」ボタンを押します。あるいはBTCなど通貨ウォレットページの「購入/販売」ボタンを押しても同様の画面に遷移します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170829100913p:plain

以下①~③を入力後、「送信する」を押せば完了です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20170829101045p:plain

①:入金した通貨を選択します。

②:両替する金額を入力します。フォーム下部の「〇〇 USE ALL」を押すと、残高の全額がフォームに自動入力されます。

③:今回はBNKトークンを購入するので「BNK」を選択します。右側のフォームには両替後のトークン数が表示されます。

 

以上でBNKトークンを購入することができます。後は10月のICO以降で値上がりやサービス開始を待つだけです。

実際に値上がりするかどうか、サービスが本当に立ち上がるかどうかは現段階では未知数です。しかし、BANKERAサービスが実現すれば、きっとBNKトークンも仮想通貨市場も成長してくれることだと思います。

ICOはIPO(新規株式上場)と同様、企業の成長に期待して投資を行うもの。現行の古い制度に縛られた銀行業界にイノベーションが起きるのでは?と強く期待しています。

 

ICO、夢に投資するって感じでなかなか面白いです。一攫千金の夢と、新しいテクノロジーの応援と。もちろん、詐欺やらプロジェクト失敗やらで出資金ゼロになるリスクもありますけどね。

僕としては、今乗るべき投資の波はここかなーとも思っているので、ここ数ヶ月は不動産からの収益を少しずつ仮想通貨界隈に再投資しても良いかなと考えております。

 

【次はこの記事もオススメ】

ICO、仮想通貨投資の大チャンス。ICO支援「COMSA」誕生!

仮想通貨詐欺?KeY' TOKEN(キートークン)の投資に勧誘された件

投資の本質を学べる「金持ち父さんシリーズ」は不動産投資の必読書だ