仮想通貨で家を買う!低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

仮想通貨の最低購入額は激安!「ビットコイン高くて買えない」は嘘

f:id:kyoheing-on-japan69:20180120152033j:plain

初めて仮想通貨を購入しようかどうか考えている人から、たまに「ビットコインって1枚100万円以上するんでしょ?高くて買えないよ」という声を聞きます。

確かに、18/1/20執筆時点のビットコイン価格は約140万円です。この価格じゃ僕も1BTCを買うのはためらってしまいます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180120144656p:plain

でもちょっと待った!!

ビットコインは1枚以下から買えるので、実際は株やFXなんかよりはるかに安い金額から仮想通貨投資をスタートできるんですよ。

 

株やFXをやろうと思ったら、最低でも10万円以上はないと厳しいです。大手企業であれば100万円積んでも投資できない会社も結構多く、僕達一般庶民が手を出すには意外とハードルが高いんですよね。

でもその点、仮想通貨は安心です。お小遣いのほんの一部からでも実際に投資をスタートできるので、あなたもぜひ試しに購入してみてはいかがでしょうか?

 

以下でより詳しく解説していきます。

続きを読む

ブロックチェーン銀行「BANKERA」のICOトークンセール概要

日本を始め各国で人気の高いICO案件、リトアニアのブロックチェーン銀行サービス「BANKERA(バンクエラ)」のBNKトークンセールが開催中です。

2月末までトークンセールを開催しており、1/20時点で既に7,070万ユーロ(約95.7億円)もの資金を調達している大型のICO案件です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180120101743p:plain

BNKトークンを保有しているだけで預金利息のように毎週配当を貰えること、ブロックチェーンによる便利かつ低コストな銀行サービスを受けられること、既にビットコインウォレットなどの製品があること等から、根強い人気を集めています。

 

BANKERAとは?

BANKERAはブロックチェーンの技術を活用した「新しい銀行」を目指している金融サービス。BNKトークンのプレセールではなんと30億円近い資金を調達しました。

SpectroCoinというビットコインウォレットを前身サービス(MVP)とし、それを発展改良する形でローンチされる予定です。

 

今まで送金・決済手段に利用用途が限られていた仮想通貨ですが、BANKERAではビットコインを使ったデビットカード決済(既にSpectroCoinに実装済み)をはじめ、既存の銀行と同様のサービスを提供します。

仮想通貨でファンドに投資したり、ネット上で申込~支払いまで完結できる保険に加入できたり、対面不要で融資を受けられたり等々、ブロックチェーン技術を生かしたより便利な銀行サービスが使えるようになるわけです。

 

このBANKERAが営業開始すれば、既存銀行を使うメリットは大きく下がります。なぜなら仮想通貨のやり取りなら現金より決済スピードも手数料も遥かに安いし、わざわざ保険や融資の面倒な手続きもしなくて済むからです。

また、日本の銀行の普通預金では雀の涙ほどの利息も付きませんが、BNKトークン保有者は毎週収益分配を受けられ、圧倒的に利回りが高いという強みもあります(以下参照。現在は大体年利5~6%程度の分配を受けられています)

参考記事:BANKERAの配当(利益分配)が利回り上昇中!銀行の水準じゃねえ

ブロックチェーンによって既存の銀行が抱える重い人件費やセキュリティコストを大きく削減できるからこその強みだと言えますね。


そしてもう一つ僕が期待しているのは「海外の銀行」であること。すなわち、日本国内では買いづらい海外の金融商品を購入できるようになるため、投資の選択肢が大きく広がることです。

海外の保険は日本で買うことを禁止されていますが、その理由は国内外の生命保険を比べてみると分かります。海外商品の方が圧倒的に返礼率も死亡保障金も高く、禁止しないと日本の保険業界が崩壊するからです参考記事)。

実際に日本人がBANKERAで海外生命保険を契約できるかどうかは分かりませんが、もし可能であればわざわざ現地で契約する必要も無くなるので素晴らしいですね。

 

このように、BANKERAは仮想通貨の使用用途をより広げ、かつ既存銀行よりも便利で魅力的な金融サービスを提供してくれる期待の事業なのであります。

日本でも大きく注目されましたし、プレセール時点で世界中から約30億円の調達を完了できたのも納得ですね。

 

さて、以下からはBANKERAの機能やアップデートの内容、トークンセールの概要、そしてICO投資をする方法について説明をしていきます。

続きを読む

AppCoins(APPC)を購入!機能と強み、購入できる取引所一覧

f:id:kyoheing-on-japan69:20180118223714j:plain

またすごく面白いプロジェクトのトークンを見つけまして…先日新たに「APPC(AppCoins)」の購入に踏み切りました。

ビジネス的にとても面白くて有望で、将来的に事業が伸びて通貨の価格も上がる期待を強く感じたのですが、一方で1月バブル期にあっても価格があまり上昇しておらず割安だと判断したからです。

