仮想通貨で家を買った低年収リーマンの投資ブログ

年収300万円のサラリーマンが投資に挑戦。仮想通貨で資産が数倍になったので家を買ったりしてます。日々の投資録とお金の話をちらほら。

【必読】仮想通貨に興味はあるけど、始めようか悩んでいるあなたへ

初めてのクレジットカード「楽天カード」を5年以上使った結果*PR

f:id:kyoheing-on-japan69:20181016114124j:plain

僕が人生で初めてまともに使うクレジットカードを作ったのは、かれこれ今から7年くらい前。

大学を卒業して社会人になるタイミングでクレジットカードを契約し、その一つが未だ現役で使っている楽天カードです。

僕はかれこれずっと、昔からこの楽天カードをメインのカードとして活用しています。

 

その理由はズバリ「使いやすいから」です。

楽天カードは利用額の1%が楽天スーパーポイントで還元されるのですが、楽天のポイントは他のカード会社のポイントよりも使いやすいのが良いですね。

 

今回は、今まで楽天カードを利用してきた結果を振り返ってみようと思います。

僕的にはおすすめ、特に初めてのクレジットカードとして活用するには最適なものの一つじゃないかと思っているので、ぜひご参考に。

続きを読む

BITPoint(ビットポイント)を使うメリットとは?【PR】

最近露出を強化してきている中堅の仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)

まだ知名度は低いですが、財務省の仮想通貨交換業者許可は既に得ており、セキュリティ面の充実に注力しているとのこと。

最近、イメージキャラクターに本田圭佑を採用するなど、露出を増やして攻勢にかかっているようです。この記事もPR依頼を頂いての執筆です。

 

さて、ビットポイントはまだあまり馴染みがなく、使ったことのある方もまだ少ないかと思いますが、利用するメリットについて挙げていきたいと思います。

 

【もくじ】

 

セキュリティは必要十分

f:id:kyoheing-on-japan69:20180829211327j:plain

上述のように、ビットポイントはセキュリティの充実に力を入れています。

コインチェックのハッキング被害以降、仮想通貨取引所のセキュリティは政府をはじめあらゆるユーザーが懸念しているところ。

国内でも依然としてセキュリティが不安視される取引所もある中、ビットポイントがセキュリティ対策に注力するのは必然と言えるところです。

 

サイト上で謳われている内容は「独自のホットウォレット管理システム」「マルチシグ対応」「不正侵入検知・防御システム」「SSL暗号化」というもの。

必要な対策は講じられているようですね。他と比べて優れているかどうかは分かりませんが、不安を感じるレベルでは無さそうです。

 

取引手数料・送金手数料が0

取引手数料0は他の国内取引所にもありますが、「送金手数料0」というのは嬉しいですね。

f:id:kyoheing-on-japan69:20180829212207j:plain

ビットコインが高騰している時なんかは、他の取引所だと送金手数料が千円分を超える時もありますからね…。

送金が必要なビットコインを調達する場合は、ビットポイントは現状優位ですね。また、提携銀行なら無料で即時入金可能というのも大きいです。

 

メタトレーダー(MT4)が使える

ビットポイントも仮想通貨FXに対応しており、Web・スマホで独自のトレーディングツールも提供しているのですが、仮想通貨取引所では珍しく、MT4に対応しています。

MT4はFXユーザー御用達のトレーディングツール。リリースされてからだいぶ時間の経つツールですが、未だに愛用者も多い超定番のツールですね。

FXユーザーからしたら、これは有難いんじゃないでしょうか?馴染みのあるツールほどチャート分析とかしやすいですからねぇ…。

 

問合せがフリーダイヤルで可能

これ、初心者の方には特にオススメですね。他の取引所は問合せフォームのみで質問を受け付ける形がほとんどですが、ビットポイントは電話で問合せが可能です。

電話であれば、うまく文章で問題を表現できなくても内容を説明しやすいですし、やはり即時対応してくれるのはとても有難いです。

仮想通貨は専門用語や知識が多く、まだまだユーザーに不親切な設計も多いので、初心者のうちはこういうサポート体制の充実ってありがたいものですね。

 

ビットポイントはこれから成長を目指していく取引所。まだユーザーが少なく流動性に少々不安はありますが、これからプロモーションも強化していくそうなので、少しずつそれも解消されていくかもしれませんね。

サポート体制とセキュリティに対する意識から、試しに使ってみるのも良いかと思います。

↓ビットポイントの口座開設はこちらから可能です。現在3,000円相当のビットコインが貰えるキャンペーンも開催中!

f:id:kyoheing-on-japan69:20180830174249j:plain

仮想通貨の最新情報が手に入る「チャットツール」の重要性

f:id:kyoheing-on-japan69:20180507184559j:plain

先月から新しい仮想通貨「KanadeCoin」のプロジェクトに携わることとなって、色々と手探りであくせく仕事をしておりました。

35,000のETHアドレスに対して配布された第一回のエアドロップ終了後、ユーザーへの情報発信およびコミュニケーションを取るためのチャットツールDiscordの設計や導入、ユーザー対応などから入り、バウンティプログラムの設計や告知媒体をさらに広げるための準備活動なんかを行っています。

色々と仮想通貨の立ち上げ事業を手探りでやっていく中で、まだまだ自分の仮想通貨やトークンエコノミーに対する理解の浅さや勉強不足を痛感するわけですが、その中でも色んなことが少しずつ見えてきたので、このブログで知見をシェアしたいと思います。

 

今回は、仮想通貨の人気や価格を左右する要素の一つである「コミュニティの強固さ」に必要不可欠である、チャットツールの重要性についてお話しようかと思います。

チャットツールとは、ほとんどの仮想通貨プロジェクトでも用意されている、TelegramやDiscord、Slackといった、運営とユーザー間、あるいはユーザー同士での交流を図れるものです。

僕は元々アクティブに人と交流するタイプではないので、今までこのチャットツールについては軽視しており、ろくに閲覧すらしていませんでした。

 

しかし、自分がチャットツールを運営する側に回って、ようやくその重要性が分かってきました。これは仮想通貨投資をするに当たって、非常に重要なリサーチツールであると。

いや、もっと言ってしまうと、チャットツールはそのプロジェクトの「上流」に存在するために必要不可欠なものであるとすら言えるかもしれません。

ただそのコインを買い、Twitterやブログ等で最新情報を追いかけるよりも、自ら運営に関わっていくことで大きなメリットを受けられる可能性があるんです。

 

これについて、以下の通り解説していきます。

続きを読む

爆上げを狙え!「草コイン」の買い方、おすすめの通貨と取引所を公開

f:id:kyoheing-on-japan69:20170703170646j:plain

楽してお金儲けたい!!

働かずにお金稼ぎたい!!

新世界の神になりたい!!

 

そう考えていた時期が俺にもありました。そう今もです。

 

というわけで、僕は楽してお金が欲しいです。あなたもそうですよね?

僕はお金がもっと欲しいので、本業のかたわらせっせと投資や副業を頑張っているわけですが。

「投資は資産を増やせるけど、一攫千金はできない」という現実に対して、時折宝くじのような一攫千金のギャンブルに少しなりとも憧れを持ってしまうものです。

いや、僕はパチンコも馬もボートも宝くじも、ギャンブルの類は一切やらないタチです。あれはやればやるだけ損をするので、それなら退屈でも堅実に稼げる投資の方がはるかに楽しいです。

 

だがしかし。

仮想通貨では、株やFXよりも安全に一攫千金のギャンブル投資ができる

という事実に、わたくし気付いてしまいました。

 

仮想通貨と言えば、数十倍はおろか数百倍以上にまで価格が高騰している通貨も珍しくないほどの異常な値上がりを記録し続けているファンキーな投資対象です。

 

2017年は5月と12月に多くの銘柄が急騰するバブルが起き、中には年初から約1,900倍という異常すぎる暴騰記録を叩き出したVerge(XVG)なんて通貨もありますBinanceで購入可能)

僕は5月バブルには乗れませんでしたが、12月バブルは実際に目の当たりにしています。見るみるうちに含み益が倍々になっていくので気持ち良かったです。笑

1月中旬になってバブルは崩壊しましたが、それでもバブル前よりも多くの通貨が値上がりした状態を維持していますね。XRPは4倍くらいで安定していますし。。。

 

ですが、仮想通貨投資で一攫千金を狙うにはまだまだ遅くありません。これからも仮想通貨バブルに乗っかれるかもしれない、リスキーな投資方法があったのです。

それこそがタイトルにもある「草コイン投資」です。

続きを読む

プライベートバンキングに憧れるなら、ロボアドバイザーを使えばいい

投資に関心がある人なら「プライベートバンキング」という言葉は聞いたことがあるかと思います。

プライベートバンキングは欧州で生まれ育ってきた「富裕層向けの資産運用サービス」です。スイスの銀行が有名ですね。

プライベートバンキングは富裕層専用のサービスだけあって、預け資産数億円以上というレベルからでなければ利用できず、かつては「顧客情報の秘匿」と称した脱税目的でも使われていました。

また、かつてはプライベートバンキングを通してしか購入できなかった投資対象が様々にあったため、「富裕層にしかできない投資」として一定のステータスがありました。

 

僕は正直なところ、今でも「プライベートバンキング」と聞くとなんだか魅力的に思えてしまいます。だって、庶民の僕じゃ手が届かない投資なんて格好良いじゃないですか。

でも、実際のところ、金融サービスが大きく発達した現代においては、もうプライベートバンキングの必要性ってかなり薄れているんですよね。

 

僕達は日本にいながら世界中の株式に投資できるし、投資信託やETF、先物商品だって購入できます。それに、海外に行かなくても、ネットだけで輸出入ができるし、海外で事業を行うこともできます。

もはや「プライベートバンキングでしか扱われない投資商品」というものは基本的に無く、あったとしても大きなメリットがあるとは考え難いです。

 

そしてもう一つ。プライベートバンキングでは「手練の担当が付いて、資産運用やお金のアドバイスをする」という魅力もありましたが、これも今では優位性を失っています。

過去の取引データを数十年分も解析して勝てるロジックを構築し、人間の感情に囚われない資産運用ができるロボアドバイザーは、富裕層・一般庶民問わず誰でも使える超強力な運用担当者です。

また、資産運用やお金のアドバイスに関しても、現在はネット上にたくさん情報が流れていますし、税理士ドットコム弁護士ドットコムで、お抱えの先生がいなくても無料で気軽に税務・法務相談をすることだって可能です。

 

…というわけで、富裕層にしか使えないプライベートバンキングに憧れる時代はもう終わり、今は僕達庶民でも、ロボアドバイザーファンドを使った方がより優れた資産運用が十分にできうるわけです。

世の中はどんどん便利になり、今まで必要とされて力を持っていたサービスもどんどん新しい技術に入れ替わっていく。仮想通貨もその一つでしょうが、常に新しくて良いものにアンテナを張りたいですね。

続きを読む