 

このAPPCは、モバイルアプリストアにブロックチェーンを導入して既存のアプリストアが持つ問題を解決し、よりスマホアプリ業界を便利にすることを目指す仮想通貨です。

世界中2億人ものユーザーを抱える世界最大の野良アプリストア「Aptoide」への導入がすでに決まっており、APPCはそれだけの数のユーザーに気軽に使ってもらえる基盤があるため、大きく注目されています。

 

APPCはICO終了から数ヶ月しか経っていない新興コインですが、既に世界の取引高上位5位以内の大手仮想通貨取引所のうち3社に上場しています。

この情報だけでも、どれだけ仮想通貨業界でAPPCが注目されており、将来が有望視できるかが伺えると思います。

 

というわけで、APPCの概要および僕が評価している理由についてまとめていきます。

続きを読む

仮想通貨暴落時の投資法 危険な仮想通貨投資で損せず稼ぐコツとは

f:id:kyoheing-on-japan69:20180116195535j:plain

はい、やってまいりました仮想通貨バブルの崩壊。

本日は仮想通貨軒並み20%前後の暴落で、キャプチャのとおりCoinMarketCapも真っ赤っかでございます。ニホンザルのお尻か!ってレベルですよ。ウキーーー

 

僕のポートフォリオの主力であるXRPに至っては、ここしばらくの下落基調にあって一週間で40%以上も下落しています。

おかげで僕の仮想通貨評価総額もピーク時から半分以下に減少していて、含み益が1千万円近くに達していた頃を「一時の夢だった…」と実感せずにはいられません。

 

もちろん、こんな資産の大暴落は僕以外のほとんどの仮想通貨ホルダーも同様に味わっています。

その証拠に、Twitterでは明らかに仮想通貨の話題をするアカウントが減ったし、このブログのアクセス数もピーク時から日々下落してきています。

フォロー数もフォロワー数も少ない初期アイコンの書き込みが顕著に減ったことを考えると、新参ホルダーがとことん焼き尽くされて退場した筋が濃厚ですね。。。

特に「儲かる!稼げる!これから伸びる!!」なんてpumpされまくっていた草コインにだけ投資していた人は軒並み焼き尽くされている印象です。僕も購入したパックコイン(PAC)とか息してねぇしな。

 

しかし、こんな大暴落は2017年にもありました。ETHやXRPなどほぼ全てのアルトコインがピーク時から半分以下の価格まで落ち込み、永いたそがれの時代を仮想通貨ホルダーは生きることになりました。

続きを読む

BinanceでSimple Token(OST)を購入!概要と今後の期待を共有

f:id:kyoheing-on-japan69:20180115173454j:plain公式サイトより引用

2018年は草コイン投機やトレードなど、よりリスクの高い仮想通貨取引を行って資産を増やしていこうと決めました。

しかし、早速正月気分も明けた頃に草コインバブルが崩壊してきたとも感じているので、早々に草コイン投機をやめて有望な新興コイン・ICOへの投資を増やしていく方向性に切り替えています。

やっぱりこの方が気分的に安心ですし、自分の選択にきちんと責任を持って投資できるので楽しいです。もちろん、一寸先は闇の草ッ草なコインよりは、自分で吟味したコインの方が稼げる可能性は高いはずですしね。

 

さて、そんな感じでチラホラ新しい有望通貨を調査しておりますが、今回見つけて購入したのは、世界最大の仮想通貨取引所Binanceなどに上場している「Simple Token」。通貨シンボルはOSTです。

あまりにもシンプルすぎる名前、トークンアイコンがTwitterのデフォルト画像っぽいシンプルすぎるデザインのため、最初は食指が動かなかったのですが…笑

調べていくうちに、このSimple Tokenはなかなか有望だなぁと感じたので、保有に踏み切りました。

 

Simple Tokenは簡単に言うと「企業トークンが簡単に作成できるプラットフォーム」です。イーサリアムをベースにした分散型アプリケーションですが、イーサリアムより簡単にトークンを作ることができます。

このことで、企業が直接ユーザーと繋がり、より円滑&近い距離での決済・サービス提供が行えるようになるため、多様な企業ニーズが見込めます。

 

以下にて、Simple Tokenの内容について詳しく解説していこうと思います。また、トークンの購入方法や今後のロードマップ(事業計画)についてもまとめておきます。

続きを読む